前庭神経炎の後、ふわふわする

このエントリーをはてなブックマークに追加

めまいにもいろいろあります

身体の平衡感覚をつかさどっている前庭神経

風邪などのウィルス感染や血行障害によって、

前庭神経が正常に働かなくなり突然グルグル回る

「前庭神経炎」というめまいがあります

原因ははっきりせず不明なのが多いようです。

 

病院では、めまいの症状を改善させる薬や、

ステロイド薬での治療が主流です

しかし、めまいやフワフワする症状が長期に渡り残ることもあります。

 

3年前に突然めまいになり「前庭神経炎」と診断された40代女性(左右は不明)

病院で治療を受け、治癒しましたと言われ、その後のリハビリなどもなし。

 

「前庭神経炎」は治癒したが、

以降フワフワして外出が出来ない状態が続く、

産婦人科を受診した際にその状態を相談すると「更年期障害」と言われ

漢方薬と安定剤を処方される。

 

最近になって(約3年)少し外出できるときは仕事に行くようにしているが、

フワフワするため気分よく仕事が出来なかったり、休むことが多いそうで、

同じ職場の方からの紹介で当院に来られる。

 

当院の昇降ベッドに寝てもらい上げていくと

フワフワして気分が悪くなります

また、顔を右に向けると嫌な感じがします

 

平衡バランスが崩れている状態、弱っている神経の働きを強くする目的で、

施術&自宅でのエクササイズをお願いしました

10日置きに3回の施術&自宅エクササイズを頑張ってもらいましたが、

その後来院されなく、体調が悪いのかな?と心配していました。

 

約1か月後に来られました

本人曰く「元気になりました」

「ほとんどフワフワしなくなりました」

「仕事も毎日行っています」

昇降ベッドも全く大丈夫になっていました。

 

人の身体の治そうとする力は本当に凄いなぁと思いました

3年もの長い間しんどかったと思います

本当に良かったです。

このような出来事があるとまた更に頑張れます。

 

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です