良くならない痛み

治療、施術を受けているが良くならないことも多いですね

大学陸上部(競歩)で右膝の痛みで整骨院、接骨院で筋肉をほぐす施術を受けていたが改善がみられず来られた大学生

筋肉をほぐしてもらうと少し楽になるが競歩では痛くてできない

痛みのある右膝の周囲をほぐしてもらっていたそうです

当院の検査では、
右脚の力が入らない!
右脚に痛みの感覚、触覚が弱いところがありました!
腰に問題がみられました!

腰の問題に施術をすると筋力、痛覚、触覚の弱いのがなくなり、競歩をしてもらいましたが大丈夫そうです

検査なしで、症状のみで施術をするところ
整形外科では画像検査のみで診断する
など検査が疎かになっていると
結局患者さんの身体が犠牲になります

様々な検査をしてもわからないことも多いのに
数少ない検査で断定してしまうのは危険です

患者さん自身もご自身の身を守るために、
治療院の先生や、お医者さんの言うとおりに
従うだけでなく気になることは質問するといいです

質問に対して先生の答え方で信頼できるかどうかの判断が出来ることもあります

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104

身体の機能検査

先日、お問い合わせの電話がありました
グランドゴルフ⛳️に行きその後、右の臀部、下腿部の痛みで整形外科では、画像検査では脊柱管狭窄症です、治るものではないので気長に付き合って行きましょうと言われた88歳の方

初回は、歩けないので、お伺いさせていただき検査、施術を行いました

2回目、歩けるようになり昨日来院されました
右臀部、下腿部の痛みは気にならなくなったそうです

痛みが減少し歩けるようになったので良かったですが、筋肉の反射テストで違う筋肉が動くという問題が右膝にあります

筋肉の反射テストは非常に重要で反射によって身体が無意識にコントロールされています

良くなる、良くならないの前に身体のコントロールがどのように崩れているのか知ることが大切です

画像検査も重要です、働き(機能)の検査も重要ですよ

このようなご自身でわからない身体の動きを検査し、今の状態を確認することは、改善の早道でもありますし、健康に暮らすために欠かせないことだと思います

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104

症状がないと施術する必要がない?

来院時に「仕事を終えた後は腰が痛くて仕方ないが、今はそんなに腰痛が気にならない?」という介護の仕事をされている方

毎月身体のメンテナンスで来られています

腰を動かしても特に痛みは無い?

しかし、検査を進めて行くと、
左足はいいが、右足関節を反る(背屈)、伸ばす(底屈)力が少し弱く回数が増える毎に力が入らなくなります

左右共、足の筋肉の反応を確認する筋伸長反射も弱く

更にチクチクする痛みの感覚や触った時の感覚は左右差を比べると右足が鈍い

患者さん自身「こんなに違いがあるの?」と検査を受けて初めて認識します

人も動物もこのような反射、感覚を元に身体が自由に動かせます

検査をしてみると強い、弱い、左右差など違いがわかりますが、生活をしている中では違いがわかりません

これらの検査を元に施術を行うと足の力が入り、感覚も左右差がなくなり筋伸長反射も適度な反応の出方になりました

又、昨日は休みの日ですが、日曜日しか休みが取れない遠方の方のメンテナンスの日でした

「休みの日にすいません」と来られますが、
こちらの方が
「少ない休日に来院していただきまして」ありがたいです

職人さんで、最初は口数が少ない方でしたが、最近はいろいろとお話しする様になり、私の方が楽しみの日曜日になりました

元気に楽しく仕事が出来るといいですね。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104

勉強会

7月14日(日)・14日(月祝)は勉強会のため、留守にしております

日・祝は通常休みにしておりますが、休日にご連絡いただく場合もあり、可能であれば施術、出張施術をさせていただいております

脊椎・脊髄の勉強をしてきます

今回も2日目の最後に試験があり、合格しないと次のステップに進めませんので、頭がいっぱいになると思います

より良い施術が出来るように勉強してきます。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104

手のしびれ、肘の痛み

診断名を言われるとそこにしか意識が行かなくなる事はありませんか?

以前、右手のしびれで手根管症候群の手術を受けまだ少ししびれが残っているがだいぶん良くなり、
今度は左手の指先もしびれて来た
病院では、そろそろ左手も手根管症候群の手術をしましょうと言われた方

当院での検査では手根管ではなく違うところ、頚部と手首の小指側に問題があるのでは?
左手のしびれは無くなって来たそうです
しびれが出だした早い時期だったので改善も早かったと思います
手術をしないでしびれが無くなり良かったです。

また、左のテニス肘と診断を受けた方
目の奥に頭痛があります
左肩をすくめる動作が重い
テニスのバックハンドの動きでの肘の痛みは出ません?
手を力いっぱい握っても痛みは出ません
しかし左肩の回旋方向で力が入る、入らない
左肘というより左肩より上に問題があるのでは?

施術の後、左腕が軽く良い感じです
左腕を上げていると肘が痛くなっていたそうですが
大丈夫のようです

少しみかたを変えてみると良くなる場合もありますよ。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104

膝の痛み

右膝の慢性痛の60代の方
ご本人は体重過多、年齢による、
運動不足が原因だと思っています
このような方はたくさんおられますね

検査をしていくと、
膝ではなく右肩の力が弱い
右膝の痛みに関わる、筋肉の反射が低下していました
首の部分にゆっくり持続圧をかけると、
右肩の力も右膝の筋肉の反射も良くなり、
屈伸時の痛みもかなり改善

しかし慢性症状のためか、膝の痛み以前からか、
左片足ではしっかり立てるが右片足では立てません
右足首にヒモトレをすると立てます
右脚の感覚が鈍く、不安定な状態

右膝の痛みもさらに軽減
ヒモトレによるリハビリが有効だと思います

膝の痛みですが、
頚椎に対してソフトな施術で
膝の症状に変化があった例です。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104

臀部、膝の症状

足の症状で病院に行ってレントゲン、MRI、CTを受けると腰部から下の画像検査が一般的なので、
足の痛み、しびれは腰が悪いからと思われている方が多いです

又、画像検査では骨の変形や悪いものが出来ていないか?など病変は見つけることが出来ますが、
一定の体勢での画像検査では身体の動きの不具合は見つける事が出来ませんし、
画像検査を受けている体勢は症状が出ていない事が多く、
症状が出ていない体勢の画像です

足の痛み、しびれであっても、身体全体をみていくことが必要です

左の頚部の痛みと左の臀部のしびれ、重い感じの方

左足底の感覚が過敏&左右の反射が違いました
振動、痛みの感覚
筋力の弱いところ
筋肉の反射
整形学検査
どうすると症状が緩和されるか
などの検査から

首と背中の移行部の背骨に持続圧をかけると、
頚部の痛みと臀部のしびれが無くなりました

背骨の動きがスムーズに動かないと様々な問題が出ます

又、左膝の裏が突っ張る方
右足底が過敏に感じるのが首を右に向けると過敏では無くなります

首の上の方の背骨の動きがスムーズに動くように調整すると、左膝の裏の突っ張りが無くなりました

背骨の可動域は首が一番動きます

足の症状であっても身体全体の検査が必要です

痛みをとること、早く治すことに目を向けてしまい、
身体をみることが疎かになりがちです
検査を重ねてより正確な情報を集めることが重要だと考えます。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

肩、膝の痛み 不定愁訴

6ヶ月前から左膝の痛みが原因不明で出現し、
3ヶ月前から左肩の痛みが原因不明で出現の40代の方
しかし来院時に肩、膝を動かしても痛みなし?

その他に体調の優れないところがないか聞いてみると、
左まぶたの痙攣
右ふくらはぎのこむらかえり
不眠症(2時間毎に目が覚める)
数ヶ月前から咳が出る
目の下にクマ
など症状多数

検査をしていくと、
首の上部を触ると咳が出る
首の後ろの感覚が鈍い
筋肉の反射検査で身体がビクッとする
左足関節の底背屈で力が入らない
右足裏の皮膚感覚が過敏
その他いろいろ
など調子良くなさそうなところ多数

1週間毎に来院
3回目でかなり改善
肩、膝への施術はほとんど行なっていません
動かしても症状が出ないので施術の必要がありません

神経バランスを整え、
スマートフォンの使い過ぎを制限、
呼吸法を行なってもらったりしました
酸素を必要とする人の細胞は酸素が足りないと、
細胞が正常に動けません

人の身体は基本が良くないと全てが狂います
基本が大切です

身体を整える
神経を整える
生活を整える

全てが大切です。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

機能神経学勉強会(NSA)

長いゴールデンウィークも終わりましたが、
皆さま如何お過ごしでしたか。

私は、あいも変わらず神経系の勉強会に参加して来ました
NSA(神経脊髄脊椎アプローチ)という勉強会です
今回はモジュール1
2日間の勉強会で最後に筆記試験&実技試験があります、落ちると次のモジュール2に進めません

難しそうに思われると思いますが難しいです

内容を簡単に説明すると、神経の発生学的、構造、働きなどの基礎をしっかり頭に入れ、
問診から始まり、筋肉の反応や強さ、皮膚や骨の感覚、症状が憎悪するか減少するか、更に独自の検査結果を単に良い、悪いだけではなく、
身体の内部の状態を出来るだけ分析していきます

検査8割、施術2割という感じ、
検査が重要です

人の神経の状態は皆さん異なりますので、皆さん同じ治療、施術はありません

より良い施術が出来るよう精進いたします

まぶたがピクピク(眼瞼痙攣)

半年前から右大腿部の痛みの方
整形外科では画像検査のみ、
で問題なく、痛み止めの薬を処方される
「この痛みは治らないのですか?」と聞くと
お医者さんから「みんな痛みを我慢しているのです」っと言われたそうです

当院での神経の働きをみる検査や普段の状態をお聞きすると、たくさん問題があるように思いました

肩の辺り、脚の左右の感覚の違い
足底の左右の感覚も違い、
反射の出方も左右差がありました
これらの左右差は首を左に向けるとなくなります
どうも首が怪しいと思いました

左のまぶたがピクピクし
光が眩しい
まぶたが下がっている
左のふくらはぎがよくつる
座位から立つ時の痛みが強烈
など

まぶたがピクピクする眼瞼痙攣は病的な状態も考えられますが、神経の疲労により脆弱な神経の状態になっていても眼瞼痙攣は起きます
この方は左のまぶた、左のふくらはぎも痙攣が起きています

画像検査で問題なければ働き、
機能をみる必要があると思います

現在の身体は、普段の生活での現れです
生活改善をする時だと思いますので、一緒に考えていきましょう。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104