低体温 冷え性

暖かい季節になりましたが、暖房器具、重ね着など冬と同じような生活をされている方がおられます。

先日、月に1~2回来られている方が、

施術後に「あ~気持ちいい、身体が温かい」と仰っていました。

自律神経の乱れが改善すると、自分の身体で体温を良い状態にする働き(恒常性)が活性します。

 

この方は普段の平熱が35度台で時に34度台の時もあったそうです。

お持ちであった慢性症状は、難聴、聴覚過敏、不眠、冷え性、ドライアイ、閃輝暗点(偏頭痛前の徴候)、ハードな肩こり、・・・・・などなど

 

冷え性なので、お風呂の湯舟に10分を2回つかるが風呂上りにはすぐに身体が冷えてきます???

就寝時には、電気毛布、電気あんかをされています???

身体の外から過剰に温めると身体が熱を発する機能が弱ってしまい、低体温を強めてしまうこともあります。

 

このような生活を見直し、月1~2回の身体のメンテナンスを受けられ、慢性的な症状も減り、平熱も少し上がって来たそうです。

 

 

低体温になると、

身体の抵抗力が低下し、病気になりやすかったり、病気が治らなかったり、

代謝量が低下し、太りやすくなったり、肌荒れを起こしたり、便秘だったり、

血流が悪くなり、頭痛、腰痛、肩こりなど慢性痛を起こしたり、自律神経を乱したり、ホルモンバランスを崩したり、

様々な身体のトラブルが起こります。

 

意外に思われるかも知れませんが、生活の見直し、食生活の改善など、基本的な問題をしっかりすることで身体が改善するものなのです!

 

よく耳にする話では、

何十万円もする電気の流れるイス?、赤外線○○寝具?、家庭治療器?を購入したが良くならずもう使っていないとか、使った方がいいと言われ使い続けているとか・・・

健康グッズや寝具など販売する側は商品の良いこと???しかアピールしません!

みなさん身体の状態が違いますので、万人に良いことはありません!

そんなに都合の良い商品はないと思って疑って下さい!

たまにそれが良かったという方がいたりしますが・・・

 

まずは、基本から。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104