強烈なめまいの後 不安感

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年11月と今年2月にめまい、嘔吐で救急で病院に行かれた方。

10年以上前から脳下垂体肥大がある。

それぞれMRI,CTの検査を受けるが原因ははっきりしない!

メニエール病でもない!

可能性として、脳下垂体肥大(3cm)の手術をすすめられるが、できればしたくない。

現在はめまいは全くないが、頭を揺らすとめまいが起こるのではないか?と不安な様子。

脳下垂体腫瘍が大きくなると、ホルモン異常、視力障害、頭痛など、めまいも考えられます。

現在、中枢神経症状、耳鳴り、難聴、眼振(眼の揺れ)など特に目立つ症状はなし、薬も一切服用していない。

めまいの時、横で支えてもらっていたそうだが右に右に傾こうとしたそうです!

 

神経系のアンバランスは様々ありましたが、

特に寝ている時の緊張が強い!

寝ているとめまいが起こるのではないかと不安が強いそうです。

また、寝た状態から立つとふらつきます!

ストレスに対する抵抗性が弱い状態。

2回も強烈なめまいを体験するとこのような状態になってもおかしくありません。

 

神経バランス調整をすると、寝ている時の緊張、寝た時から立つ時のふらつきはなくなりました。

現在、めまい症状は出ていないので身体のバランス調整で不安感が少しでも減少し、ストレスに対する抵抗性が増し、改善していくことを願います。

施術後は身体が軽くなったと笑顔が見れました。

次回まで良い状態が継続していることを願います。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です