脚の外側の痛み 間欠性跛行

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前より左臀部の痛みがあった60代女性

約2か月前から、歩行時に左脚外側(臀部~足首)に痛み

50m歩くと痛み、座って休むと痛みが引くという「間欠性跛行」という状態

整形外科でレントゲン検査の結果「すべり症?そんなに滑ってないけど・・・」と言われる(-_-;)

 

昨日、職場から当院まで歩いて来れる距離だが車に載せてもらって来られる

検査を行ない施術をしようとベッドに寝てもらうが、少しすると痛みが出てくるので的を絞って施術を行なう

特に胸椎、腰椎。

 

本日2回目、職場から歩いて来られる

少し楽になり、歩けるようになった

しかし、ベッドに寝ると同じく痛みが出てくるのでクッションを使って楽な体勢を作る

目の盲点の左右差を比較し大脳の働きを評価する、ブラインドスポット検査を行なう

施術前:青

施術後:赤

大きさ、形は左右差が無い方がGood

長期に及ぶ症状のためかなり神経系のバランスが崩れていました

特に頚部、顎の関節の調整でかなり楽に歩けるようになった(症状が脚だから原因も脚ではありません)

 

しかし、左腕の筋肉の反射が強く出る(左右で違う)

左腕を上げて歩いてもらうと左臀部~左足首まで痛みが出る

次回の課題です

 

長期の疾患、薬の服用、年齢、環境を考えるとひとつの症状の原因はひとつではなく様々な要因が影響しています

早く良くなることを願います。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です