肩の痛み

このエントリーをはてなブックマークに追加

肩の痛み&腰痛で来られた方。

背骨、肩周りの筋肉、関節の施術でかなり肩の動きは良くなったが腰後方で紐を結ぶ結帯動作での突っ張りがある。

筋肉にはそれに関連する臓器があります。

筋肉と内臓はつながっている。

特定の内臓にストレスまたは疾患が生じるとそれに関連した筋肉に変化が生じる。

「内臓筋肉反射」というものがあります。

 

筋力検査で膝裏の膝窩筋という下腿を内に捻じる力が入らない!

膝窩筋に関連する臓器は胆嚢。

胆嚢を通る経絡「足少陽胆経」

胆嚢の働きは肝臓で作られた胆汁を胆嚢で蓄え濃縮し、

食べたものが腸に入って来たときに胆汁を出して消化を助けます。

 

足少陽胆経に滞りがあると肩の動きにも影響が出ます!

胆嚢の収縮は自律神経の副交感神経の働き!なので自律神経のバランスが重要。

 

臓器の胆嚢を触ると強い痛みが!!!

胆嚢炎、胆嚢結石などの可能性!!!

2、3週間前から胆嚢部を押した時の痛みがあったそうです。

病院での受診をお願いしました。

 

肩の痛みだから肩だけではありません!

腰の痛みだから腰だけではありません!

内臓も関連しています。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079-492-7104

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です