足のしびれ

下腿のしびれ?違和感?の50代の方

昔、学生の頃に左足首の捻挫から足首を反る(背屈)可動域が少なく

2年ほど前から左下腿部がしびれ?何か?違和感?があったり、良くなっている?

を繰り返しているそうで、最近だんだんと酷くなってきているようです

 

まず、ここで大事なことは何が起こっているのか?を把握すること!

しびれ、違和感を紛らわすことではありません!

しびれ、違和感をシャットアウトすることでもありません!

 

検査をしていくと、

この方が訴えている領域の振動覚、痛覚が低下していました

(特にL5領域のスクレロトーム、デルマトーム)

左足の足首、拇趾を背屈する力、拇趾を屈曲する力も弱い

(前脛骨筋、長拇趾伸筋、長拇趾屈筋 弱化)

左足は外反母趾があり、ご本人は外反母趾だから力が入らないと思っています

また、歩いてもらうと右手の振りが少なくぎこちない歩行になっていました

歩行がスムーズじゃないと身体は良くなりません

 

施術後は

左足関節の可動域が増え歩行が楽になり

腕の振りも良くなっていました

弱化していた筋力は8割程改善しました

(外反母趾はありますが、筋力は改善しました)

症状の領域の痛覚は左右とも同じくらいに改善しました

しかし、

L5領域の振動覚の左側の弱さが少し良くなったかな?という程度

 

この振動を感じる神経が弱っていくと

(運動神経など太い神経も)

痛みを過剰に感じる痛覚過敏の状態をつくることがあります

ので経過を観察していく必要があります

 

今回、2年もの間、身体に異変が起こっていたが、

生活する上でそんなに支障をきたさないので放置していたため

神経自体が脆弱になってしまったのでは?

と考えられます

 

何かおかしいなぁ~と思った時は

早めに身体をチェックすることをおすすめします。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

ADL&QOL

ADL(日常生活動作):歩行、食事、入浴、排泄、睡眠など生きて行く上で基礎となる動作

QOL(生活の質・人生の質):人間らしい生活、生きる喜びや楽しみ

年齢、病気などをきっかけにADL、QOLが崩れると、

当たり前のように出来ていたことの重要性に気付く

若い時には考えなかったことが、年齢とともに増えてくる

 

意思疎通が出来れば訴えたいことが言える

しかし、意思疎通が出来なくなると訴えることも出来ない

高齢者で意思疎通が出来ないと思われてしまうと訴えも聞いてもらえない

出来なくなったことは仕方ないとあきらめることがほとんどだろう

自分が高齢になった時はどうだろう?

 

今まで勉強してきた機能神経学を生かして何か出来ないだろうかと

デイサービスでのボランティアのお願いを了承していただき

先日から週1~2回お邪魔させていただいております

 

ほとんどの利用者さんが認知症の方で、

徘徊、転倒、介護困難、多動、無動など様々な状態です

 

会話、手足の動き、眼の動き、聴覚のバランス、反射などを中心に

身体に負担をかけず、少しの刺激で少しづつでもADL、QOLの向上に

繋がればと思い身体を拝見させていただいております

片手の動きがぎこちなかった方の動きがスムーズになったり

(日常生活の何気ないことがしやすくなるといいです)

 

手の感覚の左右差が同じくらいになったり

(手の感覚がよくなると動きもよくなります)

 

眼の動きがよく動くようになったり

(転倒の予防、歩行の改善になります)

 

良い傾向がみられます

 

微力ではありますが、少しづつ身体が若返ることを願います。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

回復する身体

頭痛、肩こり、腰痛などの症状をお持ちの方

どのような頻度、辛さ、いつからでしょうか?

回復することはありますか?

 

頭痛、強烈な肩こり、耳鳴り、不眠症、アレルギー、疲労感などの症状を長期間お持ちの方

 

 

今年の初めから2週間置きに来院されています

長年、肩こりから解放されたことがなかったのですが

最近は肩こりを意識しなくなったそうです

勿論、細かい作業や仕事などで肩が凝ったなぁとは感じますが、

少し時間が経つと、一晩寝ると、肩こりはなくなっているそうです

肩を触ることもなくなってきているそうです

 

肩こりが当たり前から

肩こりがないのが当たり前の状態

が当院の理想です

 

人は風邪も引きます、肩が凝ることもあります、腰が痛くなることも、

しかし、身体が回復する力が備わっていますので

自然と回復するはずです

回復しない状態が良くない状態ですよ。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

眼の動き

当院では眼の状態、動き、反射なども検査させてもらいます

眼の筋肉は人間の筋肉で一番速い動きができると言われています

「眼球運動は脳幹にある運動を制御するセンターの役割が良くわかっている運動である」

「運動を起こす指令と運動そのものの間に介在する要素が少なく記録できる眼球運動に、

中枢での運動指令がかなり直接反映される、そのため、手足の運動に比べて、

運動の制御機構を解析するのに適している。この意味で “眼は心の窓”

とともに “眼球運動は脳の窓” といえるかもしれない。」

-中外医学社 Clinical Neuroscience 眼球運動の生理と病態より-

とあります

 

分かりやすく言うと、

外から入って来た情報を元に

 

脳からの指令により眼が動きます

脳からの指令により手、足、体幹など身体が動きます

 

眼を動かすのも身体を動かすのも脳からの指令

脳から眼

脳から身体

を比べると眼の動きの方が脳の運動指令がダイレクトでわかりやすい

 

ということです

 

 

眼の運動には、

眼を上下左右斜め、寄り眼をする時に動かす6つの外眼筋

外眼筋のゆっくり目標物を追う眼球運動

瞬間的に速く目標物を追う眼球運動

眼に光が入って来る光量を調節したり、近くの物や遠くの物を見るための瞳孔括約筋、瞳孔散大筋

まぶたを上げる上眼瞼挙筋、ミュラー筋

頭を動かした時や身体が動いた時に三半規管、耳石器の働きで視線を維持し、自分の身を守る反射

眼の動きを止めることができるか?

など

 

様々な眼球運動があります

これらを検査することで脳からの運動指令の働きをみていきますが、

眼の動きは人間の筋肉で一番速いので、簡単ではありません

 

しかし、問題をここで発見できると、

慢性痛、ぶりかえす症状、しびれ、不定愁訴、スポーツ障害、自律神経障害、末梢神経障害、

その他様々な改善が期待できると思われます

 

症状を長期でお持ちの方は特に眼の動きに問題がみられることが多いです

 

例えば、

足に力が入らなかった方が素早い眼球運動を少しするだけで力が入ったり

首の痛みの方の三半規管を少し働かせると首の痛みが出なくなったり

眼瞼下垂の手術を進められていた方が施術後まぶたが上がり、眼がパッチリしたり

眼とは離れている膝の屈伸時の痛みが眼の反射や腕の運動でなくなったり

と改善された方がおられます

 

まだまだ未熟ですが、少しでも皆様のお力になれればと思います。

 

10月14日(日)・15日(月)は、

アクティベータ療法の勉強会のため

お休みいたします。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

顎の痛み 顔の感覚過敏

親子で顎の痛みの方が来られました

お二人とも左の顎の痛み

お子さんは1週間前から時々口が開かなくなる

お父さんは1週間前から口が閉じれない、奥歯が噛めなくなる

痛むところは同じ、痛くなった時期も同じ頃、親子

一見似たような症状ですが全然違います

 

又、顎の痛み以外では、

お子さんは左右のアキレス腱の痛みもあります

お父さんは寝違い様の首の痛みもあります

同じ治療、施術でよくなるとは思えません

顎をグリグリ動かしたり、押したり、マウスピースを使ったりしても

多分良くならないと思います

又、一時的に良くなってもその後の経過が重要です

 

私自身3年前に顎が痛くなり一時期放置していたため

今でも後遺症的な状態が残っております

今まで顎、歯など気にせずに暮らしていましたが、

不自由になって初めて身体の機能の大事さがわかります

 

検査をすすめていくと、

お父さんの顔の感覚が過敏「くすぐったい」なところがありました

音を感知する神経にも左右差がありました

顎を動かす筋肉の働き

顔の感覚

両方とも三叉神経という神経が関与しています

また、音を感知する働きと三叉神経に共通する部分の感覚が過敏でした

何かこの辺りの機能が怪しいんじゃないかなぁ~

ってな感じで検査をしています

 

顎の調整と共に

結果として顎の痛みになってしまった原因はなんだろうか?

を考えることが重要です

 

神経の働きは低下することもオーバーヒートすることもあります

オーバーヒートした状態が続くと神経は疲れやすかったり、壊れやすかったりします

 

顎の痛み、違和感がある方は放置しないで下さい

 

私の顎のように後々まで引きずりませんように(^^;

 

お盆は、暦通り

8月

13日(月)・14日(火)・15日(水)の午後のみお休み致します

午前は受付け致します。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

身体のメンテナンス

気温が上がって来ましたねぇ

外で少し用事をするだけで汗が出てくる時期になりました。

 

昨日、お電話で、

「体調はいいのですが、前回から1か月経ちましたが、みていただいた方がいいですか?」

とお問い合わせがありました

以前、1か月ほど腰痛、膝痛があった方で、最近はこのような痛みはありません

当院では、身体のメンテナンスは、いろいろな面で良いと思いおすすめしていますが、

最終的にはご自身のことなのでとお伝えしております

 

予約をされ

本日、来院されましたが、特に痛みや不具合は感じていません

検査をしていくと、

まぶたが落ちている

左右の瞳孔の大きさ、動きの違い

左右での音の響きの違い

など

普段の生活では気にするほどの障害にもならないことですが、

目、耳が身体の不調を表しています

 

当院は病院ではないので病気をみつけるのではなく、

機能(働き)が低下し、健康を害する要素を早く見つけ、

ご自身の今の状態を知っていただく、

身体の生命力を上げる、

できれば病気にならないように予防する、

健康な身体作りを目指します

 

私自身も月に1度程度、知り合いの先生とお互いに身体のチェック、施術を行なっております

その時の知り合いの先生の血圧に左右差がみられました

施術前

左右の上の血圧に目が行き、「高い、低い」と思われる方が多いのではないでしょうか?

上の値から下の値を引いた数値(脈圧)が血管の硬さを表していたり、

脈拍の左右差なども乱れがあることが予想できます

 

 

施術後は

ほぼ同じになりました

 

数値が落ち着くと気分も良くなります

 

 

先日、TVで血圧を左右同時に計ることで動脈硬化を発見できたと放送されていました

左右の血圧、脈拍が違う状態が何か月、何年、何十年と続くと、

血液が流れる血管

血液を送るポンプ役の心臓

血液を大量に必要とする脳

血液が栄養する臓器、神経、皮膚など

影響が出てきても不思議ではありません

 

以前、腰痛で来られた方で左手、左足だけが乾燥し、

肌荒れで困っていらっしゃる方がおられました

特に左手足だけ特別なことはしていないのに何故?と思われていたそうです

腰痛の改善とともに肌荒れも少しずつ良くなっていき約2か月後には肌荒れが改善されていました

 

 

当院では、5年前から血圧測定は必ず左右同時に計測しています

「左右同時に血圧なんか計ったことないわ」とよく言われます

血圧測定は左右同時に計測することで危険な状態を早く見つかることがあります

 

危険な病気などが疑われる場合は、医療機関に行っていただくようお願いします

これまで

動脈硬化が結構進行していた方や、

血管が8~9割狭窄しており手術をされた方、

不整脈など心臓疾患がみつかった方

などがおられました

 

血圧測定は左右同時に計測が当たり前と言われるようになるといいと思います

 

家の外壁や屋根は10年で点検、修理

自動車は6か月点検、1年点検、車両点検

など行なうのが常識です

身体では病気をみつける検査は行われていても、

病気を予防する身体の働きの検査はほとんど行われていません

 

たまには身体の働きをチェックしましょう

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

腰痛の不安 インソール

数日前に腰痛が強くなる40代男性大工職人

話を伺うと、

15年程前に腰痛になりあちこちで治療を受けたが良くならず、

カイロプラクティックをされているところで靴のインソール(中敷き)をすすめられ、

高価だが、インソールを購入し使用すると腰痛がなくなったそうで、

それから10年間インソールを常に使う生活だったそうです

 

しかし、インソールを常に使うことに疑問を持ち10年間使ってきた生活を変えようと

腰痛が再発するのではないかと不安を持ちながらもインソールの使用を止めたそうです

 

何年かは少しの腰痛程度であまり気にならなかったようですが、

昨年あたりに腰痛が気になり整形外科でCT検査の結果

圧迫骨折?ヘルニア?での腰痛ではないかと痛み止めの薬を処方される

 

再度、以前のカイロプラクティックへ行き、靴のインソールを購入し、

インソールを使う生活に戻る

この先、一生インソールを使わないといけないのかと疑問をもちながらの生活

また、常に使っているため、インソールはすぐに摩耗してしまい

生地張替えやひどくなると買い替えと金銭的にもかかってしまう

 

数日前から腰の痛みが強くなり、ご紹介で来院される

特に傷めた記憶はなく、腰部を動かしても強い痛みは出ません

しかし、現在の痛みを記入してもらうと

結構つらい状態です

 

神経系のアンバランス

右足のアンバランス

アゴのアンバランス

など歩行するためのバランスが良くない状態であったと推測されます

また、足、手、目の動きの左右での違いなどを実感され、

ご自身の状態をお伝えすると、

 

施術後

痛みが無くなったわけではないが「なにか軟らかくなったような」と仰いました

 

まずは足の指が動かしずらいのでヒモを使ったヒモトレを使用し、

ご自身が止めたいと言われているインソールを一度使用せず生活していただくことに

 

仕事柄、高所作業も多いので足元の安定性は重要ですし、

不安感を持ちながらの高所作業は危険です

 

私が思うことですが、

様々なインソールがあり、よく考えられていると思いますが

立つことと走ること歩くこと運動をする時の動きも人によって様々なのに

立った状態の足底の圧力などでインソールが作られることに疑問を持ちます

 

また、常に使わないといけないというインソールはどうかと思います

身体の構造的に必要な場合は仕方ありませんが

 

聞くところによるとインソールを使うことで足の使い方が改善され、

足の使い方が良くなるとインソールがいらなくなるという優れた物もあるようです

 

人間の身体は本来の働きが出来るとインソールなんかいらない高性能な働きを持っています

なんでも手軽に、楽に、即効性にと便利なものに手を出し過ぎではないでしょうか?

今まで怠けていたご自身の身体の働きを取り戻す方が重要だと思います。

 

人間本来の働きを見直すために受講していた「なみあし」

本日、修了書が届きました

まだ、3回受講しただけですが、健康な身体を取り戻すために何をすればいいか!

非常に内容が濃い講座でした

 

ご希望の方のみ

「健康に無理なく歩くコツ」と題した指導が少しづつ出来ればと準備しております。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

ケガの悪循環

身体の体性神経には感覚神経と運動神経があります

身体から脳へ送る感覚神経

脳から身体へ送る運動神経

脳と身体は常に情報をやり取りしています

 

半月前に、

空手の試合で左かかとを傷めた少年

痛みをこらえ空手の練習に励む

なかなか痛みがとれない

そのうち歩くのも痛くなる

 

再度、

空手の試合で左足小指を負傷し

来院される

左足小指がパンパンに腫れあがり骨折の可能性

 

最初のケガ、左かかとの痛みなどの情報は常に右脳に送られる

脳でもいろいろなところにも情報が送られる

目を動かす、顔を動かす、音を聞く、物を飲み込む、舌を動かす、手足を動かす

また、無意識に動く反射にも変化が現れます

「ケガをする」ということ

スポーツをしている方はご存知だと思いますが

ケガをよくする方、いつもどこどこが痛いと言っている方

いつもサポーターやテーピングをしているがそれでも痛いと言っている方

又、反対に全然ケガをしたことを見たことがない方

っていらっしゃいませんか?

スポーツの上達の第一はケガをしないこと!

 

空手少年の神経系を検査していくと

右のまぶたが落ち、

右目の光に対しての瞳孔の反射が弱く、

聴覚の左右差もあり、

舌を出してもらうと右に向いており、

左右の手を動かしてみると左手の動きがおかしな動きをしていたり、

スポーツをするうえで重要な筋肉の反射も不安定な反射になっており、

自分で思ったように身体が動かせない状態でした

 

神経系の調整を施し、

骨折の可能性はお医者さんに確認してもらいます。

 

ケガをすると、

時間がたてばケガは治ります

しかし、ケガによる身体への影響は残っています

手術後なども同じことが言えると思います

ケガ、痛みなどの悪循環を放っておかないことをおすすめします。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

 

 

 

頭痛 転ぶ

昨年11月に小学3年生が左側の頭痛で来院

 

主訴は、

時々、左目の奥の痛み

10月末くらいから転ぶことがある

最近、視力が悪くなり、眼科で瞳孔を広げる目薬を寝る前に点眼するように言われている

仮性近視の時によく処方される薬で瞳孔を広げる薬、

副交感神経が働き就寝しようとしますが点眼薬は交感神経を働かせます

「眠れる?」「寝られへん」と・・・

 

キックボクシングをしている

 

 

検査をしてみると、中枢神経の異常を示すサインがたくさん出現する

舌を出すように言うと右に変位、左へ出せない

両手を前に出してキープしてもらうが右手がキープ出来ない

右足で立つことが出来ない

首、右半身、右足底に触れると異常な痛み

右半身での筋伸張反射が亢進 & 神経が疲労を起こし反射が持続しない

右目に電気を当てても瞳孔が閉じない

その他いろいろ

キックボクシングは中止してもらう

 

脳神経外科に行ってもらう

Dr曰く

「異常な反射は確かに出ているが、画像検査で何も異常がみつからないので何もできない」

と言われる

 

当院では、神経の反射亢進、神経の疲労などがみられるため、日頃の生活で出来ること、気をつけること、目を休めるためにサングラスやヒモを使ったリハビリ?を指導する

 

12月末、こども病院を紹介してもらい受診する

その頃には筋伸張反射の亢進のみ落ち着いていた

Dr曰く

「右の力が弱いだけちがう」と・・・・・・・・・・・

 

この時点でも、

首を触ると異常な痛みあり、足底を触ると痛む

右目のみ瞳孔が閉じない

右膝蓋腱反射では神経の疲労のためか継続できない

その他の症状も存在していました

 

当院で定期的に身体の状態をチェックさせてもらいようお願いし、

ほぼ検査と指導、少し身体の調整を行なう

その辺りから徐々に回復している様子

 

今年の2月半ばには

右足で立つとふらつく、

右目の瞳孔が閉じない

それ以外は改善していた

 

昨日、9回目の来院で

右足でしっかり立つことが出来るようになっている

右目の瞳孔も閉じるようになっている

頭痛も出なくなったそうである

その他の症状もなくなっている

涙が出そうなくらい嬉しかった

 

この様な状態になった原因はわからない

キックボクシングによる外傷なのかも知れない

その他の原因によるものかも知れない

本人は、キックボクシングを再開したいと言っている。

 

良くも悪くも、いろいろと勉強させてもらいました。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

 

土台

身体が弱った状態で過剰なストレスを受けると身体にダメージを負ってしまいます

土台がしっかりしていないと自己治癒力が働きません!

 

人は立っている姿は足(下)が土台ですが、

人の機能(働き)の土台は脳・脊髄(上)です

人の発達は上から下、内から外へ

生命の土台である脳、首が安定しないと身体が崩れてしまいます

 

首は脳と身体を結ぶ重要なところ

心臓から送られた血液の一部は、

首の骨の穴を通り、頭蓋骨手前で急激なカーブをして頭蓋骨のなかに入って行きます

(この頭蓋骨に入る辺りで様々な問題が起こりやすいのです)

頭蓋骨に入った血管は、

バランス機能、運動機能の司令塔である小脳、

視覚の処理にかかわる大脳の後部など

に血液を送っていますので、このあたりの血流障害が起こると、

首、背中の痛み、視界の影響、バランスの崩れ、フワフワするなどの症状が出やすいのです

左右から血管が合流しているので血流の乱れが起こりやすいところです

首は大事です。

 

半月前に来られた首の痛み、回らない状態を長期にお持ちの方

最近、背中の痛み、閃輝暗点(頭痛の前に起こることがあるチカチカする視覚障害)が出て来た

フワフワ感、つまずく、強い疲労感、精神的ストレス・・・

首を右向き、中央、左向きで左右の血圧、脈拍を比較すると

右向き、中央で脈拍が左右で違う

しかし、左向きではピッタリ一緒

頚椎の可動域制限、筋肉の緊張、浮腫、などチェック

顔の左右の感覚の違い、左手の温度の感覚低下なども見受けられました

頚椎の調整後は首の動きが5割程改善し、首の向きでの脈拍の左右差はなくなりました

 

筋肉が緊張を起こしているとマッサージ、ストレッチなどで筋肉をほぐす、

緩めるという施術が多いようですが、

 

背骨の不具合、関節の不具合を戻そうと筋肉が頑張って緊張を起こしていることの方が多く、

この場合、背骨、関節の不具合を調整しないと良い状態になりません

 

半月後(3回目)

元気そうになり7~8割の改善という感じになりました。

 

しっかりした土台で充実した毎日を!

 

2月17日(土)は勉強会のため、お休み致します

その代わりに、

18日(日)の午前は受付け致します。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104