手のしびれ 末梢神経障害?

右手の母指、示指、中指、環指(半分)のしびれ

(昨日の夜しびれが強くなるが朝方には少しましになっている)

80代女性

 

右手の状態から、まず考えられるのは「正中神経の障害」

「手根管症候群」と言われる方が多い

右左とも手首の骨折(バイク事故でコーレス骨折)の既往歴あり

感覚検査(温度、痛覚、振動覚)では少々鈍い程度で問題なし

母指を外転する筋肉は弱い

夜間はしびれが強くなり目が覚める

 

手根管の検査

手首を曲げてしびれが強くなるか?(ファレン徴候)➡変化なし?

手首をたたくと指先にビリビリくるか?(チネル徴候)➡来ない?

手を振るとしびれ症状が和らぐか?(フリック徴候)➡和らぐ!

手根管症候群になる原因として

①骨折(変形、変性など)

②指や手首の酷使(いわゆる使い過ぎ)

③原因不明(症候群というのは、原因がよくわからない症状名)

 

手根管症候群や肘部管症候群など末梢神経障害と言われている症状は、

もっと神経の元である背骨のあたりで神経根障害を合併している可能性もあります

また、昼間より就寝時の方が大脳の働きが弱くなりしびれや痛みなどの症状が変化することもあります

結果、手首の状態、背骨、脳・神経の働きをみる必要があります

 

意外としびれ症状が出ている手首周辺には問題がありませんでした

脳・神経系のバランスが良くなるとしびれが8割程減少しました

 

 

医療機関では、しびれや痛み➡圧迫➡手術 という流れが多いようです

この方の場合、原因①の骨折の既往歴があるので手術をすすめられる可能性も高くなります

しかし、よくよく検査をして行くと③原因不明にあたる部分がかなりウエイトを占めていたと思われます

 

症状にとらわれ過ぎず、しっかり原因を見極めることが重要です。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

手のしびれ ヘルニア

ご紹介で来られた方(40代男性)

主訴は腰痛、現在は強い症状は出ていないとのこと

 

問診をしていると、

首に手術痕!

昨年、右上腕部の痛み、最初は筋肉痛かと思ったそうで、そのうち右手先にしびれが出現!

病院で頚椎ヘルニアの手術をした

右上腕の痛みはなくなったが、

未だに右手の人差し指と中指がしびれており、右手に力が入らない

ヘルニアの影響で仕方がないと・・・

 

自営業をされており、仕事に影響があるそうです

特に肘を伸ばす力が入りにくく物を持ち上げ維持しているのが辛くできない

 

握力計で計ってみるとやはり右が弱い

ちょうど頚椎ヘルニアの手術を行なった辺りの右側の筋力が弱い

右人差し指の痛みの感覚、温度の感覚、振動の感覚が弱い

寝た状態から立つ動きでの脈拍が上がり過ぎる(自律神経活動低下)

首の動きでの違和感はあるが特に気にならない

など

 

施術後、首が楽になり、右手の握力が強くなる

 

本日、2回目の来院

右手は力が入るようになり、少し調子がよさそう

前回の施術後より握力が回復している

手先のしびれも以前のしびれ程ひどくない

以前は何もしない状態でしびれを感じていたが、それが改善している

右人差し指の痛みの感覚、温度の感覚、振動の感覚も改善している

 

顔の右側の触覚が鈍い、右耳で高音が聞き取りにくい

何かひっかかる!

 

何で顔の感覚、聴覚などをチェックしているのかと思われると思いますが、

人間の身体の機能はすべてつながっているので、

何かの改善の糸口がみえるのではないかと考えているため様々な検査をしています

私の頭が良ければそこまで検査が必要ないかもしれませんが、

お付き合いいただけますようよろしくお願いいたしますm(__)m

 

今日の施術前後

盲点検査:丸くて小さい方が大脳皮質の働きが良い

施術前:緑

施術後:赤

患者さんはどれだけ理解されているかわかりませんが、

施術説明を行ない、出来る限り良い身体になっていただければと思います。

 

私自身、自営業をしていると身体が資本、健康な身体の重要性を強く感じます、

現在、特に自身の健康のために身体動作の勉強会に参加しております、

わかりやすく皆さんにお伝えできればと思います。

 

明日、3月17日(土)は身体動作の勉強会のためお休み致します

代わりに18日(日)午前は受付け致します。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

血流障害 盗血症候群 

首の痛み、めまい、しびれ、吐き気、冷感など気を付けなくてはいけないのが血流障害。

 

長い間、右頚部、右肘の痛み、右手先が冷たい、右手で字が書きにくいという方

整形外科で漢方薬を処方されるが改善しない

 

当院での検査では、

手首での左右血圧の差が収縮期20~30mmHg、拡張期10mmHgあり、

常に右側が高い(左側が低い)

病院に行くよう指示したが、症状が軽減したため行っていない

 

それから5か月後、首の痛み、頭痛、眼精疲労で来られる

左右血圧差は同じく収縮期20mmHg~30mmHg右側が高い、右手が冷たい状態

 

再度、循環器病院に行くよう強く指示する

循環器病院に行かれ、血管造影検査で「左腕の方から上に行く血管が80%狭窄している」と言われたそうです

医師「右手が冷たい?おかしいなぁ、左が狭窄しているのに・・・」

 

「鎖骨下動脈盜血症候群」という鎖骨下動脈の狭窄、閉塞による血液の逆流、乱流という症候があります

 

心臓から送らた血液は青い矢印のように上肢、下肢、頭部に送られ、正常な血流を元に脳、神経系が働きます

血流に乱れが起こると脳、神経系の働きに異常が起こります

頭痛、めまい、しびれ、吐き気、首の痛み、筋肉の痛み、強い肩こり・・・など

左鎖骨下動脈が狭窄すると右側に圧力がかかり右の血圧が高く、左の血圧が低くなります

(左右差10mmHg以上は要注意)

左側が詰まってしまうと左腕が冷たくなるでしょうが、狭窄(完全に詰まっていない)なので様々なことが考えられます

人間の身体は、頭で考えられること以上のことが起こりますので、様々な状況を考えないといけません

早い回復を願います。

改めて、左右の血圧差を比較することの重要性を再認識しました。

 

本日も右目の奥が痛む頭痛の方が来られ、

頚部の動きが改善し、血流、神経系の働きがよくなると頭がスッキリしたという方がおられました。

 

原因がはっきりせず、長い間、同じような症状を抱えている方は違った方向から身体を診ることが必要だと思います。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104