眼の動き

当院では眼の状態、動き、反射なども検査させてもらいます

眼の筋肉は人間の筋肉で一番速い動きができると言われています

「眼球運動は脳幹にある運動を制御するセンターの役割が良くわかっている運動である」

「運動を起こす指令と運動そのものの間に介在する要素が少なく記録できる眼球運動に、

中枢での運動指令がかなり直接反映される、そのため、手足の運動に比べて、

運動の制御機構を解析するのに適している。この意味で “眼は心の窓”

とともに “眼球運動は脳の窓” といえるかもしれない。」

-中外医学社 Clinical Neuroscience 眼球運動の生理と病態より-

とあります

 

分かりやすく言うと、

外から入って来た情報を元に

 

脳からの指令により眼が動きます

脳からの指令により手、足、体幹など身体が動きます

 

眼を動かすのも身体を動かすのも脳からの指令

脳から眼

脳から身体

を比べると眼の動きの方が脳の運動指令がダイレクトでわかりやすい

 

ということです

 

 

眼の運動には、

眼を上下左右斜め、寄り眼をする時に動かす6つの外眼筋

外眼筋のゆっくり目標物を追う眼球運動

瞬間的に速く目標物を追う眼球運動

眼に光が入って来る光量を調節したり、近くの物や遠くの物を見るための瞳孔括約筋、瞳孔散大筋

まぶたを上げる上眼瞼挙筋、ミュラー筋

頭を動かした時や身体が動いた時に三半規管、耳石器の働きで視線を維持し、自分の身を守る反射

眼の動きを止めることができるか?

など

 

様々な眼球運動があります

これらを検査することで脳からの運動指令の働きをみていきますが、

眼の動きは人間の筋肉で一番速いので、簡単ではありません

 

しかし、問題をここで発見できると、

慢性痛、ぶりかえす症状、しびれ、不定愁訴、スポーツ障害、自律神経障害、末梢神経障害、

その他様々な改善が期待できると思われます

 

症状を長期でお持ちの方は特に眼の動きに問題がみられることが多いです

 

例えば、

足に力が入らなかった方が素早い眼球運動を少しするだけで力が入ったり

首の痛みの方の三半規管を少し働かせると首の痛みが出なくなったり

眼瞼下垂の手術を進められていた方が施術後まぶたが上がり、眼がパッチリしたり

眼とは離れている膝の屈伸時の痛みが眼の反射や腕の運動でなくなったり

と改善された方がおられます

 

まだまだ未熟ですが、少しでも皆様のお力になれればと思います。

 

10月14日(日)・15日(月)は、

アクティベータ療法の勉強会のため

お休みいたします。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

めまい

私事ですが、

昨日の早朝にめまいで目が覚める

めまいの夢なのか?本当にめまいが起きているのか?錯乱状態でした???

身体を起こしていると少し落ち着いてくる

もう一度眠ろうと思い仰向けに寝るとフワフワ?回転?

よくわからないがめまい感のため眠れなかった

 

今年は以前に2回めまいが起こり自分で対処後改善していた

 

今回は病院で検査をしてもらうことに

人生初のMRI・MRAを体験

耳栓、頭を固定、頭を覆うヘッドギヤみたいなもの、暗い狭い空間で、

ガンガン・ピーピー・ドンドン・カチカチ・・・・・・

あんまり気持ちいいものではありませんでした

 

脳、血管に異常は認められず一安心でした

 

 

 

検査前にいろいろ不安はありましたが、

検査後の安心感を得るためにも価値ある検査だと思いました

 

この日は仕事を休ませていただきゆっくりしていましたが、

夜中に、やはりめまいが起こりました

右を下に寝ると目が回り少しすると落ち着く状態でした

布団の上で耳の平衡器官をイメージしながらコロコロ転がるとめまい症状はなくなり

朝は何もなかったように普通に起きることができ

今は少ししんどさが残る程度で大丈夫です

 

昨日の病院での受診時

同じくらいの年齢の方が2人おられ

同じように受診→画像検査→検査結果

見ていた感じでは、頭痛、めまいなどの症状かな?

 

私と同じように

「脳に梗塞、出血、腫瘍などが無いか調べてみましたが問題ありません」

「血管に詰まり、動脈瘤などがないか調べてみましたがこれも問題ありません」

といった2~3分程の受診でした

このように受診される方が多いのだろうなと感じました

 

このような経験はあまりしたくはありませんが

患者さんのためにも価値ある経験だったと思います

 

三半規管、耳石器を強くする運動をしようと思います

 

やはり健康が一番

元気があれば何でも出来る。

 

10月14日(日)・15日(月)は

アクティベータ療法の勉強会のため

お休みいたします。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

乗り物酔い

「乗り物酔い」

しやすいですか?

へっちゃらですか?

旅行は楽しみだが、道中の乗り物酔いが不安な方は多いのではないでしょうか?

私自身も昔はよく乗り物酔いをしていました

バス、タクシー、船

 

しかし、自分で運転する自動車では酔ったことがないです???

同じ乗り物なのに不思議ですねぇ~

運転すると大丈夫だが、乗せてもらうと酔う

 

自分が運転しているところをイメージしてハンドル持って右折してみてください!

頭、上半身はどうしてますか?

右に傾いていませんか?

 

遠心力で身体が左に振られるのを知っているので遠心力の中心に向かって身体を向け、

無意識に遠心力が強くかからないようにしています

 

一方、右折することを知らない人(乗客)は急に右折されると遠心力によって左に振り回されます

遠心力によって何度も振り回されると平衡感覚の調整をしている半規管、耳石器に、

その方にとって過剰な刺激となると平衡感覚の調整が出来なくなり乗り物酔い状態になります

予防として、

①進行方向を見て曲がる方向に身体、頭を傾け、遠心力の受け方を弱める!

②平衡感覚器を鍛える!

船乗り、バスガイドなど慣れた方は乗り物酔いをしないのは平衡感覚器が強い

 

しかし、平衡感覚器の働きは脳、神経系の機能がおかしくなっていることも多いので、

神経のバランスをチェックする必要があります

ご参考に。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

めまい

先日の早朝、母(82歳)の悲鳴が???

 

急いで母の元へ行くと

就寝時にめまいが起こり吐き気が酷い状態

 

しゃべることはでき、手の動きなどもしっかり動く

普段から小脳運動検査をしているので体調が悪くても私の言うことを理解して動かしてくれる

耳はしっかり聞こえるが、昨晩に大きな耳鳴りがしたそう

頭が左に向いている状態、目をあけると目が横方向にガンガン揺れている(速い左眼振)

体勢を変えた時に頭が右に向き、目をあけると先程と同じ横方向に揺れる(遅い左眼振)

こんなにハッキリとした眼振はYouTubeでしか見たことがない

末梢性のめまいの可能性と感じ少しは安心したが、あくまで可能性

 

急性なので血管性、炎症性など調べる必要があり

酷いめまいが周期的に襲ってくるため119番

状況を救急隊員に説明した

 

めまい患者の自動車搬送は半規管、耳石器を刺激するので大変だなぁと思う

先日、私自身も回転性のめまいになり、頭がゆれと同時に強烈な吐き気を体感しているので母の気持ちがわかった

幸い近くの病院に搬送された

 

検査の結果

脳の動脈硬化はあるが重篤な問題はなさそう、

「耳からの回転性めまい」と診断を受け点滴にて輸液をしてもらうと

2~3時間程度でめまいは落ち着いた

2日間経過観察していただき退院

 

元気な姿、笑顔を見るとほっとします

健康な身体が一番です。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

当院では施術時間を40~50分いただきます

 

 

 

土台

身体が弱った状態で過剰なストレスを受けると身体にダメージを負ってしまいます

土台がしっかりしていないと自己治癒力が働きません!

 

人は立っている姿は足(下)が土台ですが、

人の機能(働き)の土台は脳・脊髄(上)です

人の発達は上から下、内から外へ

生命の土台である脳、首が安定しないと身体が崩れてしまいます

 

首は脳と身体を結ぶ重要なところ

心臓から送られた血液の一部は、

首の骨の穴を通り、頭蓋骨手前で急激なカーブをして頭蓋骨のなかに入って行きます

(この頭蓋骨に入る辺りで様々な問題が起こりやすいのです)

頭蓋骨に入った血管は、

バランス機能、運動機能の司令塔である小脳、

視覚の処理にかかわる大脳の後部など

に血液を送っていますので、このあたりの血流障害が起こると、

首、背中の痛み、視界の影響、バランスの崩れ、フワフワするなどの症状が出やすいのです

左右から血管が合流しているので血流の乱れが起こりやすいところです

首は大事です。

 

半月前に来られた首の痛み、回らない状態を長期にお持ちの方

最近、背中の痛み、閃輝暗点(頭痛の前に起こることがあるチカチカする視覚障害)が出て来た

フワフワ感、つまずく、強い疲労感、精神的ストレス・・・

首を右向き、中央、左向きで左右の血圧、脈拍を比較すると

右向き、中央で脈拍が左右で違う

しかし、左向きではピッタリ一緒

頚椎の可動域制限、筋肉の緊張、浮腫、などチェック

顔の左右の感覚の違い、左手の温度の感覚低下なども見受けられました

頚椎の調整後は首の動きが5割程改善し、首の向きでの脈拍の左右差はなくなりました

 

筋肉が緊張を起こしているとマッサージ、ストレッチなどで筋肉をほぐす、

緩めるという施術が多いようですが、

 

背骨の不具合、関節の不具合を戻そうと筋肉が頑張って緊張を起こしていることの方が多く、

この場合、背骨、関節の不具合を調整しないと良い状態になりません

 

半月後(3回目)

元気そうになり7~8割の改善という感じになりました。

 

しっかりした土台で充実した毎日を!

 

2月17日(土)は勉強会のため、お休み致します

その代わりに、

18日(日)の午前は受付け致します。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

血流障害 盗血症候群 

首の痛み、めまい、しびれ、吐き気、冷感など気を付けなくてはいけないのが血流障害。

 

長い間、右頚部、右肘の痛み、右手先が冷たい、右手で字が書きにくいという方

整形外科で漢方薬を処方されるが改善しない

 

当院での検査では、

手首での左右血圧の差が収縮期20~30mmHg、拡張期10mmHgあり、

常に右側が高い(左側が低い)

病院に行くよう指示したが、症状が軽減したため行っていない

 

それから5か月後、首の痛み、頭痛、眼精疲労で来られる

左右血圧差は同じく収縮期20mmHg~30mmHg右側が高い、右手が冷たい状態

 

再度、循環器病院に行くよう強く指示する

循環器病院に行かれ、血管造影検査で「左腕の方から上に行く血管が80%狭窄している」と言われたそうです

医師「右手が冷たい?おかしいなぁ、左が狭窄しているのに・・・」

 

「鎖骨下動脈盜血症候群」という鎖骨下動脈の狭窄、閉塞による血液の逆流、乱流という症候があります

 

心臓から送らた血液は青い矢印のように上肢、下肢、頭部に送られ、正常な血流を元に脳、神経系が働きます

血流に乱れが起こると脳、神経系の働きに異常が起こります

頭痛、めまい、しびれ、吐き気、首の痛み、筋肉の痛み、強い肩こり・・・など

左鎖骨下動脈が狭窄すると右側に圧力がかかり右の血圧が高く、左の血圧が低くなります

(左右差10mmHg以上は要注意)

左側が詰まってしまうと左腕が冷たくなるでしょうが、狭窄(完全に詰まっていない)なので様々なことが考えられます

人間の身体は、頭で考えられること以上のことが起こりますので、様々な状況を考えないといけません

早い回復を願います。

改めて、左右の血圧差を比較することの重要性を再認識しました。

 

本日も右目の奥が痛む頭痛の方が来られ、

頚部の動きが改善し、血流、神経系の働きがよくなると頭がスッキリしたという方がおられました。

 

原因がはっきりせず、長い間、同じような症状を抱えている方は違った方向から身体を診ることが必要だと思います。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

前庭神経炎の後、ふわふわする

めまいにもいろいろあります

身体の平衡感覚をつかさどっている前庭神経

風邪などのウィルス感染や血行障害によって、

前庭神経が正常に働かなくなり突然グルグル回る

「前庭神経炎」というめまいがあります

原因ははっきりせず不明なのが多いようです。

 

病院では、めまいの症状を改善させる薬や、

ステロイド薬での治療が主流です

しかし、めまいやフワフワする症状が長期に渡り残ることもあります。

 

3年前に突然めまいになり「前庭神経炎」と診断された40代女性(左右は不明)

病院で治療を受け、治癒しましたと言われ、その後のリハビリなどもなし。

 

「前庭神経炎」は治癒したが、

以降フワフワして外出が出来ない状態が続く、

産婦人科を受診した際にその状態を相談すると「更年期障害」と言われ

漢方薬と安定剤を処方される。

 

最近になって(約3年)少し外出できるときは仕事に行くようにしているが、

フワフワするため気分よく仕事が出来なかったり、休むことが多いそうで、

同じ職場の方からの紹介で当院に来られる。

 

当院の昇降ベッドに寝てもらい上げていくと

フワフワして気分が悪くなります

また、顔を右に向けると嫌な感じがします

 

平衡バランスが崩れている状態、弱っている神経の働きを強くする目的で、

施術&自宅でのエクササイズをお願いしました

10日置きに3回の施術&自宅エクササイズを頑張ってもらいましたが、

その後来院されなく、体調が悪いのかな?と心配していました。

 

約1か月後に来られました

本人曰く「元気になりました」

「ほとんどフワフワしなくなりました」

「仕事も毎日行っています」

昇降ベッドも全く大丈夫になっていました。

 

人の身体の治そうとする力は本当に凄いなぁと思いました

3年もの長い間しんどかったと思います

本当に良かったです。

このような出来事があるとまた更に頑張れます。

 

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

フラフラする めまい?

階段を上る時に右に右にバランスが崩れるという方。

めまい?

患者さんの視線を固定しにくくし、こちらからは眼が良く見える眼鏡を使い、

頭の位置、傾きなどで眼が揺れるかどうかの検査を行なうが問題なし。

 

眼を閉じて足踏み検査を行なうと左に回っていきます!

階段を上がる時の状態(頭を下に向ける)と、右に右にバランスが崩れます。

反対に頭を上げてこの検査を行なうと、今度は左にバランスが崩れます。

三半規管のバランスを整えるように眼の運動、首の運動を行なうと、検査は良くなりました。

実際に階段を上がってもらいましたが、大丈夫そうです。

 

しかし、なぜ三半規管のバランスが崩れたのか?です。

 

また、年輩の方でフラフラ感&右肩、右膝が急に痛くなった方。

年輩の方々の集まりで「みなさんで前の人の肩をもみましょう!」と・・・・

肩が痛かったけど我慢していたそうです、言えなかったそうです(-_-;)

それから、その直後に右肩、右膝?が痛くなったそうです。

経絡(気の流れ)、感情、内臓、神経、筋肉、関節、ホルモンなど、

いろいろなことが影響します。

この方もフラフラ感、三半規管のアンバランスがみられました。

眼を閉じて足踏みの検査では後ろにバランスを崩しており、こういうのを見逃すと普段の生活で後ろに転倒して、大きなケガを起こす可能性があるので、要注意です。

 

肩を揉む、肩を叩く、みんなが好きではありません!

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

強烈なめまいの後 不安感

昨年11月と今年2月にめまい、嘔吐で救急で病院に行かれた方。

10年以上前から脳下垂体肥大がある。

それぞれMRI,CTの検査を受けるが原因ははっきりしない!

メニエール病でもない!

可能性として、脳下垂体肥大(3cm)の手術をすすめられるが、できればしたくない。

現在はめまいは全くないが、頭を揺らすとめまいが起こるのではないか?と不安な様子。

 

脳下垂体腫瘍が大きくなると、ホルモン異常、視力障害、頭痛など、めまいも考えられます。

現在、中枢神経症状、耳鳴り、難聴、眼振(眼の揺れ)など特に目立つ症状はなし、薬も一切服用していない。

めまいの時、横で支えてもらっていたそうだが右に右に傾こうとしたそうです!

 

神経系のアンバランスは様々ありましたが、

特に寝ている時の緊張が強い!

寝ているとめまいが起こるのではないかと不安が強いそうです。

また、寝た状態から立つとふらつきます!

ストレスに対する抵抗性が弱い状態。

2回も強烈なめまいを体験するとこのような状態になってもおかしくありません。

 

神経バランス調整をすると、寝ている時の緊張、寝た時から立つ時のふらつきはなくなりました。

現在、めまい症状は出ていないので身体のバランス調整で不安感が少しでも減少し、ストレスに対する抵抗性が増し、改善していくことを願います。

施術後は身体が軽くなったと笑顔が見れました。

次回まで良い状態が継続していることを願います。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104