排尿・排便・生殖コントロール

このエントリーをはてなブックマークに追加

背骨の中は脊髄が靭帯によって繋がっています
背骨の動きは脊髄の動きでもあります
背骨の動きが悪いと脊髄の動きもよくありません

背骨で動きのストレスがかかりやすく、
圧迫骨折を起こしやすい胸椎と腰椎の移行部に当たる
脊髄は尿、便、生殖のコントロールをしている神経があります
又、呼吸で重要な横隔膜の付着部でもあります

脊椎圧迫骨折を起こすとこのような働きをチェックする必要があります
圧迫骨折をしていなくても問題がある事も多いです

先日、肩の張りが強く、辛くて辛くてと70代の方が来られました

1週間後に来られ
「身体が楽になった、トイレに行く時に間に合わなかったのが全く良くなりゆっくりトイレに行けるようになったわ」
「便が・・・・・こんな事あんまり人に言われへんやん、ありがとう」って喜んでおられました

排尿、排便など年齢的に良くなる事はないと思っている方が多く、訴える事もないという事も多々あると思います

膀胱炎や生殖器疾患の改善目的で免疫系を高める為に神経系を整える意味は大きいのです。

令和元年9/28で当院は16年になります
長く好きな仕事ができる事に感謝いたします
今まで以上に皆さまのサポートが出来るように頑張ります
これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です