有痛性外脛骨 アクティベータ療法

足の内側部が痛む「有痛性外脛骨」と言われるスポーツ障害があります。

足の内側部に舟状骨という骨があり、そこには足のアーチを作る働きである後脛骨筋という筋肉が付着していますが、

レントゲンを撮ってみると舟状骨の部分に種子骨(過剰な骨?)である「外脛骨」という骨がみられる方がおられます。

一般的に15%くらいの方にあると言われていますが足のレントゲン検査を受ける頻度を考えるとどれくらいの方に「外脛骨」があるのかわかりません!

「外脛骨」があっても痛みがなければ治療の必要はありません!

 

一般的に言われていることとして

 

痛みが出ると考えられていることは、

捻挫

繰り返される後脛骨筋の引っ張り

偏平足

靴の圧迫

など

 

治療法として、

安静

アイシング、シップ

ストレッチ

足底板(アーチパッド)

 

再発すれば、

手術

 

手術後、「外脛骨」は無くなったのに、また痛みが・・・???

ということも良くあります。

手術の際、麻酔薬を使います、

筋肉の緊張による痛みであれば麻酔薬で筋肉の緊張がとれ痛みも取れます

しかし、原因が残っていればまた筋肉が緊張を起こし痛みが出て来ます。

 

右足の裏の内側が痛いサッカー部の中学生

整形外科で、レントゲン検査で外脛骨があり、痛みがあるので「有痛性外脛骨」と診断される

リハビリを受けながら、シップを常に貼り、サッカーをしている

次第に両膝も痛みが出て来た

歩行で足の裏の内側が痛む

 

最初の痛みから3週間後に当院に来院される

アクティベータ療法で全身及び足の調整すると、神経、筋肉、関節のバランスが整うと、

両膝の痛み、歩行での痛みは無くなりました(外脛骨部を押した時の痛みは残る)

 

1か月後に来られる

施術後、数日は痛みがなくサッカーをしていた

しかし、徐々に痛みが出て来ます

アクティベータ療法で調整すると、神経、筋肉、関節のバランスが整い、痛みは軽減します。

 

注意)アクティベータ器を使うことがアクティベータ療法ではありません!

ここで言うアクティベータ療法とは、

正規の教育を受け認定試験に合格し毎年セミナーに参加し勉強し続ける者が行なう療法です

アクティベータ療法認定者(兵庫県では6名)

 

 

最近のシューズは性能が良く、そのおかげで身体をしっかり動かせていないことが多いです

足の指のエクササイズをお願いしました。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

アクティベータ療法セミナー

16日(月)はお休みをいただき、

15日、16日の2日間アクティベータ療法のセミナーに行って来ました。

雨の東京

雨の新橋

セミナー前に「運慶展」を目指して

上野の東京国立博物館へ

日曜日で来場者が多く待ち時間で断念しました。

 

上野動物園前のスターバックス

 

アメ横を歩きながら

秋葉原まで

AKBのお店

スカートを履いたおじさんを横目に散策(^^;

お昼ごはんを有楽町で

体調万全でセミナー後の懇親会

楽しく、飲み過ぎ、

2日目は予定通り二日酔いに(^^;

しっかり飲んで、しっかり楽しんで、しっかり学んで来ました。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

10月のお知らせ

10月16日(月)はアクティベータ療法の勉強会のため

お休みいたします m(__)m

 

待合室に単行本を置きました!

本棚は自作です(^^)

興味があれば貸し出しもいたしますので、声をかけて下さい!

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

9月28日は当院の誕生日

2003年9月28日に「信陽カイロプラクティック院」としてスタートし、今年で14年が経ちました。

当院を支えていただいている全ての方に感謝致しますm(__)m

14年前の入口

14年前の施術室

ゲルマニウム温浴 ♨ 今はありません(__)

2009年4月14日に「信陽接骨院」として新たにスタートしました。

 

9月28日には、

長い間、継続的に来られていた方で

最近来られず気になっていた方が約半年ぶりにお二人来られました

それぞれ大変な状態であったそうですが落ち着いてきたようで、元気なお顔を拝見でき安心しました。

今年から健康保険の取扱いを止め、健康をサポートする体勢にし、改めてその重要性に気付かされました。

 

14年経って思うことは、身体の不調を訴え来院された方で良くなっていったことはすぐに忘れて行くのですが、

改善しなかったことは何年経っても覚えています。

継続して学んで行くと「あの方はこういう状態だったのかも?」

「こういう方向で診ていけば改善の糸口がみえたのかも?」

「今はどのような状態でどうしているのか?」

と思うことがよくあります。

 

先日、人生の先輩に、

「何でも、基礎を固めるには10年続けなものにならん、しんどかっても続けなあかんねや」

と言われました、14年まだまだひよっ子です。

これからも日々精進し、微力ですが皆様の支えになればと思います。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

 

 

 

「オッカムのカミソリ」「ヒッカムの格言」

看護師の方とお話しをしていて、教えていただいたこと

 

「オッカムのカミソリ」:患者さんが複数の問題を抱えていても、病態はひとつの原因で説明がつく

病気にかかりにくい50歳以下の若い世代では、問題解決にはひとつの原因で説明がつく

カミソリは説明に不必要な事柄を切り落とすという比喩表現

 

「ヒッカムの格言」:患者さんの問題を解決するためには複数の原因があるかもしれない

病気になりやすい高齢者になってくると原因はひとつとは限らない

 

お医者さんが診察をする時に基本とする考え方

当然、当てはまらないことはあります!

医療に限ったことではなく、

ある事柄を説明するには、必要以上に多くを仮定すべきではない

ということです。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

目標 痛み改善

来月、演歌歌手のコンサートを楽しみにしている60代女性。

耳鳴り、人の声が響く、聴力低下を起こしていたが、どんどん回復しています。

 

再来月、有名グループのライブコンサートを楽しみにしている70代女性。

左半身が調子悪い、特に左腕が上げにくかったが、2回の施術で8割改善。

お2人とも大好きな歌手のライブコンサートにベストな身体でおもいっきり楽しんでこようと今から楽しみにしておられます。

楽しみ、期待、希望など目標を持ちながら施術を受けていただくと回復スピードも速くなる傾向があります。

 

「治してもらおう」という受け身にならず、

「目標を持って一緒に身体を良くしていきましょう」

 

今日はなかなか良くならない方と食事の危険性、重要性、内臓からくる痛みなどの話をさせてもらい、食事の見直しを実践していただく提案をさせていただきました。

一緒に生活のなかでの落とし穴を見つけると症状改善の早道が開けるかも知れません。

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

外反母趾

10年ぶりに来られた方がお知り合いの方と一緒に来られました。

お名前を聞いて少し記憶があるような・・・・・

 

10年程前にゲルマニウム温浴を置いていたことがあり、温浴の帰り際に長い間外反母趾の痛みがあることを仰って、私が足の関節を矯正してテーピングを2日間貼ったままにしといてと言ったそうです。

それから今までまったく痛みがなく過ごされたと喜んでおられました。

 

また、他院でアクティベータ施術を受けられたが改善せず、当院に来られた方に

「アクティベータ施術を受けられて改善しなかったのに何故同じような施術をしている当院に来られたのですか?」とお伺いすると、

当院に来られている方のお知り合いでもあり、その方の意見をお聞きになったそうです。

「生の声を信頼して」と言われました。

 

最近、症状の重い方が増え、自分の力量の弱さを痛感しておりましたが、

あらためて信頼される院を目指して頑張ろうと思いました。

患者さんの一言は施術者にとって凄い影響力があります。

特に私は単純なので・・・・・(^0_0^)

 

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

 

かんばん犬

かんばんワンコの「花」です。

本日3月10日で6歳になりました。

トイレに行かれる際は必ず吠えますが気にしないで下さい(^^;

先日、アクティベータの勉強会でご一緒させていただいている

橋本鍼灸整骨院しゅやま鍼灸整骨院ともなが鍼灸整骨院ガルボ

から来られました。

鍼灸師4名、柔道整復師5名

みなさん勉強熱心な先生方で貴重なお話をたくさん聴くことが出来ました。

問診、検査、施術前説明、施術、再検査、施術後説明など勉強しました。

検査では思いもよらぬ不具合があったり、気を付けるべき発見があったり、

短い間ですが、充実した時間でした。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

信陽接骨院の新看板

先日、2度目の事故に遭いました看板に変わって、ニューフェースが道案内を致します。

ニューフェース(^^♪

当院の看板は衝突時の衝撃を考え骨組みを木製にしています。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104

 

しびれ 運動障害 施術選択

現在、来られている方で、

手のしびれがあり、4年前に画像検査で背骨の間が狭くなっており頚椎の手術をして一時は良くなっていたと思っていたが、最近、同じような症状が出現した方。

 

また、7年前に手で物が握れなくなる症状が出て薬物療法で一時は良くなっていたが3か月前から同じような症状が出現した方。

 

また、40代男性は、1年前に膝が痛くなり画像検査で膝は50代、腰は90代と言われ、病院で「次はいつ来ればいいですか?」と聞くと「生活出来なくなったら来てください」と言われる。

 

また、慢性腰痛の方で、利き手の右側の広背筋という背中の筋肉の影響と思われる方は、何年か前に整体で首をバキッっとされその後左手がしびれ、入院をしていた、とか。

悩まれている方が多く見受けられます。

 

手術では麻酔を使いますので、慢性的に筋肉が緊張を起こしている症状が麻酔で筋肉の緊張が無くなることがあります。しかし、筋肉の緊張の原因が残っていれば、また筋肉の緊張が現れて来ることもあります!

 

薬などで症状が改善しても症状を起こした原因は残っていることがほとんどではないでしょうか?原因が残っているとそのうち症状が出て来てもおかしくないです!

 

生活出来なくなってから病院にかかると仕事が出来ません、ひどくなる前に対処したいものです!

 

一般の方がどの様な治療、施術を選ばれるのか?HP、広告、紹介、うわさ、通りがかりなどありますが誇大広告にはご注意下さい。「一回の治療で」「ゴッドハンド」「初回○○割引」など注意ですね!

始めて行かれる場合は、信頼されている知人、友人、ご家族などの紹介がいいのではないでしょうか。

兵庫県加古郡稲美町北山121

信陽接骨院

☎079‐492‐7104