足のしびれ

下腿のしびれ?違和感?の50代の方

昔、学生の頃に左足首の捻挫から足首を反る(背屈)可動域が少なく

2年ほど前から左下腿部がしびれ?何か?違和感?があったり、良くなっている?

を繰り返しているそうで、最近だんだんと酷くなってきているようです

 

まず、ここで大事なことは何が起こっているのか?を把握すること!

しびれ、違和感を紛らわすことではありません!

しびれ、違和感をシャットアウトすることでもありません!

 

検査をしていくと、

この方が訴えている領域の振動覚、痛覚が低下していました

(特にL5領域のスクレロトーム、デルマトーム)

左足の足首、拇趾を背屈する力、拇趾を屈曲する力も弱い

(前脛骨筋、長拇趾伸筋、長拇趾屈筋 弱化)

左足は外反母趾があり、ご本人は外反母趾だから力が入らないと思っています

また、歩いてもらうと右手の振りが少なくぎこちない歩行になっていました

歩行がスムーズじゃないと身体は良くなりません

 

施術後は

左足関節の可動域が増え歩行が楽になり

腕の振りも良くなっていました

弱化していた筋力は8割程改善しました

(外反母趾はありますが、筋力は改善しました)

症状の領域の痛覚は左右とも同じくらいに改善しました

しかし、

L5領域の振動覚の左側の弱さが少し良くなったかな?という程度

 

この振動を感じる神経が弱っていくと

(運動神経など太い神経も)

痛みを過剰に感じる痛覚過敏の状態をつくることがあります

ので経過を観察していく必要があります

 

今回、2年もの間、身体に異変が起こっていたが、

生活する上でそんなに支障をきたさないので放置していたため

神経自体が脆弱になってしまったのでは?

と考えられます

 

何かおかしいなぁ~と思った時は

早めに身体をチェックすることをおすすめします。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

心身一如

西日本豪雨による被害に合われた方々に心より哀悼の意を表します

未だ行方不明や連絡が取れない方がたくさんおられ捜索、救助が

早く行われることをお祈り申し上げます

被災された方々は不安な日々をお過ごしのことと思います

一日も早い復興が進み、普段の生活に戻ることをお祈り申し上げます。

 

頭痛、肩こり、身体がだるい、食欲がない、不安・・・など

こういった症状があるにもかかわらず、病院での検査では特に問題がない

ということが多く、「不定愁訴」と呼ばれています

いわゆる病気ではなく、健康でもないという状態

 

東洋医学では、「不定愁訴」の位置づけに、昔から「未病」という言葉があります

心と体は一体であるという「心身一如」という考え方が基本

日々養生することで病気を防ぐ、肉体的ダメージ、精神的ダメージを防ぎ、

健康管理をしていくことが重要だといいます

 

心と体は一体、自分の身体の事を知ることも大事だということ

 

先日、膝の痛みをお持ちの方がいらっしゃいました

1年半ほど前から原因不明の膝の痛みが現れていたが、

そのうち良くなるだろうと思っていたところ

「何をしても痛みを感じるようになったので」

ということで来院されました

 

施術の度に痛みの場所や程度が変化がしていました

私は少しづつ改善しているなぁと感じていたのですが、

患者さんから「先生、治りますか?」と不安そうな表情をされました

これは私の説明が足りなかったと思い、

身体が改善していく段階及び

この方の現段階を説明しました

しかし、

長期に及ぶ痛みということもあり、

患者さん自身は靭帯、半月板、関節症、軟骨の?・・・など

不安があるようでしたので、整形外科への受診を提案させていただきました

 

後日、連絡があり、

整形外科では「なんともありません」と言われ再度来院されました

 

不安が減ったことで、その後の改善が早く、

あらためて心と体の一体感を教えていただきました

 

先程の身体が改善していく段階として、

例えば切り傷、擦り傷などのケガを考えてみると、

ケガ➡血液凝固期(止血期)➡炎症期➡増殖期➡成熟期

このように順序を追ってケガは治っていきます

 

膝の痛みも同じように改善していく順序があり、

現段階がどの時期にあたるのか?をご本人自身が理解する必要があります

 

良くなっていく段階があること、今の段階を理解することで

不安感が減り、目標ができることで

身体が改善していこうとする活力が出てきます

 

身体を改善するのはご本人自身の活力です

ご自身の身体を信じてください、

みなさん結構強い身体をされていますよ。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

頭痛 転ぶ

昨年11月に小学3年生が左側の頭痛で来院

 

主訴は、

時々、左目の奥の痛み

10月末くらいから転ぶことがある

最近、視力が悪くなり、眼科で瞳孔を広げる目薬を寝る前に点眼するように言われている

仮性近視の時によく処方される薬で瞳孔を広げる薬、

副交感神経が働き就寝しようとしますが点眼薬は交感神経を働かせます

「眠れる?」「寝られへん」と・・・

 

キックボクシングをしている

 

 

検査をしてみると、中枢神経の異常を示すサインがたくさん出現する

舌を出すように言うと右に変位、左へ出せない

両手を前に出してキープしてもらうが右手がキープ出来ない

右足で立つことが出来ない

首、右半身、右足底に触れると異常な痛み

右半身での筋伸張反射が亢進 & 神経が疲労を起こし反射が持続しない

右目に電気を当てても瞳孔が閉じない

その他いろいろ

キックボクシングは中止してもらう

 

脳神経外科に行ってもらう

Dr曰く

「異常な反射は確かに出ているが、画像検査で何も異常がみつからないので何もできない」

と言われる

 

当院では、神経の反射亢進、神経の疲労などがみられるため、日頃の生活で出来ること、気をつけること、目を休めるためにサングラスやヒモを使ったリハビリ?を指導する

 

12月末、こども病院を紹介してもらい受診する

その頃には筋伸張反射の亢進のみ落ち着いていた

Dr曰く

「右の力が弱いだけちがう」と・・・・・・・・・・・

 

この時点でも、

首を触ると異常な痛みあり、足底を触ると痛む

右目のみ瞳孔が閉じない

右膝蓋腱反射では神経の疲労のためか継続できない

その他の症状も存在していました

 

当院で定期的に身体の状態をチェックさせてもらいようお願いし、

ほぼ検査と指導、少し身体の調整を行なう

その辺りから徐々に回復している様子

 

今年の2月半ばには

右足で立つとふらつく、

右目の瞳孔が閉じない

それ以外は改善していた

 

昨日、9回目の来院で

右足でしっかり立つことが出来るようになっている

右目の瞳孔も閉じるようになっている

頭痛も出なくなったそうである

その他の症状もなくなっている

涙が出そうなくらい嬉しかった

 

この様な状態になった原因はわからない

キックボクシングによる外傷なのかも知れない

その他の原因によるものかも知れない

本人は、キックボクシングを再開したいと言っている。

 

良くも悪くも、いろいろと勉強させてもらいました。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

 

知らない間にぶつける

気が付けば内出血?

いつぶつけたのだろう?

そんなことありませんか?

 

大脳には左右の空間を認識する働きがあり、

脳・神経系の働きが低下すると、

空間の認識能力が低下し、

知らない間に足や腕、肩をぶつけてしまうことがあります

 

よく知られていることは、

脳梗塞を起こし半側の空間がわからない半側空間無視という状態があります

右大脳の脳梗塞による左半側空間無視が多いようです

当院に来られている方にもそのような状態の方がおられます

脳梗塞という病態になっていなくても脳の働きの低下でも似たような症状がみられることがあります

 

左顎の辺りにヘルペス(帯状疱疹)ができ塗り薬を使用していた

いずれ、左半身をぶつけた痕がある(腕、足)

両膝の痛み、左足がよくつる、胸がムカムカする

など様々な症状を抱えた方

 

検査では、顕著な左右差として、

左顔面&左頚部の痛みの感覚が鈍い

左耳からの音が小さく聞こえる(右耳と比較)

 

施術後は左顔面の痛み感覚の鈍さのみ残る状態になり、

身体の動きも良くなったように感じます

 

知らない間に腕、肩、膝、すね などにぶつけた痕がある方

体調が優れないなぁと感じていませんか?

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

脳が動かない? 不定愁訴

①座位から立位でお腹が締め付けられる?

②足に力が入らず自転車に乗れない?

このような症状をお持ちの方。

 

1年前に胸椎の圧迫骨折を起こしてからの症状

①圧迫骨折の後、コルセットを付けていたそうですが、お腹の辺りに締め付けられる違和感を持ち続けながらストレスをお持ちだったようです。

②また、足にしっかり力が入らない状態が1年続いているそうです。

 

また、施術中にベッドに寝た状態から起きて動き出す時に「ちょっと待ってください」と・・・・・

お聞きすると、

「脳が動かないんです」

「1.5年前くらいから動き始めで脳がボーっとして15秒程経つと動けるんです」

 

1.5年前で「何か心当たりはありますか?」という問いに「はい」と、ご自身で思いつくことがあるようでした。

 

本日、5回目の施術では、

座位から立位でのお腹の締め付けは少し違和感が残るが支障がなくなり、

足に力が入ることで自信が出て、30分間自転車に乗れるようになったそうです。

また、ベッドから起きる動作でもすぐに動けるように改善していました。

 

最近、ご自身の身体に興味を持たれ、待合室の本の貸し出しが増えました。

長い間持たれている症状、繰り返す症状、食べ物が身体にあたえる影響など、身体のことを理解しようとすることで改善度が全然違います。

この方は「病気は脳がつくっていた」を読まれ思いもよらないことが書かれてあり、1度では理解できないので同じ本を予約購入したそうです。

この方はまだまだ身体が元気になっていくと確信しました。

 

是非、お読み下さい。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104