足の甲の痛み トリガーポイント

2か月前より右脚外側に痛みを感じる60代男性の方

その1か月後右足の甲に痛み、何かが触れると痛く靴下が履けない、歩けない

病院でレントゲン検査及びMRI検査の結果「脊柱管狭窄症」と診断を受けペインクリニックで硬膜外ブロック注射をすすめられるが、ペインクリニックに行かなくても良くならないかと、整体、カイロ、鍼灸など集中して通院したそうだが改善しなかったそうです。

ご紹介で遠くから来院される

 

筋力検査では痛み側の右股関節まわりの力が全て入らない(施術後は中殿筋のみ力が入らない)

患部(右前脛骨筋、右長趾伸筋、右長拇趾伸筋)付近の筋肉も力が入らない

右側下肢の末梢神経障害が考えられ感覚神経の検査を行なうと症状が出ている筋力低下側の感覚はどうもなく、

反対の左足の甲の感覚障害(温痛覚、振動覚)がみられた(施術後は温痛覚は改善したが振動覚は弱いまま)

ご本人曰く、痛みと反対側の足に感覚障害が出ていたことにビックリされていた

また、右ひじが最後まで曲がらない&伸ばせない(10年以上前からで特にケガの既往はなし)

その他、あちこちに問題が見つかる

 

2回目の来院

右足の甲の痛みは無くなったが右拇趾が痛い

右股関節まわりの力は右股関節を支える筋肉(中殿筋)のみ力が入らない

患部付近の筋肉(右前脛骨筋、右長趾伸筋、右長拇趾伸筋)の力は弱いが力が入るようになっている

反対の左足の甲の感覚神経(温痛覚、振動覚)は改善していた

 

痛みと筋力の弱さは緊張し過ぎた筋肉(トリガーポイント)が影響していた

トリガーポイントを軽く押えただけで飛び上がる程痛がっていた

トリガーポイントがあると筋肉が思うように動かず、筋力が減少する

 

靴下が擦れても痛みが無くなり歩けるようになったので、歩いてもらうようにお願いする。

 

主訴は右足甲の痛みでかなり改善したが、

長年の身体の動き、使い方で様々な問題が出現しているので痛みがなくなればOKではなく、身体の働きを高めないとまた新たな問題を作ります。

いろいろな検査をしないとわからないことがたくさんあります!

痛み、症状だけを取るような治療、施術は良くないと思います

身体全体が元気になるお手伝いが出来ればと考えております。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104