坐骨神経痛 足底の感覚

このエントリーをはてなブックマークに追加

左臀部~下腿にかけての痛みの60代男性。

2回目の来院時には、痛みは少し残る程度に落ち着くが、違和感がなかなか無くならない

再度、痛みが強くなり、左足を引き寄せて靴下を履くことが出来ないことがあり、

「治らないのではないかと」諦めていた時期があったそうです。

 

検査時に、目を閉じてその場で足踏みをしてもらった時に左足がドンドンドンドンと床に強く当てていました

足底の感覚を検査すると特に左足の感覚が鈍い状態でした

手足の触覚、や位置の感覚など深部感覚と言われる感覚があり、それによって手足を動かす、また動かした運動の感覚をフィードバックして筋肉や腱、関節、靭帯などを調整しています。

例で言うと、手の感覚が鈍くなると、箸で豆がつかめない、卵を持つと殻を割ってしまうなど微妙な手指の調整が出来ません!

なので、足底の感覚が鈍いと正常な動き、歩行が出来ません!

 

本日7回目

足底の感覚は改善し、ほとんど違和感も無くなってきたそうです

目を閉じてその場で足踏みをしてもらいましたが床をドンドンしなくなり、ご本人も変化を実感されました

良かったです。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です