眼の痛み

首を動かすとフワフワ、クラクラするということで、

病院でMRI検査を受けたが特に問題なしと言われた

その後、両眼の痛みが半月続いており、眼科を後日予約されている方

 

検査をすすめていくと

首をそらすと嫌な気分、首を右に向けると痛み、首を右に倒しても痛み

首の左側の筋肉が緊張し、触ると痛い

 

顔の左右の感覚で、

左半分の触覚が過敏になっており、特に口の左側のみの触覚が凄く過敏

しかし、口周りの筋肉に力を入れると触覚の過敏がなくなる?

触覚は左半分で過敏だが、痛みを感じる感覚では左右差がまったくみられない?

また、眼の動きを確認していると左眼の動きがなにかぎこちない?

左横を見てもらうと見にくい、焦点がぶれる(レッドフィルターテスト)

左眼を外に動かすのがしっかり出来ていない?

 

施術後は顔の感覚、眼の動きは改善

首の動き&痛みも7割程度改善し、嫌な感じはなくなったようです

 

患者さんにとって私が行なう検査は気持ちいいものではありません

しかし、現状を把握するため、また危険な状態の可能性などを確認するためには、

必要不可欠だと考えておりますので、ご理解ください

また、検査をするとすべて解るというものではありません

検査の情報から考えながらすすめていきます

しいて言えば、これはしてはいけない、ここは触ってはいけない、などを確認するための検査です

人の身体は本来強いのですが、調子の悪い時は弱っています、デリケートになっています

調子の悪い時ほど細かな検査が必要で、身体への強い刺激、身体への長い時間の刺激は要注意です。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

当院では、施術時間を40~50分程いただいております

 

頭痛 転ぶ

昨年11月に小学3年生が左側の頭痛で来院

 

主訴は、

時々、左目の奥の痛み

10月末くらいから転ぶことがある

最近、視力が悪くなり、眼科で瞳孔を広げる目薬を寝る前に点眼するように言われている

仮性近視の時によく処方される薬で瞳孔を広げる薬、

副交感神経が働き就寝しようとしますが点眼薬は交感神経を働かせます

「眠れる?」「寝られへん」と・・・

 

キックボクシングをしている

 

 

検査をしてみると、中枢神経の異常を示すサインがたくさん出現する

舌を出すように言うと右に変位、左へ出せない

両手を前に出してキープしてもらうが右手がキープ出来ない

右足で立つことが出来ない

首、右半身、右足底に触れると異常な痛み

右半身での筋伸張反射が亢進 & 神経が疲労を起こし反射が持続しない

右目に電気を当てても瞳孔が閉じない

その他いろいろ

キックボクシングは中止してもらう

 

脳神経外科に行ってもらう

Dr曰く

「異常な反射は確かに出ているが、画像検査で何も異常がみつからないので何もできない」

と言われる

 

当院では、神経の反射亢進、神経の疲労などがみられるため、日頃の生活で出来ること、気をつけること、目を休めるためにサングラスやヒモを使ったリハビリ?を指導する

 

12月末、こども病院を紹介してもらい受診する

その頃には筋伸張反射の亢進のみ落ち着いていた

Dr曰く

「右の力が弱いだけちがう」と・・・・・・・・・・・

 

この時点でも、

首を触ると異常な痛みあり、足底を触ると痛む

右目のみ瞳孔が閉じない

右膝蓋腱反射では神経の疲労のためか継続できない

その他の症状も存在していました

 

当院で定期的に身体の状態をチェックさせてもらいようお願いし、

ほぼ検査と指導、少し身体の調整を行なう

その辺りから徐々に回復している様子

 

今年の2月半ばには

右足で立つとふらつく、

右目の瞳孔が閉じない

それ以外は改善していた

 

昨日、9回目の来院で

右足でしっかり立つことが出来るようになっている

右目の瞳孔も閉じるようになっている

頭痛も出なくなったそうである

その他の症状もなくなっている

涙が出そうなくらい嬉しかった

 

この様な状態になった原因はわからない

キックボクシングによる外傷なのかも知れない

その他の原因によるものかも知れない

本人は、キックボクシングを再開したいと言っている。

 

良くも悪くも、いろいろと勉強させてもらいました。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

 

頭痛

以前より肩こりがある30代女性医療関係者

2年程前から首のコリ、目の奥の頭痛、右耳の閉そく感

整形外科でレントゲン検査を受けるが問題なし、

鍼灸、カイロプラクティック、整体、リンパマッサージに行くが改善せず、

ご紹介で来られました。

 

 

この経過からして単なる筋肉のコリではないことがうかがわれます

頚部、腰部の動きでの痛み、張り、不快感などが増強する徴候はみられなかった

 

検査をしていくと、気になったところは、

舌を出してもらうと、舌の左右の厚みが違う!右が分厚く、左が薄い!

(こんなに左右で厚みが違うのは初めて見た、患者さん自身もビックリされる)

顔面の左の感覚が鈍い!

顔面の左の動きが動きにくい!

安静にした状態で左右の脈拍の違い!

など

 

施術後は舌の厚みが左右で同じように改善

患者さん自身も鏡で確認しビックリされる

私もこんなに変わるものかと思った

 

5日後の本日2回目の来院

舌の厚みの左右差はなくいい感じ

目の奥の痛みは1度出現したが以前ほどではなさそう

肩こりが左側10➡0 右側10➡7 と肩こり、首こりが少し減少

顔面の感覚&動きの左右差はなくなっていた

右耳の閉そく感が残存

 

当院では症状に対する施術ではなく、

身体の不具合がある場合、神経系の不具合が存在しますので、

どのような神経系の乱れがあるのか?

呼吸、血液の流れ、食生活、生活環境などを改善、見直すことで、

結果的に症状が改善するものとして施術を行なっております

 

例えば、頭痛であれば、

頭痛の種類、頻度、期間、外傷性、腫瘍、中毒、呼吸が浅い、高血圧、脳動脈硬化、ストレス、薬剤性、インフルエンザなどウィルス性、アルコール性、筋肉、関節の動き、吐き気を伴うのか、めまいを伴うのか・・・など

様々なことが頭痛の背後にあります

神経系の働きはこのような要素によって乱れが生じてきます

 

「これをすれば治ります」的なものは危険だと思いますよ。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

眼精疲労 

眼精疲労を訴える方が多いですねぇ

 

休息をとれば回復するのは「疲れ目」

 

休息をとってもめの痛み、かすみ、充血、眩しさ、頭痛、肩こり、

めまいなどが出たり、ぶり返したりするのは「眼精疲労」

 

当院では、目に光を入れて目の働きをみる検査をします

目に光を当てると眩しいので瞳孔を狭くし光が入る量を少なくして、その状態を維持しようとします

 

しかし、神経が疲労を起こしていると、

瞳孔の動く速さが速すぎる又は遅い!

瞳孔が狭い状態を維持できない!

ひどければ瞳孔がまったく動かない!

目に光が入ると痛い!

目に光が入ると異常に眩しい!

 

この様な状態では様々な身体の不具合が考えられ

非常によくないのです!

この様な状態が継続されると

もっと非常によくないのです!!!

 

 

眼精疲労を引き起こす原因は?

パソコン、タブレット、スマホなど

画面の近くでの作業が多いことはみなさんご存知だと思います

 

近くを見る時、身体を落ち着かす

副交感神経が働き毛様体筋を収縮させ水晶体(レンズ)を厚くして近くを見る!

 

遠くを見る時、身体を興奮させる

交感神経が働き毛様体筋を緩め水晶体(レンズ)を薄くして遠くを見る!

 

この様な働きは野生の動物が獲物を捕らえる時、

又、逃げる時を想像するとわかると思います

 

仕事でパソコン作業を行なっている時は交感神経が働き身体を活動的に動かしながら

目は副交感神経を働かして近くを見続けているという身体と目の動きが反対に働き、

神経の働きに矛盾が生じています

このような状態が長時間続くと自律神経(交感神経と副交感神経)が疲れてしまいます。

 

仕事はしないといけませんので「パソコンやめた!」って出来ません!

 

今の自律神経の働きをチェックし、神経バランスを整え、

 

 

パソコン、タブレット、スマホの画面を長時間見続けることを避け

適当に時間を決めて目を休ませ自律神経の過剰な疲労を与えないようにすることを

おすすめ致します。

 

当院に置いてある本(2は「超実践編」です)

何人かの方が読まれましたが、みなさん

「良いことがたくさん書かれてありますねぇ!」

と好評です。

当院で貸し出されて読み、本屋さんに行って購入された方もおられます

 

是非一度読んでみて下さい。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

頭がぼーっとする 腰痛

以前、私は自動車の整備士をしておりました

その頃の先輩方は何人か独立されております

私は出来の悪い整備士の頃、いろんなことを教えていただいた先輩に今もお世話になっております

 

車検のため自動車を引き取りに来てもらった時に

「腰が痛いから診てもらえる?」と

慢性的な腰痛があり、1か月前から腰痛がひどくなり改善しないそうです

その他「頭がぼーっとする」「しゃべりにくくなる」

太腿も以前からじわ~っとしびれているそうです

良くないですねぇ~

「先輩、車は車検するのに、人間も検査しないといけませんよぉ」

って強くは言えませんでしたが(^^;

 

 

早速、左右の血圧差、脈拍の左右差を見てビックリ!!!

「左右でこんなに違うもんか?」と言われました

もちろん左右差はない方がいいのですよ!

身体のなかで血液の循環が乱れている状態です!

目には見えないですが、良くないですよ!

施術後は血圧、脈拍の左右差はなくなり

「えらいもんやなぁ、何か違うなぁ」と笑顔でした。

 

本日、お昼休みに代車を入れ替えに行きました

「頭がぼーっとする」「しゃべりにくい」はどうですか?と聞くと

目が死んでたのが生き返ったようやわと奥さんに言われたそうで

腰痛はかなり改善し、大腿のしびれはなくなり、しゃべりにくさもないそうですが、

頭がぼーっとするのが少しあるそうです

(身体のバランスを主る小脳の働きがまだ弱い感じです)

 

自営業としても先輩にいろいろと話をしてもらいました

仕事に対してやるべきこと

心構え、目標

我慢しないといけないこと

続けることの重要性

お金の循環 など

又、今の私の状態を知っているかのようなアドバイスをしてもらい元気になりました。

先輩の言葉は本当に有り難いですm(__)m

 

自動車は定期的な検査をすることで使用者が気付かない不具合を早期に見つけ、トラブルを予防し、交通事故など大変なことになるのを防止します!

 

人間も同じで定期的な身体の調整はご自身で気付かない不具合を早期に見つけ、健康管理をし、ケガや病気など大変なことになるのを予防します!

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

頭痛・眼の奥の痛み

左眼の奥が痛い、首の痛み&感冒症状が少々の方。

様々な検査を行ないます。そのひとつ、

ブラインドスポット検査(盲点検査)

眼の神経が通っている部分は網膜が無くその部分は見えないところ(盲点)

網膜で集めた情報を脳が処理することで眼で物を見ることが出来るのです。

眼の病気は別として、盲点が広いということは脳の処理がうまくいっていないと考えた検査です。

右眼の検査は左の脳の働きをみています。

「左眼の奥が痛い」「右眼の盲点(左脳)が広い」なにか関係ありそうですねぇ

呼吸器、消化器などお腹を押えると痛むところがありました。風邪の影響?

施術後は左眼の奥の痛み、首を動かした時の痛みはありません。

来週、来られる時には元気になっていることを願います。