頭がぼーっとする 腰痛

以前、私は自動車の整備士をしておりました

その頃の先輩方は何人か独立されております

私は出来の悪い整備士の頃、いろんなことを教えていただいた先輩に今もお世話になっております

 

車検のため自動車を引き取りに来てもらった時に

「腰が痛いから診てもらえる?」と

慢性的な腰痛があり、1か月前から腰痛がひどくなり改善しないそうです

その他「頭がぼーっとする」「しゃべりにくくなる」

太腿も以前からじわ~っとしびれているそうです

良くないですねぇ~

「先輩、車は車検するのに、人間も検査しないといけませんよぉ」

って強くは言えませんでしたが(^^;

早速、左右の血圧差、脈拍の左右差を見てビックリ!!!

「左右でこんなに違うもんか?」と言われました

もちろん左右差はない方がいいのですよ!

身体のなかで血液の循環が乱れている状態です!

目には見えないですが、良くないですよ!

施術後は血圧、脈拍の左右差はなくなり

「えらいもんやなぁ、何か違うなぁ」と笑顔でした。

 

本日、お昼休みに代車を入れ替えに行きました

「頭がぼーっとする」「しゃべりにくい」はどうですか?と聞くと

目が死んでたのが生き返ったようやわと奥さんに言われたそうで

腰痛はかなり改善し、大腿のしびれはなくなり、しゃべりにくさもないそうですが、

頭がぼーっとするのが少しあるそうです

(身体のバランスを主る小脳の働きがまだ弱い感じです)

 

自営業としても先輩にいろいろと話をしてもらいました

仕事に対してやるべきこと

心構え、目標

我慢しないといけないこと

続けることの重要性

お金の循環 など

又、今の私の状態を知っているかのようなアドバイスをしてもらい元気になりました。

先輩の言葉は本当に有り難いですm(__)m

 

自動車は定期的な検査をすることで使用者が気付かない不具合を早期に見つけ、トラブルを予防し、交通事故など大変なことになるのを防止します!

 

人間も同じで定期的な身体の調整はご自身で気付かない不具合を早期に見つけ、健康管理をし、ケガや病気など大変なことになるのを予防します!

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

何もする気がしない

40代女性、ここ数か月何もする気がしないと

寝た状態から起きた状態の血圧の変化、左右差、脈などをチェックすると

特に左側だけ脈圧(上の値と下の値の差)が少ない!

いろんな状態での血圧や脈の差や変化によって自律神経の働きに問題が生じていないか?

今の状態をできるだけ把握することが重要です

 

自律神経の働きには、交感神経と副交感神経があり、交感神経の働きが弱い

車で言うと、アクセルとブレーキのコントロールがうまくいかず、アクセルを踏めないといった状態

 

アクセルが踏めない=やる気がしない

 

この方は4か月前に運動をしている時に転倒し右膝を傷め、そのうち安静時でも右膝の痛みを数か月持ち続けていました

身体は、どんな刺激、ここでは右膝の痛み刺激が脳に入力され、その入力信号に対して出力信号(血圧、脈拍、血糖などの調整)が出るようになっています

右膝の痛み刺激が長期に入力され、身体にとって過剰な良くないストレスとなり、脳がちゃんと働かなくなったのではないかと思います

 

元気になったとお帰りになりました。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

やる気が出ない

やる気が出ない・・・・・( 一一)

面倒だ・・・・・(-_-;)

という時ありますよね!

意外とやってみると最後まで出来ていたり、どんどんやる気になっていたりしませんか?

やる気になっている時は脳の淡蒼球というところが活性化しています!

淡蒼球を活性化するには、

身体を動かす(前頭葉の運動野)

違ったことをする(海馬)

ご褒美を与える(中脳からドーパミン、痛みにも関わる)

なりきる(前頭葉)

4つのスイッチがあります。

一度にやろうとせず「少しやってみよう」「5分だけ集中してみよう」と小さな目標を持って、淡蒼球を活性化させてみてはいかがでしょう?