9月28日は当院の誕生日

2003年9月28日に「信陽カイロプラクティック院」としてスタートし、今年で14年が経ちました。

当院を支えていただいている全ての方に感謝致しますm(__)m

14年前の入口

14年前の施術室

ゲルマニウム温浴 ♨ 今はありません(__)

2009年4月14日に「信陽接骨院」として新たにスタートしました。

 

9月28日には、

長い間、継続的に来られていた方で

最近来られず気になっていた方が約半年ぶりにお二人来られました

それぞれ大変な状態であったそうですが落ち着いてきたようで、元気なお顔を拝見でき安心しました。

今年から健康保険の取扱いを止め、健康をサポートする体勢にし、改めてその重要性に気付かされました。

 

14年経って思うことは、身体の不調を訴え来院された方で良くなっていったことはすぐに忘れて行くのですが、

改善しなかったことは何年経っても覚えています。

継続して学んで行くと「あの方はこういう状態だったのかも?」

「こういう方向で診ていけば改善の糸口がみえたのかも?」

「今はどのような状態でどうしているのか?」

と思うことがよくあります。

 

先日、人生の先輩に、

「何でも、基礎を固めるには10年続けなものにならん、しんどかっても続けなあかんねや」

と言われました、14年まだまだひよっ子です。

これからも日々精進し、微力ですが皆様の支えになればと思います。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

 

感謝 m(__)m

信陽接骨院では、2017年3月で健康保険施術を全て止め、4月から自費施術のみで3か月が経ちました。

 

接骨院、整骨院で行なう健康保険施術というのは、医師の行なう医業のうち急性、亜急性のケガ「骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷」に対して応急的、医療補助的な方法によりケガの回復を目的に行なうもので、骨折、脱臼の場合、応急手当以外は医師の同意を得てから行なう。

というかなり制限があり、それ以外の施術となると健康保険施術外ということです。

また、骨折、脱臼は応急処置をした後に医師の診察を受けてもらい医師の元で治療が行われることがほとんどのため、

接骨院、整骨院で健康保険施術というのは、ほとんど「関節の捻挫、打ち身、挫傷(肉離れなど)」です。

 

8年前に信陽接骨院として健康保険施術を開始した際に、健康保険施術外の施術として自費のメニューも取り入れていましたが、多々問題がありました。

健康保険施術では、これらの急性のケガが良くなれば終わり、メンテナンスなんて出来ません、次はまたケガをした時に来られる、の繰り返しです。

ケガを起こす背景にはその方の生活で生まれたものがあることがほとんどだと思います。

施術内容、環境、身体を良くするための心構え、生活改善、患者と施術者の関係、また施術者の意識など、様々な問題を解決するため、健康保険施術を止めることが一番良いと考えました。

 

当初、健康保険施術を止めることを説明するが、患者さんはどう思っているだろうと不安はありましたが、自費で受けられていた方はそのまま継続され、健康保険施術を受けられていた方も理解していただいていると思います。

現在、以前より少し時間をいただき、私が今まで勉強してきたこと全てをひとりひとりに安全かつ効果的にと考えております。

 

まだまだ力不足ではありますが、全力でサポートさせていただきますので今後ともよろしくお願いいたします。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

 

 

感謝

私事ですが、2月16日は結婚記念日です。

結婚生活26年のうち、自営業を13年続けて来れました。

サラリーマンの時から何度か誰にも相談もせず、勝手に仕事を転職してきたにも関わらず付いて来てくれた妻に感謝します。

現在、仕事のことで、数名の同業の先輩方、知人の方にお忙しいところ、力になっていただいたり、アドバイスしていただいたり、時間を割いて会っていただいたりと、本当にありがたく感謝しております。

なんて優しい方なんだろうと本当に思います。

みなさん、いろんなことを考えて行動している姿が素晴らしく輝いて見え、自分の未熟さを痛感し、目標にさせていただきます。

昨日はこの男前の先生に素晴らしいお話を聞かせていただきました。

今まで自分で解決しようと意地を張ってきた人生だったように思いますが、

最近は、支えていただいている方々に力を借りようと思うようになりました。

頼りになる先輩方がいらっしゃるので心強いです。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104