お腹が張って硬い 腹部膨満 オナラが臭い

数年前から、

お腹が張って、触るとお腹が硬く、オナラが勝手に出て、臭くて困っている80代の方。

最近、ひどくなってきたそうです。

健康診断では、何も問題なし!

このような腹部膨満状態では、

腸にガスが溜まり過ぎており、食事の見直しが必要な場合があります。

特に消化しづらい食べ物、飲み物の影響や、

腸が消化しづらい状態になってしまっていると、

バクテリア(細菌)の過剰な発酵によるガスの発生が腸で起こります。

 

普段の食事をお聞きすると、

健康の為と、毎日牛乳を飲まれています。

牛乳に含まれるカゼインというたんぱく質は人の身体のなかでは消化、分解が困難です。

試しに牛乳を少し止めてみませんか?と提案させていただきました。

 

3週間経ちました。

「お腹はどうですか?」

 

「そういえば、屁があんまり出んようになったし、臭くないわ」

「お腹も張ってない」

「あんなに長い間お腹が張ってたのに」

「最近、膝の痛みも無くなって来たような」

お腹を触ってみると、以前の硬さはなく、軟らかくなっていました。

 

健康のために毎日食べているものが、悪影響しているかも知れません!

 

以前、カイロプラクティックの学校でのインターン期に

「健康のためには、何を食べたらいいでしょうか?」と患者さんの問いに、

院長は「食べない方が健康なんですよ(^^♪」と言っていました。

 

また、柔道整復師の学生時代に教えていただいていた先生は、

糖尿病の患者さんに「何を食べたら・・・?」の問いに、

「食べるから悪くなるんでよ」と言っていたことを思い出します。

 

1日断食、とか朝だけ断食なんかでたまには内臓を休ませてあげると良いかも知れませんよ(^-^)

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

お腹の痛み

早朝から電話がありました。

70代女性「夜に3回お腹が痛くて・・・今日みてくれませんか?」と!

左のお腹が痛く、押えると物凄く痛むそうです。

内科に行ってもらいました。

その後、内科から紹介された病院に。

後程、電話があり大腸憩室炎で入院、安静、絶食、点滴と言われたそうです。

が帰ってきたそうです。(^^;

 

大腸憩室炎とは、

大腸の炎症や食事、便秘、トイレでのいきみ、ストレスなどで出来てしまった憩室というポケットのようなところで細菌が繁殖し炎症を起こすもの。

症状として、

微熱、下腹部の痛み、押えると痛む、です。

ご注意下さい。

 

また、80代女性ひとり暮らし。

お風呂の湯舟から立とうとして足が滑り転倒。

幸い、軽傷で済みました(^^;

 

年輩の方とお話しすると

「家族に迷惑をかけないように」

「転倒、ケガをしたことは黙っている、言うと怒られる」

「車で送ってもらいたいが言えない」

「痛くても我慢している」など

心配させないように、迷惑かけないようにと気を使われています。

 

家族だから何でも言えると思いがちですが、

家族だから言えないこともあります。

 

普段からの会話で、気になっていること、不便なこと、身体の調子などを聞いてあげるだけでも気持ち、気分が変わるものです。

人は話が出来ますから。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104