眼の動き

当院では眼の状態、動き、反射なども検査させてもらいます

眼の筋肉は人間の筋肉で一番速い動きができると言われています

「眼球運動は脳幹にある運動を制御するセンターの役割が良くわかっている運動である」

「運動を起こす指令と運動そのものの間に介在する要素が少なく記録できる眼球運動に、

中枢での運動指令がかなり直接反映される、そのため、手足の運動に比べて、

運動の制御機構を解析するのに適している。この意味で “眼は心の窓”

とともに “眼球運動は脳の窓” といえるかもしれない。」

-中外医学社 Clinical Neuroscience 眼球運動の生理と病態より-

とあります

 

分かりやすく言うと、

外から入って来た情報を元に

 

脳からの指令により眼が動きます

脳からの指令により手、足、体幹など身体が動きます

 

眼を動かすのも身体を動かすのも脳からの指令

脳から眼

脳から身体

を比べると眼の動きの方が脳の運動指令がダイレクトでわかりやすい

 

ということです

 

 

眼の運動には、

眼を上下左右斜め、寄り眼をする時に動かす6つの外眼筋

外眼筋のゆっくり目標物を追う眼球運動

瞬間的に速く目標物を追う眼球運動

眼に光が入って来る光量を調節したり、近くの物や遠くの物を見るための瞳孔括約筋、瞳孔散大筋

まぶたを上げる上眼瞼挙筋、ミュラー筋

頭を動かした時や身体が動いた時に三半規管、耳石器の働きで視線を維持し、自分の身を守る反射

眼の動きを止めることができるか?

など

 

様々な眼球運動があります

これらを検査することで脳からの運動指令の働きをみていきますが、

眼の動きは人間の筋肉で一番速いので、簡単ではありません

 

しかし、問題をここで発見できると、

慢性痛、ぶりかえす症状、しびれ、不定愁訴、スポーツ障害、自律神経障害、末梢神経障害、

その他様々な改善が期待できると思われます

 

症状を長期でお持ちの方は特に眼の動きに問題がみられることが多いです

 

例えば、

足に力が入らなかった方が素早い眼球運動を少しするだけで力が入ったり

首の痛みの方の三半規管を少し働かせると首の痛みが出なくなったり

眼瞼下垂の手術を進められていた方が施術後まぶたが上がり、眼がパッチリしたり

眼とは離れている膝の屈伸時の痛みが眼の反射や腕の運動でなくなったり

と改善された方がおられます

 

まだまだ未熟ですが、少しでも皆様のお力になれればと思います。

 

10月14日(日)・15日(月)は、

アクティベータ療法の勉強会のため

お休みいたします。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

頭痛 転ぶ

昨年11月に小学3年生が左側の頭痛で来院

 

主訴は、

時々、左目の奥の痛み

10月末くらいから転ぶことがある

最近、視力が悪くなり、眼科で瞳孔を広げる目薬を寝る前に点眼するように言われている

仮性近視の時によく処方される薬で瞳孔を広げる薬、

副交感神経が働き就寝しようとしますが点眼薬は交感神経を働かせます

「眠れる?」「寝られへん」と・・・

 

キックボクシングをしている

 

 

検査をしてみると、中枢神経の異常を示すサインがたくさん出現する

舌を出すように言うと右に変位、左へ出せない

両手を前に出してキープしてもらうが右手がキープ出来ない

右足で立つことが出来ない

首、右半身、右足底に触れると異常な痛み

右半身での筋伸張反射が亢進 & 神経が疲労を起こし反射が持続しない

右目に電気を当てても瞳孔が閉じない

その他いろいろ

キックボクシングは中止してもらう

 

脳神経外科に行ってもらう

Dr曰く

「異常な反射は確かに出ているが、画像検査で何も異常がみつからないので何もできない」

と言われる

 

当院では、神経の反射亢進、神経の疲労などがみられるため、日頃の生活で出来ること、気をつけること、目を休めるためにサングラスやヒモを使ったリハビリ?を指導する

 

12月末、こども病院を紹介してもらい受診する

その頃には筋伸張反射の亢進のみ落ち着いていた

Dr曰く

「右の力が弱いだけちがう」と・・・・・・・・・・・

 

この時点でも、

首を触ると異常な痛みあり、足底を触ると痛む

右目のみ瞳孔が閉じない

右膝蓋腱反射では神経の疲労のためか継続できない

その他の症状も存在していました

 

当院で定期的に身体の状態をチェックさせてもらいようお願いし、

ほぼ検査と指導、少し身体の調整を行なう

その辺りから徐々に回復している様子

 

今年の2月半ばには

右足で立つとふらつく、

右目の瞳孔が閉じない

それ以外は改善していた

 

昨日、9回目の来院で

右足でしっかり立つことが出来るようになっている

右目の瞳孔も閉じるようになっている

頭痛も出なくなったそうである

その他の症状もなくなっている

涙が出そうなくらい嬉しかった

 

この様な状態になった原因はわからない

キックボクシングによる外傷なのかも知れない

その他の原因によるものかも知れない

本人は、キックボクシングを再開したいと言っている。

 

良くも悪くも、いろいろと勉強させてもらいました。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

 

神経のオーバーヒート

昨年、肩こり、首の痛みが出て来た女性

 

整形外科でレントゲン検査の結果、悪いところはなし

飲み薬、シップ、電気治療を受けるが変わらず

 

他の整骨院に数回通う

毎回、首を捻られる

何度目かに首を捻じられた時から首の痛みが増す

さらに腰の痛みも出現する

 

検査をしていると神経が疲労している状態でしたので、

強い刺激での施術は状態を更に悪化させると思われました

今は痛みも改善されました

痛みがある首や腰の関節、筋肉にアプローチしても改善しないと思われる状態でした。

 

昨日来られた80代女性

少しの間イスに座って立ち上がる際に右臀部が痛み、その後数分痛みが続く

 

 

右股関節を支える筋肉に力が入りません

右足の感覚(中趾を触っても薬趾と答える)が鈍く、右足だけで立つことがしにくい

この方も神経の疲労がみられ、出来るだけ弱い刺激の施術を選択

聴力の左右差、顔面筋運動の左右差がみられ的を絞って

音叉のみでの施術&足趾を動かしてもらうように行なうと症状は改善されました。

 

これらのように神経系が疲労を起こしている状態の方は結構いらっしゃいます

その場合、強い刺激での施術は気をつけないといけません

 

当院では、今の状態を出来るだけ把握するために様々な検査を行ないベストと思われる

方法を考えて施術を行ないます。

なかには「これだけ?」と思われる方がいらっしゃるかも知れませんが、

今の状態と施術の意味を説明させてもらうようにしています。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

体調不良 東洋医学治療 神経学検査 

三寒四温とはよく言ったもので、寒暖差が激しく体調を崩しやすい時期です。

 

実は私自身の体調が優れない状態が続いておりました

元気だけがとりえなのですが・・・

 

身体がシャキッとしない、唇がひどく荒れる、食欲の亢進、頭熱足寒(足が冷える)など

鍼灸の先生に診てもらうと、「瘀血」といういわゆる血流障害

食事、飲み物など普段の生活の見直しを行なう

 

東洋医学治療を受けながら、素晴らしい治療だなぁ~と

治療を受けながら質問責めをしてしまう!

質問に対してしっかり説明を受けると安心、信頼感を受けた

 

一般の方が「接骨院」「鍼灸院」「カイロプラクティック」「整体」など

どのように選択するのだろう?

 

こういう仕事をしていると施術者のレベルの違いは施術を受けるとわかる

素晴らしい施術をしてくれるとこもあれば、悲しくなるところもある

治る、治らないで判断するのではない

料金で判断するのではない

流行っている、流行っていないで判断するのでもない

 

信頼できる施術者はどんな質問にも答えてくれる

最低限、よく勉強している施術者でないと診てもらおうとは思わない

自分の身体の状態を知ることが改善の第一歩

 

それから2日後

神経学の勉強をされている東京の先生が施術を受けに当院に来てくださいました。

 

私が神経学検査をしていると「新鮮ですねぇ~」と

私も同じですが、普段、神経学検査をしても、してもらう機会がほとんどないため

患者さんはこのように検査を受けているのだなぁと体感できるのでいい経験なのです

 

いい機会なので、お願いをして私もみてもらいました

本当に「新鮮です(^^)」

神経学検査をしてもらうと結構疲労が蓄積していたのでしょう

呼吸は浅く、大脳の働きも低下しているようでした

強い刺激は入力しない方が良いのでと、軽い刺激のみでの施術でした

本日、2日経ち、身体が回復しています

 

 

K先生は私の体調不良を知っていて来てくださったのではと・・・

本当に感謝いたしますm(__)m

晩ご飯を制限して、胃腸を休めるようにしています

元気がとりえの自分に戻れそうです(^-^)

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

知らない間にぶつける

気が付けば内出血?

いつぶつけたのだろう?

そんなことありませんか?

 

大脳には左右の空間を認識する働きがあり、

脳・神経系の働きが低下すると、

空間の認識能力が低下し、

知らない間に足や腕、肩をぶつけてしまうことがあります

 

よく知られていることは、

脳梗塞を起こし半側の空間がわからない半側空間無視という状態があります

右大脳の脳梗塞による左半側空間無視が多いようです

当院に来られている方にもそのような状態の方がおられます

脳梗塞という病態になっていなくても脳の働きの低下でも似たような症状がみられることがあります

 

左顎の辺りにヘルペス(帯状疱疹)ができ塗り薬を使用していた

いずれ、左半身をぶつけた痕がある(腕、足)

両膝の痛み、左足がよくつる、胸がムカムカする

など様々な症状を抱えた方

 

検査では、顕著な左右差として、

左顔面&左頚部の痛みの感覚が鈍い

左耳からの音が小さく聞こえる(右耳と比較)

 

施術後は左顔面の痛み感覚の鈍さのみ残る状態になり、

身体の動きも良くなったように感じます

 

知らない間に腕、肩、膝、すね などにぶつけた痕がある方

体調が優れないなぁと感じていませんか?

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

症状の原因

胸が苦しいという症状で来られた方

肩こりがひどく、様々な首の動きで張り感、痛みなど・・・

耳鳴りもひどくなってきた60代女性

 

月2回ペース、5回の施術で症状自体は無くなり、

今は月1回ペースで来られている

 

症状は特に無いが検査をしてみると

神経機能のアンバランスがぶり返す?

 

目の盲点の大きさを測る検査(大脳の左右の機能検査)

施術前:青

施術後:赤

 

普段の生活、動き、働きが低下している身体の改善指導など

症状の原因を特定することは簡単なことではありません!

定期的に来られていると今までの検査データを元に何が弱いのか?

どのようなことをすれば元気な身体を手にすることが出来るのか?

少しみえて来ます。

 

この方は、

長年、素材にこだわったケーキ屋さんを経営されています。

最近では、コンビニなどがたくさん出来、何でも簡単に済ませてしまう傾向にあります。

 

 

12月、クリスマス、年末はケーキ屋さんにとっては1年で一番忙しく、

朝早くから下ごしらえをしたり、買い出しに行ったり、忙しい時はほぼ徹夜での作業もあったり、

また、普段は週1回の休日は買い出し、休日でしか出来ないことをしたりと、

連休なし、旅行も行けなく、行っても日帰り、

ほぼ休みなしで何十年と過ごして来られました。

 

よく見かける1時間〇〇〇円のほぐし屋さんの話になり、

肩こりやしんどい時は行かれるのですか?とお聞きすると、

「いいえ行きません、仕事を休むことが出来なく、休みの時間がもったいないので、身体が辛くなった時は、ちゃんとみてくれるとこでないと」と言われました。

 

元気な身体で頑張っていただきたいです。

 

年末は30日(土)の午前まで受付け

年始は1月5日(金)から受付け致します。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

眼精疲労 

眼精疲労を訴える方が多いですねぇ

 

休息をとれば回復するのは「疲れ目」

 

休息をとってもめの痛み、かすみ、充血、眩しさ、頭痛、肩こり、

めまいなどが出たり、ぶり返したりするのは「眼精疲労」

 

当院では、目に光を入れて目の働きをみる検査をします

目に光を当てると眩しいので瞳孔を狭くし光が入る量を少なくして、その状態を維持しようとします

 

しかし、神経が疲労を起こしていると、

瞳孔の動く速さが速すぎる又は遅い!

瞳孔が狭い状態を維持できない!

ひどければ瞳孔がまったく動かない!

目に光が入ると痛い!

目に光が入ると異常に眩しい!

 

この様な状態では様々な身体の不具合が考えられ

非常によくないのです!

この様な状態が継続されると

もっと非常によくないのです!!!

 

 

眼精疲労を引き起こす原因は?

パソコン、タブレット、スマホなど

画面の近くでの作業が多いことはみなさんご存知だと思います

 

近くを見る時、身体を落ち着かす

副交感神経が働き毛様体筋を収縮させ水晶体(レンズ)を厚くして近くを見る!

 

遠くを見る時、身体を興奮させる

交感神経が働き毛様体筋を緩め水晶体(レンズ)を薄くして遠くを見る!

 

この様な働きは野生の動物が獲物を捕らえる時、

又、逃げる時を想像するとわかると思います

 

仕事でパソコン作業を行なっている時は交感神経が働き身体を活動的に動かしながら

目は副交感神経を働かして近くを見続けているという身体と目の動きが反対に働き、

神経の働きに矛盾が生じています

このような状態が長時間続くと自律神経(交感神経と副交感神経)が疲れてしまいます。

 

仕事はしないといけませんので「パソコンやめた!」って出来ません!

 

今の自律神経の働きをチェックし、神経バランスを整え、

 

 

パソコン、タブレット、スマホの画面を長時間見続けることを避け

適当に時間を決めて目を休ませ自律神経の過剰な疲労を与えないようにすることを

おすすめ致します。

 

当院に置いてある本(2は「超実践編」です)

何人かの方が読まれましたが、みなさん

「良いことがたくさん書かれてありますねぇ!」

と好評です。

当院で貸し出されて読み、本屋さんに行って購入された方もおられます

 

是非一度読んでみて下さい。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

神経の疲労

2か月前に右膝が痛くなり、整形外科を受診された70代女性

レントゲン、MRI検査の結果「脊柱管狭窄症」と言われ

投薬(痛み止め薬を併用)&マッサージを受ける

右臀部に注射をした晩から右臀部が痛く眠れない

2日後、ご家族のすすめで来院される。

 

右脚は痛くて全方向の力が入らない

目に光を当て瞳孔の働きをみたり、筋肉の反射検査などを行なうと

神経がかなり疲労している状態がみられました。

筋肉は瞬時に反応するが、

すぐに疲れてしまい反応を維持できない

またすぐに反応しなくなってくる

こんな神経の疲労状態では強い刺激は絶対ダメ

神経の疲労を回復させるためには酸素が必要

施術は呼吸改善を目的に行ない、今することは何かを説明し

自宅での呼吸法をお願いしました。

 

3日後、来院

呼吸法をしっかり行ったそうです

右臀部の痛みはかなり改善したが、右下腿部外側の痛みに変わったそうです

右臀部の痛みが改善したので力も入ります

 

右踵を上げてのつま先歩行がしづらく(力が入りにくい)

右アキレス腱の反射が弱い

右足底の痛覚が過敏

施術後、右アキレス腱反射はまだ弱いが力が入り、痛覚過敏は改善し、右下腿部の痛みも減少しました。

 

患者さんは早く治したいのでいろんな治療、施術、マッサージなどを求めます

 

このような神経の状態になっていると強い刺激や長時間の刺激を与えると

どんどん神経の疲労がひどくなり、痛みを強くしたり広げたり

その痛みに対して更に投薬や、刺激を与えると

痛みを強固にするという悪循環に陥ってしまいます。

 

施術をしないという選択を患者さんに説明をすることの大事さを改めて認識しましたし

また、このような神経の疲労を起こしながら悪循環に陥っている方も多いと思います。

治療、施術を受けているが全然良くならない方、やめて呼吸改善をすると変化があるかも知れませんよ。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104