眼精疲労 

眼精疲労を訴える方が多いですねぇ

 

休息をとれば回復するのは「疲れ目」

 

休息をとってもめの痛み、かすみ、充血、眩しさ、頭痛、肩こり、

めまいなどが出たり、ぶり返したりするのは「眼精疲労」

 

当院では、目に光を入れて目の働きをみる検査をします

目に光を当てると眩しいので瞳孔を狭くし光が入る量を少なくして、その状態を維持しようとします

 

しかし、神経が疲労を起こしていると、

瞳孔の動く速さが速すぎる又は遅い!

瞳孔が狭い状態を維持できない!

ひどければ瞳孔がまったく動かない!

目に光が入ると痛い!

目に光が入ると異常に眩しい!

 

この様な状態では様々な身体の不具合が考えられ

非常によくないのです!

この様な状態が継続されると

もっと非常によくないのです!!!

 

 

眼精疲労を引き起こす原因は?

パソコン、タブレット、スマホなど

画面の近くでの作業が多いことはみなさんご存知だと思います

近くを見る時、身体を落ち着かす

副交感神経が働き毛様体筋を収縮させ水晶体(レンズ)を厚くして近くを見る!

 

遠くを見る時、身体を興奮させる

交感神経が働き毛様体筋を緩め水晶体(レンズ)を薄くして遠くを見る!

 

この様な働きは野生の動物が獲物を捕らえる時、

又、逃げる時を想像するとわかると思います

 

仕事でパソコン作業を行なっている時は交感神経が働き身体を活動的に動かしながら

目は副交感神経を働かして近くを見続けているという身体と目の動きが反対に働き、

神経の働きに矛盾が生じています

このような状態が長時間続くと自律神経(交感神経と副交感神経)が疲れてしまいます。

 

仕事はしないといけませんので「パソコンやめた!」って出来ません!

 

今の自律神経の働きをチェックし、神経バランスを整え、

 

 

パソコン、タブレット、スマホの画面を長時間見続けることを避け

適当に時間を決めて目を休ませ自律神経の過剰な疲労を与えないようにすることを

おすすめ致します。

 

当院に置いてある本(2は「超実践編」です)

何人かの方が読まれましたが、みなさん

「良いことがたくさん書かれてありますねぇ!」

と好評です。

当院で貸し出されて読み、本屋さんに行って購入された方もおられます

 

是非一度読んでみて下さい。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

有痛性外脛骨 アクティベータ療法

足の内側部が痛む「有痛性外脛骨」と言われるスポーツ障害があります。

足の内側部に舟状骨という骨があり、そこには足のアーチを作る働きである後脛骨筋という筋肉が付着していますが、

レントゲンを撮ってみると舟状骨の部分に種子骨(過剰な骨?)である「外脛骨」という骨がみられる方がおられます。

一般的に15%くらいの方にあると言われていますが足のレントゲン検査を受ける頻度を考えるとどれくらいの方に「外脛骨」があるのかわかりません!

「外脛骨」があっても痛みがなければ治療の必要はありません!

 

一般的に言われていることとして

 

痛みが出ると考えられていることは、

捻挫

繰り返される後脛骨筋の引っ張り

偏平足

靴の圧迫

など

 

治療法として、

安静

アイシング、シップ

ストレッチ

足底板(アーチパッド)

 

再発すれば、

手術

 

手術後、「外脛骨」は無くなったのに、また痛みが・・・???

ということも良くあります。

手術の際、麻酔薬を使います、

筋肉の緊張による痛みであれば麻酔薬で筋肉の緊張がとれ痛みも取れます

しかし、原因が残っていればまた筋肉が緊張を起こし痛みが出て来ます。

 

右足の裏の内側が痛いサッカー部の中学生

整形外科で、レントゲン検査で外脛骨があり、痛みがあるので「有痛性外脛骨」と診断される

リハビリを受けながら、シップを常に貼り、サッカーをしている

次第に両膝も痛みが出て来た

歩行で足の裏の内側が痛む

 

最初の痛みから3週間後に当院に来院される

アクティベータ療法で全身及び足の調整すると、神経、筋肉、関節のバランスが整うと、

両膝の痛み、歩行での痛みは無くなりました(外脛骨部を押した時の痛みは残る)

 

1か月後に来られる

施術後、数日は痛みがなくサッカーをしていた

しかし、徐々に痛みが出て来ます

アクティベータ療法で調整すると、神経、筋肉、関節のバランスが整い、痛みは軽減します。

 

注意)アクティベータ器を使うことがアクティベータ療法ではありません!

ここで言うアクティベータ療法とは、

正規の教育を受け認定試験に合格し毎年セミナーに参加し勉強し続ける者が行なう療法です

アクティベータ療法認定者(兵庫県では6名)

 

 

最近のシューズは性能が良く、そのおかげで身体をしっかり動かせていないことが多いです

足の指のエクササイズをお願いしました。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

アクティベータ療法セミナー

16日(月)はお休みをいただき、

15日、16日の2日間アクティベータ療法のセミナーに行って来ました。

雨の東京

雨の新橋

セミナー前に「運慶展」を目指して

上野の東京国立博物館へ

日曜日で来場者が多く待ち時間で断念しました。

 

上野動物園前のスターバックス

 

アメ横を歩きながら

秋葉原まで

AKBのお店

スカートを履いたおじさんを横目に散策(^^;

お昼ごはんを有楽町で

体調万全でセミナー後の懇親会

楽しく、飲み過ぎ、

2日目は予定通り二日酔いに(^^;

しっかり飲んで、しっかり楽しんで、しっかり学んで来ました。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

アクティベータ療法 スポーツ障害

当院のメインであるアクティベータ療法の凄い効果!

 

3週続けて日曜日の朝に10㎞ランニング!

毎回、走り始めに右臀部が張り( ̄▽ ̄)

次第に左膝裏に張り、少々痛みが出だす(°_°)

10㎞走り終わると左膝裏の痛みでしゃがめない(≧∇≦)

当然、正坐出来ない!

そのうち歩行で左膝裏に痛みが出だす(( _ _ ))..zzzZZ

安全なところで目を閉じて走ると左に寄って行く(マネしないように)

本日の朝は痛みで走れない。

という状態でした。

 

アクティベータ療法をされている加古川の先生にお願いしました。

左膝をこのように曲げ、膝から下(下腿)の重さをキープするだけで左膝裏が痛む!

しゃがむと…

この角度で左膝裏に激痛、左脚に体重をかける事が出来ません(≧∇≦)

久しぶりの激痛です。

 

以前は、顎の痛みを放置していると、激痛になり、そのうち口が開かなくなり、食事が出来なくなり、神戸のアクティベータ療法の先生にみていただき施術後徐々に改善し、2週間後には痛みが完全になくなった事がありました。

 

普段は施術する側ですが、施術していただき体感することは非常に得るものが多いのです。

アクティベータ療法で全身の神経バランス&左股関節、左膝、左足首&トリガーポイントで施術する事20分弱。

激痛 ➡️ 8割改善(^。^)

正坐も出来、痛みもほんの少しに(^_^)

改めてアクティベータ療法の素晴らしさを実感しました。

痛みを放置していたので、また1週間後に予約して帰って来ました。

 

ここでのアクティベータ療法とは、アクティベータ器(パチパチする器具)を使った施術全般ではありません!

アメリカにある本部公認のセミナーで認定を受けている方が行なう施術のことです。

たまに患者さんが、アクティベータ器を見て「これ○○で使っていました」と言われることがありますがありますが、アクティベータ器を購入することはできるのですが違う目的で使われていることが多いのです。

因みに兵庫県のアクティベータ療法認定者は最低でも120時間以上のセミナーを受講しています。

 

ご自身の大事な身体、

よく勉強されている方、

質問に答えてもらえる方、

今の状態を説明してもらえる方、

やさしい方、

にみてもらって下さい。

 

良くなって思う事!

何で我慢してたんやろ⁉️

痛みを我慢してるとずっと患部が気になっている❗️

この状態が続いて慢性化すると、

痛み👉ストレス👉痛みを記憶👉更にストレス👉痛みばかり気になる👉気分の落ち込み👉楽しくない………

という悪循環に(´-`).。oO

 

不快感は無い方がいいですね❗️

 

明日から自分も良い施術が出来そうです(^_^)

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎️079-492-7104