足の爪 腰痛

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはどれくらいの頻度で足の爪を切りますか?

身体が硬くなって足の爪を切れないことはありませんか?

首の痛み、腰痛、股関節痛、膝痛などの症状をお持ちの方、足の爪は手入れしていますか?

 

足のつま先の敏感なところに爪があり、

足の爪は皮膚の一部として、外部刺激を感知し身体を守る働き、

身体を支え、バランスを取り、身体の動きをスムーズにする働き、

など私達の健康を守る為にとても重要な働きをしています。

 

当院では検査をするために靴下を脱いでもらうことがありますが、

巻き爪

白癬菌の爪

内出血している爪

ペラペラな爪

伸びっぱなしの爪

波打っている爪

スジが入った爪

ビックリするような爪!!!

 

また、足底のタコ、魚の目をそのままにしている

など、

 

足の指が使われなく爪の働きをしていない状態に頻繁に遭遇します

 

腰痛、大腿後部の痛みで来院された70代女性

足底の反射をみるために靴下を脱いでもらうと・・・

足の爪を見てビックリ!!!

とても足に力が入る状態ではありません!

 

神経の働きをみる検査でも様々な機能低下がみられます!

 

ご自身で足の爪を切るのがしにくいそうです

ご家族の方に手伝ってもらうか、

皮膚科を受診してもらい、

足の爪を切っていただくようにお願いしました

 

爪が働けないと一時的に症状が良くなっても健康状態を維持することは困難です

 

年輩の方は概ね人に足の爪を切ってもらうことを恥ずかしがったり、

迷惑をかけるからとご自身から言い出しません!

ご家族で足の爪をチェックする習慣があるといいですねぇ

足の爪が綺麗になっていると気持ちいいですし、歩きやすいですよ。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です