ニュースレターVol.23 令和2年5月20日

(感染症との付き合い方)

日本全国が頑張ってきたおかげで新型コロナの感染者が減少してきましたねぇ。

自粛を継続していくことで更に感染者は減るでしょう、しかし、自粛生活により高齢者や基礎疾患をお持ちの方が体調を崩されたり、仕事ができない、買い物に行けない、気晴らしができない、今までの生活が出来ず、経済が成り立たず、ストレスがたまり、別の意味で人類が衰退していきますので、自粛を解除して感染拡大対策を講じながら生活を戻していかないといけません。

今まで人類は様々な感染症と闘ってきました、天然痘、結核、スペイン風邪、インフルエンザ、エボラ出血熱、エイズ、SARS、MERS、新型コロナ。

人に感染するコロナウィルスは7種類あり、4種類は普通の風邪、残りの3種類はSARS、MERS、新型コロナです、なぜ次々に新しい感染症が出現するのか?新型コロナはコウモリの身体の中にいたウィルスが人に感染したという報告があります。

地球上で人類が開発を広げていくことで野生動物の生息域がどんどん狭くなり、野生動物の生態系に人間が入ってしまい、野生動物の中で生きてきた病原体が生き残るために人に感染し、人間社会に広がってきています、元はといえば人間社会が生んだものです。

地球上の生物は人間だけのものではありません、野生生物の生存、生態系を確保することも考えていく必要があります、ウィルス、細菌など病原体も同じ、共存、共生していかないといけないし、人間が勝手なことばかりしていると人間の存続が危ぶまれると思います、感染症は確かに怖いです、しかし、病原体を排除することはできません。

私達個人ができることは、病原体の性格を知り、人間社会を取り戻すために感染を広げない、もしものために身体の免疫力を上げ、どのように対処すればいいのか?を前もって考えておくことだと思います。

新型コロナは人→人への飛沫感染防止も重要ですが、人→物→人の接触感染が知らないうちに感染経路になっているのではと言われています、アメリカやヨーロッパ、クルーズ船での感染拡大は日本の生活様式とは違った家の中、部屋の中でも靴を履く様式が関係しているのではと言われています。

風邪を引くと免疫力を上げるためにある程度熱が出て、外から入ってきた病原菌を死滅させますが、解熱剤で熱を下げてしまうと免疫力が下がってしまい病原菌にどんどん身体が侵されてしまい重症化しやすくなります。

又、人間社会も罹患した患者さんがしっかりと医療を受けることができるというしくみ、社会的免疫力も上げておくことが国、自治体の役目でしょう。

今回の騒動でいろんな意味で意識の持ち方が変わった方が多いのではないでしょうか?このような経験をした私達は一回りも二回りも成長したと思います。

落ち着きを取り戻した頃、人間社会は人の事を思いやれる更にいい環境になっていくといいですね。

〒675-1121

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

ニュースレターvol.22

自粛生活)

新型コロナのニュースでうんざりしている方は多いのではないでしょうか?今日は何人感染者がでました、亡くなられた方は何人ですなど精神的に落ち込んでしまうような情報を毎日聞いていると良いことを考えられなくなりますねぇ、私自身も新型コロナのストレスを感じております

全国に緊急事態宣言が出され仕事を自粛しましょう、外出を自粛しましょう、人との接触を避けましょうと、普段当たり前のようにしていることが出来ない、食べたいものを食べに行けない、ということがどれほど辛いことなのか体感されていると思いますが、今は辛抱の時期です皆さんの大切なご家族、ご友人、ご近所の方々を助ける思いで、相手の方の気持ちになって物事を考え、行動をしましょう

新型コロナの厄介なところは未知なるところが多いことで予測がつかず重症化して早期に亡くなってしまう人がいる、治療薬がないということです

その中で私たちができることは、治療薬といってもインフルエンザと同じように完全に治癒させることはできなくても重症化させない薬が見つかる、できるまでは政府の指示通り3密を避け、マスク、うがい、手洗い、消毒を徹底して感染を避ける

感染者を少しでも減らすことで医療崩壊を防ぐ、医療崩壊が起こると新型コロナ以外の患者さん、医療従事者、医療従事者のご家族など様々な人を苦しめることになりますので、ひとりひとりの行動が世の中の状況を作っていることを理解して下さい

又、自粛生活で閉鎖的になると身体や心の乱れが免疫力を低下させますので、天気の良い日には日光を浴び適度に身体を動かす、散歩をするなどがいいと思います

現段階では新型コロナに対して「避ける」時だと思いますが、長期的にはインフルエンザ同様に薬などを使いながら重症化しないように「共存」「共生」することになり、付き合っていかないといけないでしょう

一方、スウェーデンでは外出制限、自粛などは行わず通常の生活を続け多くの人が免疫を持っていると、免疫を持たない人に感染しにくくなるという集団免疫を獲得する可能性があるそうで、人口の60~70%の人に新型コロナの免疫力があればやがて流行が終息していくようです

どちらが良い悪いではありませんがどのように考えるのか?

ウィルス、細菌は人と共生することによって変化します、闇雲に攻撃すると狂暴になります、どのように付き合っていくかを考えていかなければならないと思いますし、

私達は、身体の強さ、抵抗力、免疫力、心の強さ、を身につけておくことも重要です

「人間万事塞翁が馬」という格言があります 「世の中は不幸や幸福は予想ができないものだ、それに振り回されてはいけない」という意味、人生で経験することに無駄はありません、今回も無駄な経験ではありません、世の中の変化に対応できる柔軟な頭で行動していくと今は暗闇であっても明るい未来があります、 もう少し頑張りましょう。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104

新型コロナウィルスの影響

新型コロナウィルスが日本中に蔓延してきました。

志村けんさんがお亡くなりになられる大変悲しいニュースもありました

最初は若い方が感染しても大丈夫などの報道がありましたが若い方も亡くなられております

治療薬、ワクチンもないことから大変厄介な状況です

今はひとりひとりの努力が必要な時です

当院では、引き続き

完全予約制でマスク着用、予約間隔をあけ人と人との接触を減らす

施術前に体温測定、血中酸素濃度測定、嗅覚検査、味覚、体調などをお聞きし、場合によっては施術をお断りすることも考えております

各施術毎に院内、ベッド、器具などの消毒、換気を行う

私自身もマスク着用、ゴム手袋着用、手洗い、消毒、うがいなどを行っております

体調不良、気分が乗らない場合は、予約をされていてもお断りしてください

先ずはご自身、ご家族、周囲の方々を守る行動を心掛けていただきたいです

又、今後の情勢変化をみながら場合によっては一時的に休診することも考えておりますのでよろしくお願いいたします。

兵庫県加古郡稲美町北山121番地

信陽接骨院

☎079-492-7104

パンデミック

新型コロナウィルス感染が拡大し「パンデミック」が宣言されました。

当院では来院された方に対し施術前に
体温測定(額の表面温度)
血中酸素濃度測定(呼吸器が弱いと低値になります)
体調の変化(咳,熱っぽい,怠さなど)
をお伺いし記録させていただいております。

早く体調の変化に気付く、認識していただく、もし感染してしまった場合には早く連絡ができ重症化しない対策をできる限りしていこうと思います。

引き続き一人一人施術後には消毒、換気、手洗い、うがいを行っております。

患者さんが重ならないよう予約時間も余裕を持ってお取りしております。

マスク,手洗い,うがい,消毒などご自身で出来ることを行いましょう。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104

新型コロナウイルス対策

新型コロナウィルスの感染拡大の報道がされています。

感染原因として「飛沫感染」「接触感染」が考えられています。

コロナウィルスは上気道症状,発熱を引き起こします。

症状の重い方,軽い方様々ですが比較的高齢の方や身体が弱っていると重症化する可能性が高いのかもしれません。

現在,個人個人では感染を出来るだけ拡大しないよう対策をする必要があると思います。

私自身は、高齢の両親がいますので、毎日口煩く言っております。

当院では,ご利用される方々に安心される環境をと思い,
院内の加湿
マスクを着用していただく
手指,口腔の消毒
一人一人施術後のベッドクリーニング
少し時間を空けての予約制
にしております。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104