ゴールデンウィークのお知らせ

ゴールデンウィークは一応暦通りです!

どうしてもの場合はお電話下さい、時間があればみさせてもらいます

 

この時期、田植えの準備で忙しくなります

昔は、田植えになると親戚が集まって、何日もかかって手で田植えをしていました

いろんな生き物がいたので田植えを手伝わず遊んでいましたが・・・

楽しい思い出です。

 

田植えは、溝掃除、草刈り、種まき、苗作り、代掻き、田植え、稲刈り・・・

結構することがあります

しかし、最近では機械が良くなり短時間で出来ます

GWは種まきに駆り出されます

田植え準備で5月、6月の土曜日の午前のみ休むことがありますのでご了承ください

休み明け、真っ黒になっていたら「ちょっと海外に行ってました」って言っとこかなぁ

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

手のしびれ 末梢神経障害?

右手の母指、示指、中指、環指(半分)のしびれ

(昨日の夜しびれが強くなるが朝方には少しましになっている)

80代女性

 

右手の状態から、まず考えられるのは「正中神経の障害」

「手根管症候群」と言われる方が多い

右左とも手首の骨折(バイク事故でコーレス骨折)の既往歴あり

感覚検査(温度、痛覚、振動覚)では少々鈍い程度で問題なし

母指を外転する筋肉は弱い

夜間はしびれが強くなり目が覚める

 

手根管の検査

手首を曲げてしびれが強くなるか?(ファレン徴候)➡変化なし?

手首をたたくと指先にビリビリくるか?(チネル徴候)➡来ない?

手を振るとしびれ症状が和らぐか?(フリック徴候)➡和らぐ!

手根管症候群になる原因として

①骨折(変形、変性など)

②指や手首の酷使(いわゆる使い過ぎ)

③原因不明(症候群というのは、原因がよくわからない症状名)

 

手根管症候群や肘部管症候群など末梢神経障害と言われている症状は、

もっと神経の元である背骨のあたりで神経根障害を合併している可能性もあります

また、昼間より就寝時の方が大脳の働きが弱くなりしびれや痛みなどの症状が変化することもあります

結果、手首の状態、背骨、脳・神経の働きをみる必要があります

 

意外としびれ症状が出ている手首周辺には問題がありませんでした

脳・神経系のバランスが良くなるとしびれが8割程減少しました

 

 

医療機関では、しびれや痛み➡圧迫➡手術 という流れが多いようです

この方の場合、原因①の骨折の既往歴があるので手術をすすめられる可能性も高くなります

しかし、よくよく検査をして行くと③原因不明にあたる部分がかなりウエイトを占めていたと思われます

 

症状にとらわれ過ぎず、しっかり原因を見極めることが重要です。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

腰痛の不安 インソール

数日前に腰痛が強くなる40代男性大工職人

話を伺うと、

15年程前に腰痛になりあちこちで治療を受けたが良くならず、

カイロプラクティックをされているところで靴のインソール(中敷き)をすすめられ、

高価だが、インソールを購入し使用すると腰痛がなくなったそうで、

それから10年間インソールを常に使う生活だったそうです

 

しかし、インソールを常に使うことに疑問を持ち10年間使ってきた生活を変えようと

腰痛が再発するのではないかと不安を持ちながらもインソールの使用を止めたそうです

 

何年かは少しの腰痛程度であまり気にならなかったようですが、

昨年あたりに腰痛が気になり整形外科でCT検査の結果

圧迫骨折?ヘルニア?での腰痛ではないかと痛み止めの薬を処方される

 

再度、以前のカイロプラクティックへ行き、靴のインソールを購入し、

インソールを使う生活に戻る

この先、一生インソールを使わないといけないのかと疑問をもちながらの生活

また、常に使っているため、インソールはすぐに摩耗してしまい

生地張替えやひどくなると買い替えと金銭的にもかかってしまう

 

数日前から腰の痛みが強くなり、ご紹介で来院される

特に傷めた記憶はなく、腰部を動かしても強い痛みは出ません

しかし、現在の痛みを記入してもらうと

結構つらい状態です

 

神経系のアンバランス

右足のアンバランス

アゴのアンバランス

など歩行するためのバランスが良くない状態であったと推測されます

また、足、手、目の動きの左右での違いなどを実感され、

ご自身の状態をお伝えすると、

 

施術後

痛みが無くなったわけではないが「なにか軟らかくなったような」と仰いました

 

まずは足の指が動かしずらいのでヒモを使ったヒモトレを使用し、

ご自身が止めたいと言われているインソールを一度使用せず生活していただくことに

 

仕事柄、高所作業も多いので足元の安定性は重要ですし、

不安感を持ちながらの高所作業は危険です

 

私が思うことですが、

様々なインソールがあり、よく考えられていると思いますが

立つことと走ること歩くこと運動をする時の動きも人によって様々なのに

立った状態の足底の圧力などでインソールが作られることに疑問を持ちます

 

また、常に使わないといけないというインソールはどうかと思います

身体の構造的に必要な場合は仕方ありませんが

 

聞くところによるとインソールを使うことで足の使い方が改善され、

足の使い方が良くなるとインソールがいらなくなるという優れた物もあるようです

 

人間の身体は本来の働きが出来るとインソールなんかいらない高性能な働きを持っています

なんでも手軽に、楽に、即効性にと便利なものに手を出し過ぎではないでしょうか?

今まで怠けていたご自身の身体の働きを取り戻す方が重要だと思います。

 

人間本来の働きを見直すために受講していた「なみあし」

本日、修了書が届きました

まだ、3回受講しただけですが、健康な身体を取り戻すために何をすればいいか!

非常に内容が濃い講座でした

 

ご希望の方のみ

「健康に無理なく歩くコツ」と題した指導が少しづつ出来ればと準備しております。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

ケガの悪循環

身体の体性神経には感覚神経と運動神経があります

身体から脳へ送る感覚神経

脳から身体へ送る運動神経

脳と身体は常に情報をやり取りしています

 

半月前に、

空手の試合で左かかとを傷めた少年

痛みをこらえ空手の練習に励む

なかなか痛みがとれない

そのうち歩くのも痛くなる

 

再度、

空手の試合で左足小指を負傷し

来院される

左足小指がパンパンに腫れあがり骨折の可能性

 

最初のケガ、左かかとの痛みなどの情報は常に右脳に送られる

脳でもいろいろなところにも情報が送られる

目を動かす、顔を動かす、音を聞く、物を飲み込む、舌を動かす、手足を動かす

また、無意識に動く反射にも変化が現れます

「ケガをする」ということ

スポーツをしている方はご存知だと思いますが

ケガをよくする方、いつもどこどこが痛いと言っている方

いつもサポーターやテーピングをしているがそれでも痛いと言っている方

又、反対に全然ケガをしたことを見たことがない方

っていらっしゃいませんか?

スポーツの上達の第一はケガをしないこと!

 

空手少年の神経系を検査していくと

右のまぶたが落ち、

右目の光に対しての瞳孔の反射が弱く、

聴覚の左右差もあり、

舌を出してもらうと右に向いており、

左右の手を動かしてみると左手の動きがおかしな動きをしていたり、

スポーツをするうえで重要な筋肉の反射も不安定な反射になっており、

自分で思ったように身体が動かせない状態でした

 

神経系の調整を施し、

骨折の可能性はお医者さんに確認してもらいます。

 

ケガをすると、

時間がたてばケガは治ります

しかし、ケガによる身体への影響は残っています

手術後なども同じことが言えると思います

ケガ、痛みなどの悪循環を放っておかないことをおすすめします。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

 

 

 

頭痛 転ぶ

昨年11月に小学3年生が左側の頭痛で来院

 

主訴は、

時々、左目の奥の痛み

10月末くらいから転ぶことがある

最近、視力が悪くなり、眼科で瞳孔を広げる目薬を寝る前に点眼するように言われている

仮性近視の時によく処方される薬で瞳孔を広げる薬、

副交感神経が働き就寝しようとしますが点眼薬は交感神経を働かせます

「眠れる?」「寝られへん」と・・・

 

キックボクシングをしている

 

検査をしてみると、中枢神経の異常を示すサインがたくさん出現する

舌を出すように言うと右に変位、左へ出せない

両手を前に出してキープしてもらうが右手がキープ出来ない

右足で立つことが出来ない

首、右半身、右足底に触れると異常な痛み

右半身での筋伸張反射が亢進 & 神経が疲労を起こし反射が持続しない

右目に電気を当てても瞳孔が閉じない

その他いろいろ

キックボクシングは中止してもらう

 

脳神経外科に行ってもらう

Dr曰く

「異常な反射は確かに出ているが、画像検査で何も異常がみつからないので何もできない」

と言われる

 

当院では、神経の反射亢進、神経の疲労などがみられるため、日頃の生活で出来ること、気をつけること、目を休めるためにサングラスやヒモを使ったリハビリ?を指導する

 

12月末、こども病院を紹介してもらい受診する

その頃には筋伸張反射の亢進のみ落ち着いていた

Dr曰く

「右の力が弱いだけちがう」と・・・・・・・・・・・

 

この時点でも、

首を触ると異常な痛みあり、足底を触ると痛む

右目のみ瞳孔が閉じない

右膝蓋腱反射では神経の疲労のためか継続できない

その他の症状も存在していました

 

当院で定期的に身体の状態をチェックさせてもらいようお願いし、

ほぼ検査と指導、少し身体の調整を行なう

その辺りから徐々に回復している様子

 

今年の2月半ばには

右足で立つとふらつく、

右目の瞳孔が閉じない

それ以外は改善していた

 

昨日、9回目の来院で

右足でしっかり立つことが出来るようになっている

右目の瞳孔も閉じるようになっている

頭痛も出なくなったそうである

その他の症状もなくなっている

涙が出そうなくらい嬉しかった

 

この様な状態になった原因はわからない

キックボクシングによる外傷なのかも知れない

その他の原因によるものかも知れない

本人は、キックボクシングを再開したいと言っている。

 

良くも悪くも、いろいろと勉強させてもらいました。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

 

神経のオーバーヒート

昨年、肩こり、首の痛みが出て来た女性

 

整形外科でレントゲン検査の結果、悪いところはなし

飲み薬、シップ、電気治療を受けるが変わらず

 

他の整骨院に数回通う

毎回、首を捻られる

何度目かに首を捻じられた時から首の痛みが増す

さらに腰の痛みも出現する

 

検査をしていると神経が疲労している状態でしたので、

強い刺激での施術は状態を更に悪化させると思われました

今は痛みも改善されました

痛みがある首や腰の関節、筋肉にアプローチしても改善しないと思われる状態でした。

 

昨日来られた80代女性

少しの間イスに座って立ち上がる際に右臀部が痛み、その後数分痛みが続く

右股関節を支える筋肉に力が入りません

右足の感覚(中趾を触っても薬趾と答える)が鈍く、右足だけで立つことがしにくい

この方も神経の疲労がみられ、出来るだけ弱い刺激の施術を選択

聴力の左右差、顔面筋運動の左右差がみられ的を絞って

音叉のみでの施術&足趾を動かしてもらうように行なうと症状は改善されました。

 

これらのように神経系が疲労を起こしている状態の方は結構いらっしゃいます

その場合、強い刺激での施術は気をつけないといけません

 

当院では、今の状態を出来るだけ把握するために様々な検査を行ないベストと思われる

方法を考えて施術を行ないます。

なかには「これだけ?」と思われる方がいらっしゃるかも知れませんが、

今の状態と施術の意味を説明させてもらうようにしています。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104