血流障害 盗血症候群 

首の痛み、めまい、しびれ、吐き気、冷感など気を付けなくてはいけないのが血流障害。

 

長い間、右頚部、右肘の痛み、右手先が冷たい、右手で字が書きにくいという方

整形外科で漢方薬を処方されるが改善しない

 

当院での検査では、

手首での左右血圧の差が収縮期20~30mmHg、拡張期10mmHgあり、

常に右側が高い(左側が低い)

病院に行くよう指示したが、症状が軽減したため行っていない

 

それから5か月後、首の痛み、頭痛、眼精疲労で来られる

左右血圧差は同じく収縮期20mmHg~30mmHg右側が高い、右手が冷たい状態

 

再度、循環器病院に行くよう強く指示する

循環器病院に行かれ、血管造影検査で「左腕の方から上に行く血管が80%狭窄している」と言われたそうです

医師「右手が冷たい?おかしいなぁ、左が狭窄しているのに・・・」

 

「鎖骨下動脈盜血症候群」という鎖骨下動脈の狭窄、閉塞による血液の逆流、乱流という症候があります

 

心臓から送らた血液は青い矢印のように上肢、下肢、頭部に送られ、正常な血流を元に脳、神経系が働きます

血流に乱れが起こると脳、神経系の働きに異常が起こります

頭痛、めまい、しびれ、吐き気、首の痛み、筋肉の痛み、強い肩こり・・・など

左鎖骨下動脈が狭窄すると右側に圧力がかかり右の血圧が高く、左の血圧が低くなります

(左右差10mmHg以上は要注意)

左側が詰まってしまうと左腕が冷たくなるでしょうが、狭窄(完全に詰まっていない)なので様々なことが考えられます

人間の身体は、頭で考えられること以上のことが起こりますので、様々な状況を考えないといけません

早い回復を願います。

改めて、左右の血圧差を比較することの重要性を再認識しました。

 

本日も右目の奥が痛む頭痛の方が来られ、

頚部の動きが改善し、血流、神経系の働きがよくなると頭がスッキリしたという方がおられました。

 

原因がはっきりせず、長い間、同じような症状を抱えている方は違った方向から身体を診ることが必要だと思います。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

前庭神経炎の後、ふわふわする

めまいにもいろいろあります

身体の平衡感覚をつかさどっている前庭神経

風邪などのウィルス感染や血行障害によって、

前庭神経が正常に働かなくなり突然グルグル回る

「前庭神経炎」というめまいがあります

原因ははっきりせず不明なのが多いようです。

 

病院では、めまいの症状を改善させる薬や、

ステロイド薬での治療が主流です

しかし、めまいやフワフワする症状が長期に渡り残ることもあります。

 

3年前に突然めまいになり「前庭神経炎」と診断された40代女性(左右は不明)

病院で治療を受け、治癒しましたと言われ、その後のリハビリなどもなし。

 

「前庭神経炎」は治癒したが、

以降フワフワして外出が出来ない状態が続く、

産婦人科を受診した際にその状態を相談すると「更年期障害」と言われ

漢方薬と安定剤を処方される。

 

最近になって(約3年)少し外出できるときは仕事に行くようにしているが、

フワフワするため気分よく仕事が出来なかったり、休むことが多いそうで、

同じ職場の方からの紹介で当院に来られる。

 

当院の昇降ベッドに寝てもらい上げていくと

フワフワして気分が悪くなります

また、顔を右に向けると嫌な感じがします

 

平衡バランスが崩れている状態、弱っている神経の働きを強くする目的で、

施術&自宅でのエクササイズをお願いしました

10日置きに3回の施術&自宅エクササイズを頑張ってもらいましたが、

その後来院されなく、体調が悪いのかな?と心配していました。

 

約1か月後に来られました

本人曰く「元気になりました」

「ほとんどフワフワしなくなりました」

「仕事も毎日行っています」

昇降ベッドも全く大丈夫になっていました。

 

人の身体の治そうとする力は本当に凄いなぁと思いました

3年もの長い間しんどかったと思います

本当に良かったです。

このような出来事があるとまた更に頑張れます。

 

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

フラフラする めまい?

階段を上る時に右に右にバランスが崩れるという方。

めまい?

患者さんの視線を固定しにくくし、こちらからは眼が良く見える眼鏡を使い、

頭の位置、傾きなどで眼が揺れるかどうかの検査を行なうが問題なし。

 

眼を閉じて足踏み検査を行なうと左に回っていきます!

階段を上がる時の状態(頭を下に向ける)と、右に右にバランスが崩れます。

反対に頭を上げてこの検査を行なうと、今度は左にバランスが崩れます。

三半規管のバランスを整えるように眼の運動、首の運動を行なうと、検査は良くなりました。

実際に階段を上がってもらいましたが、大丈夫そうです。

 

しかし、なぜ三半規管のバランスが崩れたのか?です。

 

また、年輩の方でフラフラ感&右肩、右膝が急に痛くなった方。

年輩の方々の集まりで「みなさんで前の人の肩をもみましょう!」と・・・・

肩が痛かったけど我慢していたそうです、言えなかったそうです(-_-;)

それから、その直後に右肩、右膝?が痛くなったそうです。

経絡(気の流れ)、感情、内臓、神経、筋肉、関節、ホルモンなど、

いろいろなことが影響します。

この方もフラフラ感、三半規管のアンバランスがみられました。

眼を閉じて足踏みの検査では後ろにバランスを崩しており、こういうのを見逃すと普段の生活で後ろに転倒して、大きなケガを起こす可能性があるので、要注意です。

 

肩を揉む、肩を叩く、みんなが好きではありません!

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

強烈なめまいの後 不安感

昨年11月と今年2月にめまい、嘔吐で救急で病院に行かれた方。

10年以上前から脳下垂体肥大がある。

それぞれMRI,CTの検査を受けるが原因ははっきりしない!

メニエール病でもない!

可能性として、脳下垂体肥大(3cm)の手術をすすめられるが、できればしたくない。

現在はめまいは全くないが、頭を揺らすとめまいが起こるのではないか?と不安な様子。

脳下垂体腫瘍が大きくなると、ホルモン異常、視力障害、頭痛など、めまいも考えられます。

現在、中枢神経症状、耳鳴り、難聴、眼振(眼の揺れ)など特に目立つ症状はなし、薬も一切服用していない。

めまいの時、横で支えてもらっていたそうだが右に右に傾こうとしたそうです!

 

神経系のアンバランスは様々ありましたが、

特に寝ている時の緊張が強い!

寝ているとめまいが起こるのではないかと不安が強いそうです。

また、寝た状態から立つとふらつきます!

ストレスに対する抵抗性が弱い状態。

2回も強烈なめまいを体験するとこのような状態になってもおかしくありません。

 

神経バランス調整をすると、寝ている時の緊張、寝た時から立つ時のふらつきはなくなりました。

現在、めまい症状は出ていないので身体のバランス調整で不安感が少しでも減少し、ストレスに対する抵抗性が増し、改善していくことを願います。

施術後は身体が軽くなったと笑顔が見れました。

次回まで良い状態が継続していることを願います。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104