アクティベータ療法 スポーツ障害

このエントリーをはてなブックマークに追加

当院のメインであるアクティベータ療法の凄い効果!

 

3週続けて日曜日の朝に10㎞ランニング!

毎回、走り始めに右臀部が張り( ̄▽ ̄)

次第に左膝裏に張り、少々痛みが出だす(°_°)

10㎞走り終わると左膝裏の痛みでしゃがめない(≧∇≦)

当然、正坐出来ない!

そのうち歩行で左膝裏に痛みが出だす(( _ _ ))..zzzZZ

安全なところで目を閉じて走ると左に寄って行く(マネしないように)

本日の朝は痛みで走れない。

という状態でした。

 

アクティベータ療法をされている加古川の先生にお願いしました。

左膝をこのように曲げ、膝から下(下腿)の重さをキープするだけで左膝裏が痛む!

しゃがむと…

この角度で左膝裏に激痛、左脚に体重をかける事が出来ません(≧∇≦)

久しぶりの激痛です。

 

以前は、顎の痛みを放置していると、激痛になり、そのうち口が開かなくなり、食事が出来なくなり、神戸のアクティベータ療法の先生にみていただき施術後徐々に改善し、2週間後には痛みが完全になくなった事がありました。

 

普段は施術する側ですが、施術していただき体感することは非常に得るものが多いのです。

アクティベータ療法で全身の神経バランス&左股関節、左膝、左足首&トリガーポイントで施術する事20分弱。

激痛 ➡️ 8割改善(^。^)

正坐も出来、痛みもほんの少しに(^_^)

改めてアクティベータ療法の素晴らしさを実感しました。

痛みを放置していたので、また1週間後に予約して帰って来ました。

 

ここでのアクティベータ療法とは、アクティベータ器(パチパチする器具)を使った施術全般ではありません!

アメリカにある本部公認のセミナーで認定を受けている方が行なう施術のことです。

たまに患者さんが、アクティベータ器を見て「これ○○で使っていました」と言われることがありますがありますが、アクティベータ器を購入することはできるのですが違う目的で使われていることが多いのです。

因みに兵庫県のアクティベータ療法認定者は最低でも120時間以上のセミナーを受講しています。

 

ご自身の大事な身体、

よく勉強されている方、

質問に答えてもらえる方、

今の状態を説明してもらえる方、

やさしい方、

にみてもらって下さい。

 

良くなって思う事!

何で我慢してたんやろ⁉️

痛みを我慢してるとずっと患部が気になっている❗️

この状態が続いて慢性化すると、

痛み👉ストレス👉痛みを記憶👉更にストレス👉痛みばかり気になる👉気分の落ち込み👉楽しくない………

という悪循環に(´-`).。oO

 

不快感は無い方がいいですね❗️

 

明日から自分も良い施術が出来そうです(^_^)

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎️079-492-7104

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です