膝に水が溜まる 膝の痛み

何もしていないのに膝に水が溜まる方がお二人(40代女性、50代男性)

「膝に水が溜まる」というのは

何かの原因によって膝に炎症が起こり、

炎症を治すために、

本来ある浸出液が増えた状態。

 

よく言われている原因は

変形性関節症など加齢によるもの

リウマチなど関節の病気

捻挫や打撲などのケガ

膝の使い過ぎ???

などによる関節の炎症

膝関節周りにはたくさんの包(水が入った袋)があります、

図の膝蓋上包の浸出液(水)が増えて溜った状態が多いです

 

図を見ると膝の周りは筋肉で覆われ筋肉の働きで膝関節が動きます

周りの筋肉の働きが悪くなると、包をグリグリしたりグイグイしたりして、

摩擦によって炎症(熱)が起き、包のなかの浸出液(水)を増やして冷やそうとします

 

お二人とも、

変形性関節症など加齢???

関節の病気???

捻挫、打撲などのケガをした覚えはない???

膝の使い過ぎ???

 

筋力検査(神経の働きの検査)をすると、普段の生活で自覚することはない

身体の不具合を見つけることが出来ます。

気が付かないが筋肉が緊張を起こしていたり、

反対に筋肉の適度な緊張がなくなっていたりすることが多いのです。

 

施術後は不具合がなくなり、それぞれ2日後には膝の水は抜けました。

本来の炎症のない膝に戻り、痛みもなくなりました。

 

先日、母が「肘が痛いからみて」と言われ

何も覚えがなく右肘が炎症を起こし腫れていました。

これはおかしいと思いすぐに病院に連れて行きました。

 

血液検査では炎症反応を知らせるCRPの値が高値で、

肘の水を抜くと黄色い水が出て来て成分を調べてみると「ピロリン酸カルシウム」

何かの細菌感染なのか?投薬治療1週間で改善しました。

 

おかしいと思ったら、

患者さん自身の早い行動、

早く身体の状態を知ること

が改善の早道です。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

膝の痛み? 

膝の痛みでご家族に送ってもらい来院の方。

1か月前に右膝がガクっとなり、筋(すじ)を伸ばしたかな?と思っただけで歩けた。

どのように受傷したのか覚えていないとのこと・・・

数日後、あまり変化がないので、A整形外科を受診し、検査で膝を曲げる時に激痛が走りまともに歩けなくなった。

痛み止めを処方されるが全く効かない。

 

その後、そのA整形外科から紹介状でB整形外科を受診する!

B整形外科では、MRI検査で右外側半月板損傷と診断を受けヒアルロン酸の関節内注射の処置を何度か受けるが、痛みは全く変わらない。

 

受傷から約1か月後に足を引きずって当院に来院される。

 

寝てもらい膝の屈伸、半月板の検査など行なうが全く痛みはない???

右脚の大腿筋膜張筋、腸腰筋、内転筋の力が入らない&痛みはない!

大腿筋膜張筋と腸腰筋、内転筋は股関節を外側と内側から支えており、膝の安定性にも影響します。

アクティベータ療法で施術を行ない、これらの筋肉の神経機能が回復し力が入るようになると、

「ええっ!歩ける!」という状態まで回復しました。

歩けないと回復しませんので、まずは歩くことが出来て良かったです。

 

本日、2回目、

足が上がるようになり、ご自身で車を運転して来院される。

再度、膝の検査を行なうと、前方引き出しテストという前十字靭帯の検査で少しルーズな感じがある程度。

身体の状態からこのような感じで傷めたのでは?

左脚

と聞いてみると「そんな感じ!」と言われていました。

 

このような角度で酷い負傷をすると、

前十字靭帯損傷

内側側副靭帯損傷

内側半月板損傷

という複合損傷(不幸の三徴候)を起こすことがあり、長期の治療が必要になります。

 

今回は当院に来られるまでに損傷部位は良くなったが、激痛、膝の不安定性などで恐怖感が強く膝関節ではなく、膝、脚を支えている筋肉が常に緊張し、神経バランスが乱れ、脚を動かす筋肉への神経伝達が問題を起こしていたのではないか?

痛みを出しているところは膝ではないので、膝をいくら治療しても痛みは変化しません!

 

身体は常に変化しています!

その時その時でからだの状態は変わっています!

同じ治療を受けられていてあまり改善しない場合は違う方法に目を向けて下さい!

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

膝に水が溜まる & 耳鳴り

4年前から左膝に水が溜まり、溜まると病院で水を抜いてもらうこと4回の方。

今回は2週間の間に3回膝の水を抜くが、すぐに膝に水が溜まるという事で、ご紹介で来院されました。

当院2回目の来院時は、水が溜まらなくなり膝が軽くなったようで、会社でも

「膝、良くなったの?」

「顔が元気そうになりましたねぇ」

と言われ気分が良くなり表情が良くなったようです。

 

改善が1歩進みましたが、新たな問題が❗️

目を閉じてその場で足踏みを行ってもらうと右に90度向いてしまいます。

この状態は、視覚以外の働きでは、真っ直ぐ歩く動作で身体は右に右に進もうとします。

視覚に頼り過ぎの状態です。

神経バランスの乱れです。

 

このような神経バランスの乱れが残っていると再度同じような症状を作ります。

 

更に、検査をして行くと膝が痛くなる前から耳鳴りがある事も分かりました。

臨床をしていると膝の痛みある方で耳鳴りがある方によく遭遇しますが、

耳鳴りの方は結構多い、膝の痛みも多いからでしょうか?

 

知らず知らずの間に身体の感覚器官が低下しているところを知る事が重要です。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎️079-492-7104

膝に水がたまる 膝痛

膝のトラブルは多いですね!

1年前に左膝に水がたまり整体に行き、水が抜けたが再度左膝に水がたまる植木職人の方。

仕事柄高いところ、不安定なところでの作業が多いので膝の痛みは辛いでしょうね!

左膝に水がたまるのですが、膝関節は問題なさそうです。では、何が問題か?

 

脚の筋力検査を行なうと力が入らないところがいくつかありました。

 

左の聴力も右に比べると低下していました。(こういうところも重要なのです)

 

また、目を閉じて自分の足を探す検査では、右足では問題なしなのに、左足の位置を正確に探すことが出来ませんでした。

わかりやすく言うと自分の左足の位置が把握できていないので左足の微調整が出来ない状態なので、無意識に危険を回避しようと筋肉が緊張を起こしてしまいます。

この状態で高いところ、不安定なところの作業は危険だし、酷ければ仕事に支障が出る場合も考えられます。

 

特に長い間の障害があると、内臓の働きを悪化することもありますし、内臓の影響から筋力の低下も起こります。

 

いろいろ考えられます!

 

本日4回目の施術で8割改善し、ここからは少し施術の間隔をあけて良い状態になっていただければと思います。

 

膝が痛いから膝の周りだけが問題って方はほとんどいません!

むしろ、痛みの箇所に負担をかけているところをみていかないと改善しません!

私達の身体は必要なものばかりです!

今あるものすべてを大事にして下さい。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

インカム

情報化社会になり、便利なものがたくさんあります。

インカムもその一つ

付けたまま作業ができ、連絡事項や会話ができる優れものです。

 

右肩、右膝の痛みの方。

神経バランスをみていき、右耳に音の刺激を入れると痛みが減少しました。

 

筋肉、関節、皮膚などからの情報を元に脳が処理して指令を出しているので、脳・神経のバランスが乱れていると、筋肉、関節がまともに動けません。

 

「普段、仕事で左耳にインカムを入れているから?聞き洩らすといけないので音量は少し高めにしている」と言われました。

 

長時間の偏りは影響が考えられますが、仕事なので仕方ないことかも知れません。

何事もほどほどがいいですね。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

膝の痛み 人工関節?

両肩の痛みで来られている80代の方(特に左肩の痛み)(遅い歩行)

本日4回目の来院

すたすた歩いている!

「ここに来出してから左膝の痛みが無いねん?」と

「おかしいなぁ?肩の痛みで来てるのに膝の痛みが無くなって?」

お聞きすると、病院で左膝の関節軟骨が無くなって狭くなっているから手術しないといけないと言われたそうです。

今は?

90度以上曲がる!

まっすぐ伸びる!

痛くない!

大脳の左右の働き、バランスが崩れていると自分の身体をコントロール出来ていないのです。

関節軟骨がすり減っていても、骨にトゲが出来ていても、痛みの原因とは限りませんよ。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104