顎の痛み 顔の感覚過敏

親子で顎の痛みの方が来られました

お二人とも左の顎の痛み

お子さんは1週間前から時々口が開かなくなる

お父さんは1週間前から口が閉じれない、奥歯が噛めなくなる

痛むところは同じ、痛くなった時期も同じ頃、親子

一見似たような症状ですが全然違います

 

又、顎の痛み以外では、

お子さんは左右のアキレス腱の痛みもあります

お父さんは寝違い様の首の痛みもあります

同じ治療、施術でよくなるとは思えません

顎をグリグリ動かしたり、押したり、マウスピースを使ったりしても

多分良くならないと思います

又、一時的に良くなってもその後の経過が重要です

 

私自身3年前に顎が痛くなり一時期放置していたため

今でも後遺症的な状態が残っております

今まで顎、歯など気にせずに暮らしていましたが、

不自由になって初めて身体の機能の大事さがわかります

 

検査をすすめていくと、

お父さんの顔の感覚が過敏「くすぐったい」なところがありました

音を感知する神経にも左右差がありました

顎を動かす筋肉の働き

顔の感覚

両方とも三叉神経という神経が関与しています

また、音を感知する働きと三叉神経に共通する部分の感覚が過敏でした

何かこの辺りの機能が怪しいんじゃないかなぁ~

ってな感じで検査をしています

 

顎の調整と共に

結果として顎の痛みになってしまった原因はなんだろうか?

を考えることが重要です

 

神経の働きは低下することもオーバーヒートすることもあります

オーバーヒートした状態が続くと神経は疲れやすかったり、壊れやすかったりします

 

顎の痛み、違和感がある方は放置しないで下さい

 

私の顎のように後々まで引きずりませんように(^^;

 

お盆は、暦通り

8月

13日(月)・14日(火)・15日(水)の午後のみお休み致します

午前は受付け致します。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

高音性難聴

人が聞き分けられる音域は20~20000Hzと言われています。

低音:~500Hz

中音:500~2000Hz

高音:2000Hz~

一般的な加齢による老人性難聴は高音が聞こえず、現代医療では良くならないと言われています。

 

以前ブログに書いた「低音性難聴」

 

1か月前から首の痛みが良くならない70代女性の方がご紹介で来院されました

首の痛みの強さは酷くはないが、あまりにも改善しないので不安になられたようです

問診では、健康診断で左耳だけ高音域の聴覚が低下していると言われた

 

聴覚をチェックすると

低音(音叉)では左右とも同じくらいに聞こえるが

カスタネット、金属音など高い音になると左耳は高く聞こえるそうです

ちゃんとした聴覚検査は病院で・・・

耳から入った音は鼓膜を揺らし耳小骨を介して蝸牛という器官に伝わり蝸牛神経を通して脳に伝えられます

蝸牛には高音、中音、低音を感知する領域があり、一般的に高音域から弱ってくる傾向にあります

 

週1回ペースで本日3回目の来院

首の痛みはほぼなくなり、

聴覚のチェックをしてみると左右差がなくなっていました!

 

このように自覚している症状の改善と同時に他の身体の改善がみられることは頻繁にあります

なんでも歳のせいにしない方がいいですよ!

 

なかなか改善しなくスッキリしない症状は様々な問題点が存在していると思って下さい。

自分の身体を知ることが改善の第一歩です。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104