良くならない痛み

治療、施術を受けているが良くならないことも多いですね

大学陸上部(競歩)で右膝の痛みで整骨院、接骨院で筋肉をほぐす施術を受けていたが改善がみられず来られた大学生

筋肉をほぐしてもらうと少し楽になるが競歩では痛くてできない

痛みのある右膝の周囲をほぐしてもらっていたそうです

当院の検査では、
右脚の力が入らない!
右脚に痛みの感覚、触覚が弱いところがありました!
腰に問題がみられました!

腰の問題に施術をすると筋力、痛覚、触覚の弱いのがなくなり、競歩をしてもらいましたが大丈夫そうです

検査なしで、症状のみで施術をするところ
整形外科では画像検査のみで診断する
など検査が疎かになっていると
結局患者さんの身体が犠牲になります

様々な検査をしてもわからないことも多いのに
数少ない検査で断定してしまうのは危険です

患者さん自身もご自身の身を守るために、
治療院の先生や、お医者さんの言うとおりに
従うだけでなく気になることは質問するといいです

質問に対して先生の答え方で信頼できるかどうかの判断が出来ることもあります

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104

膝の痛み

右膝の慢性痛の60代の方
ご本人は体重過多、年齢による、
運動不足が原因だと思っています
このような方はたくさんおられますね

検査をしていくと、
膝ではなく右肩の力が弱い
右膝の痛みに関わる、筋肉の反射が低下していました
首の部分にゆっくり持続圧をかけると、
右肩の力も右膝の筋肉の反射も良くなり、
屈伸時の痛みもかなり改善

しかし慢性症状のためか、膝の痛み以前からか、
左片足ではしっかり立てるが右片足では立てません
右足首にヒモトレをすると立てます
右脚の感覚が鈍く、不安定な状態

右膝の痛みもさらに軽減
ヒモトレによるリハビリが有効だと思います

膝の痛みですが、
頚椎に対してソフトな施術で
膝の症状に変化があった例です。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104

臀部、膝の症状

足の症状で病院に行ってレントゲン、MRI、CTを受けると腰部から下の画像検査が一般的なので、
足の痛み、しびれは腰が悪いからと思われている方が多いです

又、画像検査では骨の変形や悪いものが出来ていないか?など病変は見つけることが出来ますが、
一定の体勢での画像検査では身体の動きの不具合は見つける事が出来ませんし、
画像検査を受けている体勢は症状が出ていない事が多く、
症状が出ていない体勢の画像です

足の痛み、しびれであっても、身体全体をみていくことが必要です

左の頚部の痛みと左の臀部のしびれ、重い感じの方

左足底の感覚が過敏&左右の反射が違いました
振動、痛みの感覚
筋力の弱いところ
筋肉の反射
整形学検査
どうすると症状が緩和されるか
などの検査から

首と背中の移行部の背骨に持続圧をかけると、
頚部の痛みと臀部のしびれが無くなりました

背骨の動きがスムーズに動かないと様々な問題が出ます

又、左膝の裏が突っ張る方
右足底が過敏に感じるのが首を右に向けると過敏では無くなります

首の上の方の背骨の動きがスムーズに動くように調整すると、左膝の裏の突っ張りが無くなりました

背骨の可動域は首が一番動きます

足の症状であっても身体全体の検査が必要です

痛みをとること、早く治すことに目を向けてしまい、
身体をみることが疎かになりがちです
検査を重ねてより正確な情報を集めることが重要だと考えます。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

心身一如

西日本豪雨による被害に合われた方々に心より哀悼の意を表します

未だ行方不明や連絡が取れない方がたくさんおられ捜索、救助が

早く行われることをお祈り申し上げます

被災された方々は不安な日々をお過ごしのことと思います

一日も早い復興が進み、普段の生活に戻ることをお祈り申し上げます。

 

頭痛、肩こり、身体がだるい、食欲がない、不安・・・など

こういった症状があるにもかかわらず、病院での検査では特に問題がない

ということが多く、「不定愁訴」と呼ばれています

いわゆる病気ではなく、健康でもないという状態

 

東洋医学では、「不定愁訴」の位置づけに、昔から「未病」という言葉があります

心と体は一体であるという「心身一如」という考え方が基本

日々養生することで病気を防ぐ、肉体的ダメージ、精神的ダメージを防ぎ、

健康管理をしていくことが重要だといいます

 

心と体は一体、自分の身体の事を知ることも大事だということ

 

先日、膝の痛みをお持ちの方がいらっしゃいました

1年半ほど前から原因不明の膝の痛みが現れていたが、

そのうち良くなるだろうと思っていたところ

「何をしても痛みを感じるようになったので」

ということで来院されました

 

施術の度に痛みの場所や程度が変化がしていました

私は少しづつ改善しているなぁと感じていたのですが、

患者さんから「先生、治りますか?」と不安そうな表情をされました

これは私の説明が足りなかったと思い、

身体が改善していく段階及び

この方の現段階を説明しました

しかし、

長期に及ぶ痛みということもあり、

患者さん自身は靭帯、半月板、関節症、軟骨の?・・・など

不安があるようでしたので、整形外科への受診を提案させていただきました

 

後日、連絡があり、

整形外科では「なんともありません」と言われ再度来院されました

 

不安が減ったことで、その後の改善が早く、

あらためて心と体の一体感を教えていただきました

 

先程の身体が改善していく段階として、

例えば切り傷、擦り傷などのケガを考えてみると、

ケガ➡血液凝固期(止血期)➡炎症期➡増殖期➡成熟期

このように順序を追ってケガは治っていきます

 

膝の痛みも同じように改善していく順序があり、

現段階がどの時期にあたるのか?をご本人自身が理解する必要があります

 

良くなっていく段階があること、今の段階を理解することで

不安感が減り、目標ができることで

身体が改善していこうとする活力が出てきます

 

身体を改善するのはご本人自身の活力です

ご自身の身体を信じてください、

みなさん結構強い身体をされていますよ。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104