土台

身体が弱った状態で過剰なストレスを受けると身体にダメージを負ってしまいます

土台がしっかりしていないと自己治癒力が働きません!

 

人は立っている姿は足(下)が土台ですが、

人の機能(働き)の土台は脳・脊髄(上)です

人の発達は上から下、内から外へ

生命の土台である脳、首が安定しないと身体が崩れてしまいます

 

首は脳と身体を結ぶ重要なところ

心臓から送られた血液の一部は、

首の骨の穴を通り、頭蓋骨手前で急激なカーブをして頭蓋骨のなかに入って行きます

(この頭蓋骨に入る辺りで様々な問題が起こりやすいのです)

頭蓋骨に入った血管は、

バランス機能、運動機能の司令塔である小脳、

視覚の処理にかかわる大脳の後部など

に血液を送っていますので、このあたりの血流障害が起こると、

首、背中の痛み、視界の影響、バランスの崩れ、フワフワするなどの症状が出やすいのです

左右から血管が合流しているので血流の乱れが起こりやすいところです

首は大事です。

 

半月前に来られた首の痛み、回らない状態を長期にお持ちの方

最近、背中の痛み、閃輝暗点(頭痛の前に起こることがあるチカチカする視覚障害)が出て来た

フワフワ感、つまずく、強い疲労感、精神的ストレス・・・

首を右向き、中央、左向きで左右の血圧、脈拍を比較すると

右向き、中央で脈拍が左右で違う

しかし、左向きではピッタリ一緒

頚椎の可動域制限、筋肉の緊張、浮腫、などチェック

顔の左右の感覚の違い、左手の温度の感覚低下なども見受けられました

頚椎の調整後は首の動きが5割程改善し、首の向きでの脈拍の左右差はなくなりました

 

筋肉が緊張を起こしているとマッサージ、ストレッチなどで筋肉をほぐす、

緩めるという施術が多いようですが、

 

背骨の不具合、関節の不具合を戻そうと筋肉が頑張って緊張を起こしていることの方が多く、

この場合、背骨、関節の不具合を調整しないと良い状態になりません

 

半月後(3回目)

元気そうになり7~8割の改善という感じになりました。

 

しっかりした土台で充実した毎日を!

 

2月17日(土)は勉強会のため、お休み致します

その代わりに、

18日(日)の午前は受付け致します。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

手の感覚、運動

私達の手先にはたくさんの感覚神経があります。

その感覚を元に手先、指先の繊細な動き、複雑な動きが行われます。

手先の運動はボケ防止に有効ということを聞かれたこともあると思います

実際に、ボケ防止トレーニングや脳卒中のリハビリにも手先、指先の運動が行われています

 

脳には、

身体の感覚を受け取る感覚野

運動指令を出す運動野

ペンフィールドの地図という身体各部分の領域があり、

なかでも図で大きな部分の「顔」「手」の部分はたくさんの神経があり、

複雑な動き、繊細な動きがしやすいところです

 

立体的にすると

こんな感じ

要するに手先、指先の感覚、動きは脳を活性化するのに重要なところ!

 

そこで最近当院で流行っている「くるみ転がし」

たくさんの方にやってもらいましたが、出来ない方が非常に多いです

出来ない方は、クルミを持って帰ってもらい宿題にしています

やってみると

回す方向で転がしやすい、転がしにくい!

意外と見ない方がしやすかったり!

クルミの当たる音が心地良くリラックスできたり!

腕の位置で転がしやすい位置、転がしにくい位置だったり!

します

 

近頃、スマートフォンの使い過ぎなどで背中が丸くなっていたり、

肩こり、首の痛みの方が多いようですが、このような場合、

肩甲骨の位置が筋肉の緊張によってニュートラルになっていないことが多いのです

 

首を動かした時に痛みが出る方に、

肩甲骨の位置を一時的にニュートラルにし首を動かしてみると、

痛みが出なくなる!ということもよくあります

先程のクルミ転がしは、肩甲骨がニュートラルの位置でやりやすくなります

 

ということは、自身の肩甲骨のニュートラル位置を体感でき、脳へも良い感覚刺激が入力されます

手先、指先の感覚を本来の優れた感覚に戻し、脳を活性化しましょう。

 

2月17日(土)は勉強会のため、お休みいたしますm(__)m

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

脳の身体地図 ヒモトレ

みなさんの脳には身体地図という、

頭、口、手、足など身体の各領域の感覚を感知するところ

また、口、手、足などを動かす指令を出すところ

があります。

図は、(青い矢印)左腕の感覚を右の脳の感覚野で感知し、

(紫の矢印)その情報を右の脳の運動野に連絡し、

(赤い矢印)右の脳の運動野から左の腕を動かす指令を出す

こんな感じです。

 

以前ブログで「身体を動かす重要性」を書きましたが、

身体を動かさないと、

「身体地図の領域が非常に小さくなる」

「痛みに過敏になる」

「運動機能が低下する」

「感覚が鈍くなる」

このようなことが起こります

 

6年前に交通事故で左上腕骨頭粉砕骨折 & 左大腿骨不全骨折(ひび)になり、

骨折が治癒した後もできるだけ左腕を動かさないようにして来た70代の方

1.5か月前に臀部痛、左大腿部の痛みで来られました

検査をしてみると、

一見、簡単そうな動きが出来なくなっています!

 

左手、左腕を動かしていく重要性を伝え、

このような動き、次はこのような動きと、

少しづつ目標を決め行なって来ました。

 

本日10回目の来院時では、

痛みもいつの間にか消え、

いろんな動きが軽く出来るようになりました。

 

粉砕骨折した左腕の動きはヒモを使った「ヒモトレ」で、

右腕の動きと変わらない程に動くようになりました

 

もうひとつ、ビックリしたのが、

昨年来られた時から左耳と右耳から音を聞いてもらうと,

左耳からの音が小さく右耳からの音が大きく聞こえていましたが、

ヒモを左腕に付け,

少し左腕を動かしただけで左右の音の聞こえが同じになりました!

本当かな?と何度か検査しましたが良くなっていました。

 

ヒモを使うことで脳の感覚野へ良い情報が感知されるのであろうと考えています

半年ほど前から「ヒモトレ」を臨床で使うことがありますが、

時々ビックリする程の改善がみられます

 

簡単にできる「ヒモトレ」

医療現場でも使われている「ヒモトレ」

私自身、今年の寒い冬はヒモトレで足趾の冷えがありません!

何人かの方に体感してもらっていますが、みなさん良いと仰います。

もっと広まるといいなぁ~

 

 

 

 

1月20日(土)は勉強会のためお休み致しますm(__)m

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

足の感覚 アンチエイジング

アンチエイジング(老化を防ぐ)と聞いて何を連想しますか?

いつまでも若々しく健康に、

男性では運動など身体を動かすこと、

女性ならエステや肌のケアなど、

様々なことをされている方も多いと思います

 

では高齢になっていくとどのようなことが必要でしょう?

私が思うことは、QOL(クオリティー オブ ライフ)=人生の質

を高齢になる前に準備する必要があるのではないかと思います

「病気の予防」「社会生活」「動ける身体」

これらを高めることでアンチエイジングを目指してみてはいかがでしょう?

 

最近、手足のしびれの方で、血流障害、神経障害、脊髄障害と思われる方々がよくみられます

しびれという症状は痛みと違い、我慢ができ、なかには何十年としびれを感じながら生活してきた方もいらっしゃいます

神経も含め、皮膚、筋肉、内臓などすべての細胞は「酸素」「栄養」「刺激」がないと死んでしまいます、特に神経は充分な酸素(血流、呼吸)は必要なので、しびれで血流障害が長く続くと神経が生きていけません

長年、指のしびれが出ており最近指が動きにくくなり、病院に行くと神経が麻痺していますと言われた方など

病院では「このしびれと付き合っていかないとしかたないですねぇ」と言われることもしばしばありますが、改善する症状も多いのです

当院では、当院でできること、可能性があることを目標に行なって行きます

 

皮膚の感覚で鋭敏さをみる方法として「二点識別覚」という

2点の幅を狭くしていき、どれくらいまで2点で押えているのを識別できるかという検査があります

感覚が優れている順番は、

①指先

②唇

③足

立ったり、歩いたりする足の感覚は非常に優れています

 

しかし、年齢とともに感覚が鈍くなってくるところでは、

③の足がだんとつで1位!!!

「感覚は足から衰える」ということです!

 

お年寄りの転倒防止で筋力をつける運動をして筋力がついているにもかかわらず転倒しやすい方がおられます

つまり、筋力がなくて転倒するのではなく、足の感覚が鈍くて転倒しやいのです

 

足の感覚の衰えを予防することは出来ます

悪くなってから慌てるのではなく、

普段から足の感覚を衰えないようなことをする必要があります

 

人生の質を良くするアンチエイジングを心がけませんか。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

知らない間にぶつける

気が付けば内出血?

いつぶつけたのだろう?

そんなことありませんか?

 

大脳には左右の空間を認識する働きがあり、

脳・神経系の働きが低下すると、

空間の認識能力が低下し、

知らない間に足や腕、肩をぶつけてしまうことがあります

 

よく知られていることは、

脳梗塞を起こし半側の空間がわからない半側空間無視という状態があります

右大脳の脳梗塞による左半側空間無視が多いようです

当院に来られている方にもそのような状態の方がおられます

脳梗塞という病態になっていなくても脳の働きの低下でも似たような症状がみられることがあります

 

左顎の辺りにヘルペス(帯状疱疹)ができ塗り薬を使用していた

いずれ、左半身をぶつけた痕がある(腕、足)

両膝の痛み、左足がよくつる、胸がムカムカする

など様々な症状を抱えた方

 

検査では、顕著な左右差として、

左顔面&左頚部の痛みの感覚が鈍い

左耳からの音が小さく聞こえる(右耳と比較)

 

施術後は左顔面の痛み感覚の鈍さのみ残る状態になり、

身体の動きも良くなったように感じます

 

知らない間に腕、肩、膝、すね などにぶつけた痕がある方

体調が優れないなぁと感じていませんか?

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

筋肉がつる 痙攣 こむら返り

筋肉がつると痛いですねぇ

では、なぜつるのでしょうか?

①栄養・ミネラル分・水分の不足:食事や水分摂取不足など

②筋肉疲労(ミネラル不足状態):マラソンなどでの筋肉疲労時など

③血行不良(ミネラル不足状態):冬や睡眠時の血流不足など

④その他、糖尿病など血流障害によるもの

このようなことが一般的に言われていますが、

脳、神経系の働きの不具合があると筋肉の緊張により筋肉疲労や血行不良を起こしやすく、筋肉がつることが多いのです。

 

身体がしんどい!

肩こりがひどく!

腰痛もあります!

車の運転で集中できない!

運動もしてないのにふともも、ふくらはぎがパンパン!

それでなのか、筋肉がよくつる!(あっちこっちがつる)

などの症状をお持ちの70代男性

 

しんどそうな顔をされまぶたが落ち背中が丸まっている!

(身体のしんどさが顔、姿勢に現れています)

 

真横に真っ直ぐ腕を伸ばしてもらうと

左右の高さが違いますがご本人は真っ直ぐの感覚です!

(ご自身の身体の位置、動きを正確に把握していない状態)

(肩がこりそうです)

 

片足立ちをしてもらうと、

右足で支えるのがふらついて立てません!

(右の殿筋が働かなく腰痛も出そうです)

 

左右の耳の聞こえも差があり、

また、目でどこかを見続けることがしんどく目がキョロキョロ動いてしまいます!

(これでは車の運転も集中でき無さそうですし、危険です)

 

目の盲点検査(見えていないところを測り脳、神経の働きをみる)では、

一点を見続けることが出来なかったそうですが、

施術後の再検査時は一点を見続けることが楽に出来たと仰っていました。

施術前:青

施術後:赤

左右差がなく、きれいな〇の方が脳、神経の緊張が緩み、働きが良い状態と思われます。

 

施術後、再度真っ直ぐに腕を伸ばしてもらうと

肩の力が抜け左右の高さもほぼ同じになりました。

 

最近、

自動車のアクセルとブレーキのペダルの踏み間違い(左右の間違い?)

一方通行の逆走

信号無視

などのニュースをよく聞きますが、

何でこんなことになるのだろう?

老化による注意力散漫が原因だろう?

と思われている方が多いのではないでしょうか?

 

血流障害や脳、神経系の機能低下状態が続いていると、

このような事故が起こっても不思議ではありません、

年輩の方だけではなく若い方の同じような事故もあります

人ごとだと思うのは危険ですよ!

 

左右をよく間違える!

人混みを歩いているとよく人とぶつかる!

ひどいと人とぶつかったことをよく覚えていない!

一点を見続けることがしんどい!

ひとつのことを続けるのがしんどい!

運転中、頭がボーっとする!

など、

神経系のバランスチェック&バランス調整をおすすめ致します。

 

年末は12月30日(土)午前中まで受付けいたします。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

指先が使いにくい 老化?

右膝、右大腿後部に痛みをお持ちの70代の方

「何もしてないのに膝が腫れて来て痛くなってきました、歳ですかね?」

「あっちこっち痛くなりますねん、歳ですかねぇ・・・」

年齢とともに身体は変化しますが年齢とともに悪くなるわけではありません!

年輩の方で「若い頃より今の方が元気ですわ」という方もいらっしゃいます。

何でも年齢のせいにするのは良くないと思います。

 

右利きなのに右手先が何かぎこちないってことないですか?

動き(運動)を細かく制御することに重要な小脳の働きが弱ってるっていうことよくあります。

普段は気付かないが検査をすると分かることがあります

昨日は右膝が時々外れたようになる大学生の女の子が「あれっあれっ・・・」って

年齢は関係ありません!

この方は、指-鼻試験、回内回外試験で利き手である右手での動作がうまくいきません!

また、目を閉じて字を真っ直ぐに書いてもらうと傾いてしまいます!

①まず目を開けて縦にABCDEと書いてもらい

②目を閉じて同じように縦にABCDEと書いてもらいます

字が真っ直ぐ書けるか?傾いていないか?

「そういえば最近指先がぎこちないようでした!」と仰っていました。

 

このような検査が改善すると身体の基礎が整い、次第に症状も落ち着いて来ます。

 

肩、肘、手首、股関節、膝、足首などの関節の痛み、腱鞘炎など

症状のある部位だけの治療を受けても改善しません!

 

腕や脚を動かす元になる体幹の筋肉、神経、脳の働きが運動の基礎です!

 

現在、

腓骨神経麻痺(足首を反ることが出来ず膝を引き上げる歩行)

尺骨神経麻痺 肘部管症候群(手の小指側のしびれ、指先がつかいにくく箸が使いにくい)

など病院で麻痺と言われ神経の栄養であるビタミンB群の薬の処方のみの方が来られていますが、

当院では、運動の基礎となる部分の改善も必要不可欠だと考えております。

完全に麻痺していると改善は難しいですが、

お二人とも完全に麻痺しておらず、少しづつ改善の兆しが見えてきております。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

膝の痛み、筋肉伸張反射

身体には様々な「反射」が備わっています、めちゃくちゃいっぱいあります

身体が自動的に動くための基本中の基本である「反射」

今回は、そのうちの一つの反射についてですが、

 

人が歩行をする時、特に股関節、膝関節、足関節が屈曲と伸展を繰り返します

その時にも常に筋肉の反射が働いているので、意識しなくても歩けるのです

しかし、筋肉の反射がおかしくなっているとおかしな歩き方になっていますが、

見た目にはわからないくらいのおかしさの場合が多いため、気付きません

 

反射が正常に働いている場合

床に足が付くと

大腿四頭筋(オレンジ色)や下腿三頭筋(緑色)の筋肉に反射が起こり、瞬時に踏ん張ることが出来、過剰な負担がかからないように働きます

 

1か月前に来られた方

膝に痛みがあり、水が溜ることもある

この時は膝の痛み&水も溜まっていた

 

大腿四頭筋、下腿三頭筋の筋肉反射をみると

膝蓋腱反射という大腿四頭筋の筋肉反射で正常なら足先が前に動くのですが、後ろに動きます

逆転反射と言って神経系の異常を表しています

 

この状態で床に足が付くと逆転反射で瞬時に膝が曲がるため(正常なら瞬時に膝が伸びる)

大腿四頭筋に力を入れないと膝崩れのような状態が起こるので、大腿四頭筋を緊張させ身体を支えています

 

筋肉の緊張が続くと筋肉に痛みが出ます

(膝の痛み)

筋肉の緊張が続くと関節のトラブルが起こります

(熱を持った関節を冷やすために水が溜まる)

 

この方の場合、背骨の調整で異常な逆転反射は出なくなりましたが、脊髄脊椎の病気による異常な反射が改善しない場合もあります

(他の方ですが、当院で背骨の靭帯の骨化症から逆転反射が出現することが考えられ、逆転反射が改善せず、膝の改善が思わしくない80代の男性がおられます)

 

1か月ぶりの来院

前回の後、すぐに水が抜け、膝の痛みもかなり改善した状態が続いているようです

背骨のエクササイズをお願いしました。

 

身体の基本は重要です。

 

今年からHPのブログを始め、今回100回目の更新となりました。

これからも気が付いたことを書いていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

もう少し分かりやすく書けるように努力いたしますm(__)m

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

神経学勉強会

ゴールデンウィーク初日は「神経学勉強会」に行って来ました。

神経学を学び始めて5年目、今年は「脊髄障害・神経根障害・末梢神経絞扼障害」と臨床で非常に重要な部分です。

何をするか?

検査・検査・検査で何がどうなっているのか?

すぐに出来ることではありませんが、身体の状態を出来る限り把握することが重要です。

今回は左端の打腱器を使った奥深い神経の反射をみる知識、技術の勉強でした。

来院された方全員に、コンコンコンコン♪ ブーン♪ チクチク♪ しますがお付き合い下さい(^^♪

 

ゴールデンウィークは暦通り受付け致します。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

元気がない目 眼瞼下垂

冬から春にかけて、気温が変動し、体調を崩しやすい時期です。

先日の気温が高い日、職場でエアコンの風が背中に直接当たり、それから首が痛みだした方。

持続して背中に冷風を当てるとまず呼吸器に影響が起こることが考えられます。

呼吸器の働きが悪くなると身体に必要な酸素、栄養の取り込み&不必要になった二酸化炭素、老廃物の排出など人間の基本的な働きが乱れてきます。

また、普段から、頭痛、肩こり、ドライアイ、便秘、不眠、耳鳴り、花粉症などアレルギーをお持ちで、自律神経の働きが安定していない状態でこのようなエアコンの冷風というストレスを受けるとかなり辛いのではないかと思います。

 

首の痛みですが、特に首を動かしても痛みは出ません!

検査をすると、いろいろありましたが・・・

「目は口ほどにモノをいう」といいます。

鏡をお渡しして「目を見てください」・・・

「左のまぶたはいつもこんな感じですか?」

「下がってる???」

脳・神経系の働きが低下すると「しんどい目」になります!

脳・神経系の働きを取り戻すと「元気な目」になります!

 

まぶたがむくむと腎臓が弱っている可能性があり、便や食欲不振などがあると胃腸からのむくみも考えられます。

目の下にクマが出来ていると生活習慣、ストレスなどによる血行障害、東洋医学でいう腎(腎臓、生殖器)の弱さや、

白目が赤く充血したり、目が疲れる、視界がかすむなどは肝のトラブルが考えられ、生活習慣、食事、運動など改善する必要性があります。

 

起床時に鏡を見て、「ぱっちりした目」「元気な目」をしているか?

ご自分の「目の表情」をチェックして下さい。

 

「しんどい目」の方は放置せず、何らかの対処が必要です。

「元気な目」になりましょう。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104