身体のメンテナンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

気温が上がって来ましたねぇ

外で少し用事をするだけで汗が出てくる時期になりました。

 

昨日、お電話で、

「体調はいいのですが、前回から1か月経ちましたが、みていただいた方がいいですか?」

とお問い合わせがありました

以前、1か月ほど腰痛、膝痛があった方で、最近はこのような痛みはありません

当院では、身体のメンテナンスは、いろいろな面で良いと思いおすすめしていますが、

最終的にはご自身のことなのでとお伝えしております

 

予約をされ

本日、来院されましたが、特に痛みや不具合は感じていません

検査をしていくと、

まぶたが落ちている

左右の瞳孔の大きさ、動きの違い

左右での音の響きの違い

など

普段の生活では気にするほどの障害にもならないことですが、

目、耳が身体の不調を表しています

 

当院は病院ではないので病気をみつけるのではなく、

機能(働き)が低下し、健康を害する要素を早く見つけ、

ご自身の今の状態を知っていただく、

身体の生命力を上げる、

できれば病気にならないように予防する、

健康な身体作りを目指します

 

私自身も月に1度程度、知り合いの先生とお互いに身体のチェック、施術を行なっております

その時の知り合いの先生の血圧に左右差がみられました

施術前

左右の上の血圧に目が行き、「高い、低い」と思われる方が多いのではないでしょうか?

上の値から下の値を引いた数値(脈圧)が血管の硬さを表していたり、

脈拍の左右差なども乱れがあることが予想できます

 

 

施術後は

ほぼ同じになりました

 

数値が落ち着くと気分も良くなります

 

 

先日、TVで血圧を左右同時に計ることで動脈硬化を発見できたと放送されていました

左右の血圧、脈拍が違う状態が何か月、何年、何十年と続くと、

血液が流れる血管

血液を送るポンプ役の心臓

血液を大量に必要とする脳

血液が栄養する臓器、神経、皮膚など

影響が出てきても不思議ではありません

 

以前、腰痛で来られた方で左手、左足だけが乾燥し、

肌荒れで困っていらっしゃる方がおられました

特に左手足だけ特別なことはしていないのに何故?と思われていたそうです

腰痛の改善とともに肌荒れも少しずつ良くなっていき約2か月後には肌荒れが改善されていました

 

 

当院では、5年前から血圧測定は必ず左右同時に計測しています

「左右同時に血圧なんか計ったことないわ」とよく言われます

血圧測定は左右同時に計測することで危険な状態を早く見つかることがあります

 

危険な病気などが疑われる場合は、医療機関に行っていただくようお願いします

これまで

動脈硬化が結構進行していた方や、

血管が8~9割狭窄しており手術をされた方、

不整脈など心臓疾患がみつかった方

などがおられました

 

血圧測定は左右同時に計測が当たり前と言われるようになるといいと思います

 

家の外壁や屋根は10年で点検、修理

自動車は6か月点検、1年点検、車両点検

など行なうのが常識です

身体では病気をみつける検査は行われていても、

病気を予防する身体の働きの検査はほとんど行われていません

 

たまには身体の働きをチェックしましょう

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です