ニュースレターvol.22

このエントリーをはてなブックマークに追加

自粛生活)

新型コロナのニュースでうんざりしている方は多いのではないでしょうか?今日は何人感染者がでました、亡くなられた方は何人ですなど精神的に落ち込んでしまうような情報を毎日聞いていると良いことを考えられなくなりますねぇ、私自身も新型コロナのストレスを感じております

全国に緊急事態宣言が出され仕事を自粛しましょう、外出を自粛しましょう、人との接触を避けましょうと、普段当たり前のようにしていることが出来ない、食べたいものを食べに行けない、ということがどれほど辛いことなのか体感されていると思いますが、今は辛抱の時期です皆さんの大切なご家族、ご友人、ご近所の方々を助ける思いで、相手の方の気持ちになって物事を考え、行動をしましょう

新型コロナの厄介なところは未知なるところが多いことで予測がつかず重症化して早期に亡くなってしまう人がいる、治療薬がないということです

その中で私たちができることは、治療薬といってもインフルエンザと同じように完全に治癒させることはできなくても重症化させない薬が見つかる、できるまでは政府の指示通り3密を避け、マスク、うがい、手洗い、消毒を徹底して感染を避ける

感染者を少しでも減らすことで医療崩壊を防ぐ、医療崩壊が起こると新型コロナ以外の患者さん、医療従事者、医療従事者のご家族など様々な人を苦しめることになりますので、ひとりひとりの行動が世の中の状況を作っていることを理解して下さい

又、自粛生活で閉鎖的になると身体や心の乱れが免疫力を低下させますので、天気の良い日には日光を浴び適度に身体を動かす、散歩をするなどがいいと思います

現段階では新型コロナに対して「避ける」時だと思いますが、長期的にはインフルエンザ同様に薬などを使いながら重症化しないように「共存」「共生」することになり、付き合っていかないといけないでしょう

一方、スウェーデンでは外出制限、自粛などは行わず通常の生活を続け多くの人が免疫を持っていると、免疫を持たない人に感染しにくくなるという集団免疫を獲得する可能性があるそうで、人口の60~70%の人に新型コロナの免疫力があればやがて流行が終息していくようです

どちらが良い悪いではありませんがどのように考えるのか?

ウィルス、細菌は人と共生することによって変化します、闇雲に攻撃すると狂暴になります、どのように付き合っていくかを考えていかなければならないと思いますし、

私達は、身体の強さ、抵抗力、免疫力、心の強さ、を身につけておくことも重要です

「人間万事塞翁が馬」という格言があります 「世の中は不幸や幸福は予想ができないものだ、それに振り回されてはいけない」という意味、人生で経験することに無駄はありません、今回も無駄な経験ではありません、世の中の変化に対応できる柔軟な頭で行動していくと今は暗闇であっても明るい未来があります、 もう少し頑張りましょう。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です